2008年08月27日

モンスターの逆襲(ウォーロック掲載版)

 思い出した。コレについて書こうとしてたんだった。

 基本的にざっと流し読み(ちゃんとサイコロ振らない)で、死んだら直前付近のパラグラフからやり直すヘタレプレイですが超久々(ウン10年ぶり)にやってみました。冒険者一行に対するゴブリンの復讐譚・かつ色んなモンスターに化けていって最後は・・・になってしまうというゴブリンの出世物語的な二つのオイシサを持った良作ゲームブックであることはおそらくあちこち(←数は少ないと思うが)で取り上げられているでしょうから内容については割愛。

 で、雑誌掲載版というのは言ってみれば各回ごとに「セーブポイント」的な区切りがあるというか、そりゃあ「第五号(三話目)」でウォーロック初めて買ったって人が、「死んだら第三号のパラグラフ1からやりなおしてね」って言われても困るわけで、一応各回で独立して楽しめるようになっています。やり直す場合途中からでも好きなモンスターを選べる、というシステム(例えば二話でゲームオーバーになった際、一話終了時のモンスターを引き継がなくても二話からは新しく好きなモンスターを選んでやり直せる)は斬新な気がしました。「セーブポイントだ〜」とか言ってパラグラフ番号を控えておいたり指を挟んだりというのは読者サイドでは当たり前(?)に行われることでしょうが、雑誌連載という事情のゆえにそれを作者側が認めている、みたいな、ここのところが新鮮だなぁと(こんな古い雑誌持って来て新鮮もへったくれもないんですがね)。

 ただ、文庫版ではどうなっているのか謎。文庫版は表紙のねーちゃんが色っぽかったから文庫版も欲しいんですけどね…。


モンスターの逆襲 (現代教養文庫―アドベンチャーゲームブック)
モンスターの逆襲 (現代教養文庫―アドベンチャーゲームブック)山本 弘

おすすめ平均
stars面白いが、未完成
stars人間は悪の侵略者
stars正義の味方づらをした盗賊・僧侶・戦士・魔法使いを倒せ!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




 あ、そういえば先日うちのブログ経由で古いゲームブックが数冊売れてました!!! お買い上げくださった方、どうもありがとうございましたっ!!!
posted by SeireiK at 01:34| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近は「「アイム・ノット・ゼア」など、海外のロックな映画の公開が目白押しです。そこで、世界中から威力あるロックな映像を集めました。
Posted by ミュウタ at 2008年08月27日 07:03
あ〜、ウォーロックで「ロック」にひっかかってしまったんですね。なんにせよどうもです。
Posted by SeireiK at 2008年08月28日 02:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック