2008年07月03日

絶対彼氏・最終回

 今更ですが一応最終回の感想をば。そういえば普通は「第○話」って言うのに最終回だけは何故か最終話とは言いませんねぇ。私が、ってだけじゃなくて一般的にそうなような(絶対彼氏における表示も「最終回」となってました、たしか)。

 以下ちょっとネタバレ。











 いやーそれにしても感動の最終回でしたね。まさかあんなドシリアスなラストになるとは。わかっていたら見てなかったかも(苦笑)というくらい、最初の方では予想もしてなかった展開と結末。やっぱロボットものはいいですねぇ。せつねぇなぁ、なけるなぁもうやだ〜(悲しい顔)


 以下更なるネタバレです。

  ちょっと納得出来かねるのが、たった三週間で心の傷も癒えてしまってとっととフランスに旅立つリイコ。むしろ一年後くらいにして、向こうで待ってたソウシの元へ…って方がよかったんでは。うぅ〜ん、いくらなんでも軽薄な気がしちゃうんですよねぇ、三週間。

 それから、あれだけ感動的なドラマにこんなこと突っ込むのは野暮でしょうが、一体全体ロボットの代金の方はどうなったんでしょ…。まさか一億ずっと払い続け…?
 ドラマとしてのエンディングはあれで完璧な演出だと思いますが、よくよく考えるとブツの所有権はリイコにあるわけで、会社に保管って形はちょっとまずいのでは。リイコに「どうしますか?」って尋ねたら絶対彼女は自分で保管したいって言いますよね。彼女をだまくらかして「これ(ICチップ)しか残らなかった」って言い訳したんだとすれば詐欺ですし。

 とかなんとか気になる事はあれこれありましたが、細かい事を突っ込まず素直に見れば(苦笑)非常に楽しめる感動的な作品だったと思います。いやホント、一度も見逃さず全話見る事が出来たトレンディドラマなんて私片手で数える程しかありませんもん。なんだかんだ言いつつすげー楽しかったです、えぇ。


 あと、最終回だけはスタッフロール画面(絢香の歌が流れる時の画)が通常時と違っていたんですが、10話まで使われていたあの画面を改めて思い出すとですね、ゼロワン(もこみち君)が画面上から下に居るリイコたちを見下ろしているあの構図、あれが最終回への伏線になっていたんだなーーって気がつきまして、「おぉっ」っと唸っちゃいました。
posted by SeireiK at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック