2017年06月25日

二段階 五・六時限目 総合運転(卒検Bコース、及びみきわめ)

 Bコースでもワタクシの左右確認のおろそかっぷりは直らず、注意されまくり。でもなんとかみきわめを頂きました。

 問題の一本橋はというと、

 五時限目の三本…全部成功
 六時限目でのABコース走行(卒業検定のつもりで)…Bコースで落橋

 余った時間で三本練習…全部成功

 つまり翌日の卒業検定の直前の成績は、8回中7回成功でした。ただ、自分で確立したはずの攻略法が四時限目の一本目でいきなり失敗し、「何をどうすれば確実なのか?」がこの頃には自分でよくわからなくなってきていて、本番で成功するのかは全くもって五分五分という感じでした。
posted by SeireiK at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマハ トリシティ125 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二段階 四時限目 総合運転(卒検Aコース)

 卒検のAコースを走りました。コース通り走ることと、ウインカーを出すことで頭がいっぱいいっぱいで、左右確認がおろそかなのを注意されました。
posted by SeireiK at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマハ トリシティ125 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二段階 三時限目(セット教習)

 学科二段階の11とのセット教習。シミュレータがある教習所ではおそらくシミュレータでやる奴だと思われ。で、ワタクシの教習所ではというと、、、

 バイクに乗った指導員が前を先導し、もう一人の指導員が運転してくれる普通自動車の助手席に乗って公道をあちこち走り回って頂く。それだけ(笑)。一応、「あれ、何か問題ある?」「停止線思いっきり踏んでますよね、、、」とか、前の指導員の運転っぷりにツッコミを入れたりとか教習らしい会話もありましたが、「バイクは何買うか決めたの?」とか雑談もかなり多く(笑)、楽な教習でした。

 その後のもう一時限は「ただ交通ルールを守っていても、守らない奴が世の中にはいるので、事故にならないようにはどういったことに気をつけるべきか」をレクチャーされました。その後余った時間は二人乗りについてのビデオを視聴。

 で、指導員の方曰く、「向上心」ならぬ「考乗心(考えて乗る)」を持って運転して頂きたいという名言を贈られました。
posted by SeireiK at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤマハ トリシティ125 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする