2008年07月23日

大沢家本見つかる

 70年間行方がわからなかった幻の源氏物語の写本「大沢家本」が見つかったそうです!!!

 「何それ?」って言う方のために説明しますと…

 …いや、私もよくは知りませんが(汗)、一般に紫式部が書いたとされる源氏物語は実は現在まで「紫式部の直筆原稿」なんてものが残っているわけではなくてですね、どっかの誰かが書き写して行ったものが残っているだけなわけですよ。大沢家に伝わっている(いた)ものだから大沢家本というわけです(たぶん)。で、もちろん今と違ってコピーだのペーストだのありゃしませんから書き写し間違いとか写本によっていろいろ違っていたりするわけで。今回のは54帖揃っていて、平安末期頃に読まれていた原型テキストに極めて近いらしい、とのこと。いやーこういうネタは興奮しますねっ!!!
posted by SeireiK at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アカデミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック