2008年12月22日

M-1 2008 雑感

 別にお笑いが嫌いなわけではないのに、三度のメシより好きという程好きなわけでもないため毎年気がつくといつの間にか終わっているM-1(今までで見たことがあったのはチュートリアルが優勝した時にほんのちょっとだけ)。で、毎年「優勝したのは誰それ」ってのを後から知って、後からコンビの名前を覚えているので(去年のサンドウィッチマンは完全にそう)今年こそは一度ちゃんと見てみたいと思ってました。

 結構自分の評価&好みと審査員の評価とで違うのが善くも悪くも面白かったですね(私は二組目より一組目の方が断然面白いと思った)。で、その審査に関してはhorigoodさんがちょっとした意義を唱えていますが、私は「その芸人さんたちを初めて見るような人達が審査する」のは大いにアリだと思ってます。あれは年に一度の「大会」であって、名前もK1をなぞらえたものでしょうし、格闘技に比するのはともかくとしてもスポーツの大会と同様に考えるのであれば、例えばオリンピック等ではどんなにそれまでの成績がよくてもその時その場で力を出せなかったら終わりですし、この年末の時期に自分たちのコンディションをピークに持っていけるかどうかとか、生放送のあの瞬間に発揮することが出来た力量そのもの「だけ」が評価の対象であるべき大会かなと(だからこそ実力だけでなく運やら様々な要因が無ければ得られないものとして、優勝が一つの特殊なステータスになり得るのでは、と)。

 で、私自身は「第一ステージと決勝の二回分を合わせて考えた結果」としては今回ナイツが一番よかったかなと思いましたが、決勝のネタ「だけ」で言えば、三組の中ではやはりNON-STYLEが頭一つ抜けていたように思いました。「圧勝」はちょっと言い過ぎかなと思いますが、PM8:40(くらい?)以後にネタを披露した三組の中で、あの時間以前のことは全部白紙にしてあの20分だけで評価を下すなら、確かにNON-STYLEはあの瞬間では一番光ってました。

 でもやっぱりナイツが私はよかったですね…。↑こういう判断基準じゃなくて前のネタも含めた上で考えてもいいのなら、安定感は彼らの方が上だった気がします。
posted by SeireiK at 21:56| Comment(4) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも。
ちょっと、言葉が足りませんでしたが、私が言いたかったのは、「その芸人さんを初めて見た人が審査することが問題」ということではなく、「今年の今現在あの4組を知らない、つまり普段若手の笑いに対して無関心な人が審査することが問題」ということです。
まあ、関東と関西でギャップがあるのかもしれませんが…。
私の審査では、最終決戦は3組ともバツ。2ネタ合計でナイツ…いや、オードリーかな。
一番応援していたのは、ザ・パンチなんですけど、あまりの出来の悪さに、こっちまでへこみました。
Posted by horigood at 2008年12月23日 01:40
そういえば、大前提として、一つお聞きしたいのですが、
「お笑いレッドカーペット」って、中部・関西地区では放映されていないんでしょうか?
Posted by horigood at 2008年12月23日 01:59
(ダブりも含めて)何度もすいません。
「お笑いレッドカーペット」じゃなくて、
「爆笑レッドカーペット」でした。
フジテレビでやってる、若手中心のネタ番組なんですけど。
Posted by horigood at 2008年12月23日 10:05
どもども。ダブりは消しときました。

もちろん(少なくとも愛知県では)レッドカーペットやっておりますよ。あまりこのブログで話題にしてませんが、何気にここ数ヶ月は欠かさず見てたりします^^;。高橋さんと中村アナ(の顔が特に)好きだからってのもありますが。
なので、私自身はNON-STYLEもナイツもザ・パンチもU字工事も見知っておりました。私もザ・パンチは応援してましたねー。あのパンチじゃない方の方(ほうのかた)の悪口雑言のセンスがメチャ好きです。
(ただ、レッドカーペットでかなり受けていた「ホームステイ先で嫌われて」が全く受けずに会場が一瞬しらっとなって、あそこから調子を狂わせたような気がしました)


>普段若手の笑いに対して無関心な人が審査することが問題

つまり、今の世間に受けている新しいタイプのお笑いに鈍感な方(が審査する)のが問題ということでしょうか。う〜ん、コレに関してはたまたま昨日ニュースサイト経由でお笑い評論家の方の文章を目にしまして(URL欄)、ちょっと考えさせられました。この方の分析によると「おぎやはぎやPOISON GIRL BANDのゆったりした漫才では、今のM-1を制するのは難しい」とのことですが、そうなると今後ますますM-1を狙う漫才師(のお笑い)が、ひいては漫才界全体の流れがスピードと手数主義になってしまうわけで、それはなんだかちょっとつまらんなーと思ってしまいます。
色々なスタイルの漫才師が均等に評価され得るという意味では、今の(若手の)お笑いに無関心な人が審査に加わっているということも必要なことではないかと思いました。まぁ、そんな人達ばっかりだとやっぱり問題なんですけど。

あ、余談ですが私はエンタの方は全く見てません^^;。
Posted by SeireiK at 2008年12月23日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

意外な展開?! 2008年M-1グランプリ結果
Excerpt: 昨年のM-1グランプリは敗者復活から見事優勝という快挙を成し遂げたサンドウィッチマンでした。それまで無名だった彼らの人生は一変し様々なところで活躍するようになったのはみなさ...
Weblog: あしたまにあーな
Tracked: 2008-12-22 23:18