2008年12月03日

『走る取的』ですか…

 数日前から中川翔子サン(いわゆるしょこたん)のブログをチェックするようになりました。ちょっとマイブームですしょこたん。彼女に比べたらライトでヌルすぎなオタクの私には半分以上何が書いてあるのか理解出来ないんですが…。で、さっき凄い記事を見つけてしまいました。

 ピタ(しょこたん☆ブログ)

 なんと「一番すきかもしれない短編」は「走る取的」なんだそうです。

 この作品は『メタモルフォセス群島』という文庫に収録されているのですが、何故私がこの本を買ったかと言うと、まぁ例のアレっすよ。ACE清水長官が昔 Plum っていう雑誌で紹介してたからです。なめくじ長屋も「点と線」もみんなこのパターンですな。「『メタモルフォセス群島』とか、夜読むと怖くて眠れなくなっちゃうけどね」とおっしゃられていて、「おぉ、悪魔でも怖くて眠れなくなったりするのか、そりゃまた相当コワイんだろうな」と思ったもんです。

 しょこたんは「走る取的」が収められている本として『懲戒の部屋』を挙げておりますが、この『メタモルフォセス群島』の巻末にはそのものズバリ「走る取的」に絞っての解説が書かれています。しょこたんファンの方はこちらも要チェックですぞ。

メタモルフォセス群島 (新潮文庫 つ 4-12)メタモルフォセス群島 (新潮文庫 つ 4-12)
筒井 康隆

新潮社 1981-05
売り上げランキング : 208807

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 それにしても、ホント一日の更新量がハンパじゃないっすね彼女…。家にいる間はほとんど更新しまくってるんじゃなかろうか。
posted by SeireiK at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック