2008年09月01日

「10の怪事件」番外1

 昨日より始まった「10の怪事件」プレイ記ですが、そもそもが本持ってない人置いてけぼり状態な上に非常にかいつまんだモノの書き方をしているので興味無い人には全く面白みがない記事になっているんじゃないかと気づきました。ただ、うちのブログは同じ話題がそう何日も続くことが(スポーツ以外)基本的に無いので、今までは「ま、いっかぁ」で済ませていたのですが、せっかくなのでもうちょっとこの本の紹介を兼ねて工夫して書いてみることにしました。

 紹介してくれるのはヒゲ公爵(男爵よりエライ)とマル・ハダカ君です。

hom1.jpg

 本のサイズはこんな感じ↑。ヒゲ(MGターンエーガンダム)と比べると大体大きさがわかるかと。ガンプラ知らない人にはやっぱりわかんないかな…。因みに住所録は『死者からの手紙』付属のもの。表紙の色以外中に書いてあることは同じなので使い回してます。


hom2.jpg

 住所録の中身。こんな風↑に人名や建物の名前がずら〜〜〜〜っと。姓名で引いて住所を調べ、調査に向かいます。


hom3.jpg

 付属の地図。どんだけデカイんだ…。これを広げながらゲームする(本を読む)のは大変だし、地図自体にはあまり意味は無いので基本的にこれは使ってません。いや、犯人の足取りとか、現場と重要な建物との位置関係だとか、使いながら捜査すればより一層楽しめることは間違いないんでしょうけど、いかんせんデカ過ぎて…。因みにコレも『死者からの手紙』と全く同じモノ。


hom5.JPG

 新聞はこんな感じ。事件に関係ない記事、19世紀ロンドンの世態風俗がびっしり。その中にそこはかとなく重要な記事が紛れていますです。

 ではまた来週までごきげんよう(え、来週?)。
posted by SeireiK at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック