2008年11月01日

またしても!

 最近万葉集(の木簡?)とか源氏物語の写本とか見つかったっていう、新聞(で見た)ネタをことごとく書き忘れているのですが、コイツは忘れずに書かないと(笑)。


 3月に大小2種の新種らしき恐竜が発見された話を書いたんですが、たまたま昨日その新聞記事を読み返していたら、なんと今日の新聞にイグアナドン類、おそらくフクイサウルスの幼体と思われる小さいアゴの骨が見つかったとのニュースが。小さい骨=幼体、ではなくて小さいサイズの新種恐竜の可能性とかないのかなぁ?とも思うんですが、私なんかよりはるかに詳しい専門家の方がそう言う以上明らかに「フクちゃんのこどもっ!」という骨なんでしょう。イグアナドン類の幼体は世界的にも珍しいそうです。
posted by SeireiK at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アカデミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック