2009年01月12日

REVOとの格闘(一応完結)

 昨日今日とREVOの静音対策に取り組んでました。現在Ver.6? 7くらいかな、あれこれやってとりあえず落ち着くとこに落ち着きました。途中写真もいくつか撮りましたが面倒なので詳細は後日気が向いたら。

 要点だけかいつまむと、まず「ダンボールを何十にしても結局は吸音を考えないと意味がない」ということ。振動を押さえ込んだり音を囲い込むだけではイマイチ効果が薄かったです。それと、「対象物に発泡スチロールを接触させるのは、かえって音を伝えやすくする」のがわかりました。コレは理論上正しいのかわかりませんが、体感的にはそんな感じでした。発泡スチロールを一切使わないで本体をダンボール箱に入れてるだけの方が防音効果は(微妙に)高かったです。

 で、吸音ですが、単純にスポンジで本体を囲んだらかなり効果がありました。最終的にはスポンジで囲んだものを二重ダンボール箱の中に入れて、ダンボールとスポンジの隙間を雑誌を詰めて埋めています。何の変哲も無いスポンジでかなり効果があったので、吸音用に売られているウレタンスポンジなんかは相当効果がありそうです。

 現在どのくらいのレベルまで来たかというと…「隣の部屋に行って耳をすませば何か鳴ってるのがおぼろげにわかる(部屋によっては聞こえない)」「部屋の入口に立つと鳴ってるのがわかるが、一歩敷居をまたぐ(他の部屋に移動する)とほとんど聞こえなくなる」くらいです。隣の部屋で寝てる人が、これならまぁ起きないかなという程度。あともう1レベル(そばでエアブラシ吹いてる自分がうるさく感じないくらいには)小さくしたいのでもうちょっと改良するつもりですが、多分現状で換気扇とほとんど同じくらいの音量だと思います(まだ換気扇回してないからわからんけど)。よーやく「(夜中は無理だけど)夜半に塗装してて家人にうるさがられない程度」までこぎつけました。


 で、ここまで来たらそれまで全く眼中になかったクレオスのL7が欲しくなってきちゃいました。エアテックスの007はメンテナンスが面倒そうなのでズボラな私には不向きなのと、やはり「プシュー音」対策を考えねばならないのがネック。L7は長時間運用可能な上REVOより音が小さくパワーは大きく、トータル能力は中途半端な感じがしても私の使用用途にはお釣りがくるくらい充分です。L7そのままの音量だとうちの環境では厳しいと思いますが、REVO用に作った二重ダンボール箱に詰め込めば相当音は小さくできるはず。何より007と比べておおよそ半額ですからねー。L7購入を今後前向きに検討していきたいと思います。
posted by SeireiK at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック