2009年01月04日

箱根駅伝 09

 昨日うっかり書き忘れてましたので、往路復路まとめて総括。まぁ、往復10時間ばっちり家のTVで見てたなんてことはなく行く先々でつまみぐい的に見たり聞いたりでしたが、いやー今年は面白かったですね。優勝候補の駒沢がまさかの大コケ。勝負はやってみるまでわからないと言いますが、まさに走ってみるまでは誰にもわからなかったであろう展開でした。ちょっとやそっとの話ではなく、シード権すら取れませんでした。

 同じく優勝候補の早稲田は素直に実力を発揮して、優勝ほぼ間違いなしの展開だったのですが、往路でダークホースの東洋大学に逆転されてしまい、結局復路も東洋が逃げ切り初優勝、それもなんと往復制覇の総合優勝での初優勝でした。いやー劇的でした。

 それ以外にも往路での20人抜き(!)とか、シード権争いのラインに選抜チームが食い込んで来るとか、今回はかなり見所が多かったのではないかと思います。全体的にあまり差が広がることがなくて、各大学の実力が拮抗してきたのではないでしょうか。団子状態が結構見られました。


 別にマラソンが凄く好きなわけでもない(どっちかっていうと嫌いかも…)んですが、正月と言えば家族みんなで箱根駅伝を見るというのが(我が家の)一つの図式になっちゃってます…。箱根駅伝のせいで男子のオリンピック選手が育たないという話も承知してはいるんですけど、日本のお正月の風物詩としてもある程度定着してしまってますし、批判がありつつも今後も末永く続いていくんでしょうねぇ。
(関東の大学限定だし、見ない人は全く見ないシロモノではあるのですが)
posted by SeireiK at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック