2008年10月07日

『それから』読了(再読)

 なんだかんだで読んでしまいました。完全にあらすじが忘却の彼方だったので楽しめました。展開がだらだらしていて前半部は少々かったるいんですが2/3を過ぎた辺りからかなり面白かったです。流石漱石先生。
 で、世間一般によく「同じ本(あるいは漫画)でも数年経ってから読むと(人生経験が増したりなんかすることで)以前と違った感想を抱いたり、より深く楽しめたりするものだ」と言うことが言われますが、この「それから」に関してはまさにそうで、前回読んだ時よりかなり面白く読めましたです(鴎外の『雁』なんかは別に今と昔とそう大差無い感想しか抱けなかったんですけどね)。最後の数行は非常に鬼気迫るというか、ある種ドグラマグラ的な雰囲気(?)も多分に感じました。いやホント、なんでこんな面白い話を覚えてなかったんだろう自分。個人的な嗜好とかクセもありますが、私にとっては圧倒的に『三四郎』より読みやすい本でした。
 二葉亭四迷の『浮雲』も全く内容覚えてないので、「今読んでみると面白い」を期待して再読してみようかなぁ…。

 それはそうと、『それから』の中で「雪崩れ」に「ゆきなだれ」とルビが振られているのを見つけてしまいました。「ゆきなだれ」と言えば、「エースをねらえ」(何巻かは忘れた)の中で、TVのニュースでアナウンサーが雪崩を「ゆきなだれ」と読んでしまい、それを見ていた登場人物達がげらげら笑うというシーンがあるんですが…って今ここを読んでる人で「あぁそうそうそういえばあったあった!」とうなづける人がどれだけいるんだろうか(笑)。なんか私にはもう「なだれ」と言うとすぐ脳裏にそのシーンが浮かぶんですよ、刷り込みで(もっと言うと「雑木林」の読み方もそのシーンで覚えました、私)。で、これって新潮文庫さんが独自に振ったルビなのか、漱石先生の原稿にあったままをそのまま写しているのか定かでないんですが、後者だとすると「ゆきなだれ」という表現は当時あったのかもしれませんね。何かが「なだれ(る)」という現象について、わざわざ頭に「ゆき」と付ける必要がままある程、「なだれ」という言葉を他の現象についても使っていたとか。そういえば、「全然〜ない(否定語)」という成句を用いず肯定文中で「全然〜」を使っていた用例があるのも漱石だった気が。こーいうのを発見しながら読むのもまた一興というものでござんす。


それから (新潮文庫)それから (新潮文庫)
夏目 漱石

新潮社 2000
売り上げランキング : 4080

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



エースをねらえ(全10巻セット)エースをねらえ(全10巻セット)
山本 鈴美香

ホーム社 2003-08
売り上げランキング : 4002

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック