2008年09月13日

『犬張子の謎』読了

 なかなかに読みづらく、何年もかかってやっと読めたという感じです。いや、文章も文体も平易で特別読みづらいということは普通はないんでしょうけど、なんていうんですかね、ソリが合わないというかなんというか、私には読みにくかったんですよ。かわせみシリーズの数作目ってことで最初から読んでる読者にはいいのかもしれませんが、いきなりこれを読んだ私にとっては登場人物のキャラ立ちが今ひとつはっきりしていない印象があったりして人物像が掴みにくかったり、あとテンポですね。なんていうか、私の「読み」とテンポが合わない。連作短編集で、ミステリというほどでもないちょっとした事件を、神林東吾という与力の次男坊が探偵役(これまた探偵というほどでもないけど)となり解決していく、というのがほぼ基本パターンみたいなんですが(少なくともこの巻はそうだった)連作短編であるにしては事件発生までの前置きがやたら長いというか、なんだかえらく「のんびり」しているんですよ。話とあまり関係のない会話や文章が多かったり。で、それがキャラ立ちや情景描写に役立っているかというとそれほどでもなく、ふんわりとした印象。話がやっと面白くなってきたかな、という段階になるとだだだだっと話が解決して終わってしまう。結構意外な真相だったりしてそこそこ面白いものの、そもそも純然たる推理小説ではないので都築道夫的な「論理のアクロバット」というほどの快感も得られない、という、非常にまったりムードの一冊でした。ぱっとしない。

 で、やたら否定的にあれこれ書いてますがこれは好きな人には長所だろうと思うんですよ。御宿「かわせみ」のるいや、その亭主の東吾のキャラとかその周辺の空気感とか江戸情緒とか、こういうムード全体が好きな人は好きなんだろうなと。実際、読み進むうちにこの空気に馴染んでくると結構楽しめましたし。

 都筑氏の「なめくじ長屋」に出て来るアウトロー集団と違って登場人物は極めて普通の町人衆で「上品」ではありますが、ちょっとこの二作品の合作でも読んでみたいような、かわせみの世界の中に砂絵のセンセーやらマメゾーが出てきたりなんかする作品を読んでみたいような気になりました。


「犬張子の謎」―御宿かわせみ (御宿かわせみ)「犬張子の謎」―御宿かわせみ (御宿かわせみ)
平岩 弓枝

文藝春秋 1996-01
売り上げランキング : 817169

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック