2009年01月18日

「楽撮くん」レビュー(後編)

 ええと、まずは一昨日書き忘れていた特徴ですが、持ってみると意外とずっしりしていて重量感があります。収納時には厚みが5cm、輸送用の箱に入れた状態でも8cm程度なので収納に困ることはないと思います。壁などに立てかけておくだけでもよいかと。

 そして、楽撮くんの欠点をもう一つ。これはある意味臭いなんかよりもはるかに重要なポイントであるわけですが…「購入に際し連絡(対応)が遅い」ことです。

 私がメールフォームから注文したのは今月4日(5日だったかも)で、届いたのは15日でした。お正月明けの注文だった上に連休を挟んだためタイミング的にかなり悪条件が重なっていたかもしれず、普段はもっと早く届くのかもしれません。因みに購入手順は、

 ・メールフォームから注文
 ・Ohako.comから確認メールが届く
 ・メールに返信することで注文確定
 ・支払いは品物が届いてからでよい

 という流れなのですが、メールを返信してもその後「注文確定しました」などのメールは来ません(でした)。結構不安だったので先に支払いを済ませてしまったり、注文がきちんとされているかメールで問い合わせたりしていたら、メールではなく電話で連絡がありました。結局メールでの対応は(最初の確認メール以外)一切無かったので、もしかするとコンピュータのトラブル等でメールを出せない状況が生じていたのかもしれません。…が、これから注文される方は「確認メール以後メールによる連絡は来ない」「届くまでにちょっと日数がかかる」ということを念頭に置いておかれるとよいと思います。
(日数がかかるのはいいんですが、なんせPCサクセスのいや〜な思い出があるのでメール対応が遅いと不安になっちゃうんですよね…)


 さて、それでは他社製品と比較しつつ楽撮くんの長所を見ていきましょう。楽撮くんの利点はなんといってもその安さでしょう。タミヤやコクヨのものと比べるとぶっちぎりの安さです。楽撮くんに肉薄するものとしてはロアスのものがありますが、楽撮くんの方がやはり安いです(因みに私の住む地域までの送料は567円でしたので2567円が購入額です。ゆうちょ振込で手数料はゼロ)。問題は、「安物買いの銭失い」にならないかという点です。

タミヤクラフトツールシリーズ No.79 ポータブル撮影スタジオタミヤクラフトツールシリーズ No.79 ポータブル撮影スタジオ

タミヤ 2008-01-26
売り上げランキング : 11015

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 タミヤのものは高いだけあって作りがしっかりしてそうです。背景は布で色は二種類付属。天面も布製でディフューザー代わりになるようです。横面にはディフューザーとして薄いシート状のものが付く模様。高さが変更できるフレームと、そのフレームにクリップライトを取り付け可能なのが最大の特徴でしょうか。大きさは「楽撮くん」よりは大きく、「楽撮さん」よりは小さいです。ただ、定価が約14500円します(安いところを探せば10000円くらい?)。フレームや布の素材がいいものだったりフレームの機構がしっかりした優れたものだからでしょうが、折り畳み可能のミニ撮影ブースに1万円以上出せるかどうか…? タミヤブランドの安心感もありますし。高いと見るか値段相応だと見るかは購入者の求めているレベルによるでしょうね。フレームにライトを取り付けることで前面から光を当てることが出来るのも大きな特徴だと思います。


KOKUYO キレイに撮り隊 デジカメスタジオM (DG-B1)KOKUYO キレイに撮り隊 デジカメスタジオM (DG-B1)

コクヨ 2004-01-30
売り上げランキング : 7919

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 コクヨのものは、正直に言って値段的にも機能的にも私には魅力がありません(個人的な意見です)。半円状の外壁は使いづらそうな印象を受けます。外壁全てがディフューザーになるのはいいのですが、クリップライトの取り付けは不可能です。背景は布製で、高いぶん質もいいと思われます。

ロアス 撮影ブース DCA-069ロアス 撮影ブース DCA-069

ロアス
売り上げランキング : 1359

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ロアスのものはカタチが真四角。値段といいカタチといい楽撮くんのライバルと言えるでしょう。外壁及び背景は布製で、コクヨのものがそのまま四角くなっただけという印象です。


 これらに比べて…まず、楽撮くんには折り畳んだ際に移動に便利な「持ち手」がありません。ロアスのものはわかりませんが、タミヤ及びコクヨには持ち手があります。とはいえ、ま、そんなことたいした差ではありません(笑)。収納した状態での耐久度は、タミヤやコクヨは丈夫そうですが、なんせ楽撮くんにはケースが二つあります(笑)。畳んだ状態のまま壁に立てかけておくだけでは(素材がダンボールだけに)すぐ痛みそうですが、ケースにしまっておけば大丈夫かと。ただ、今書いていて気がつきましたが楽撮くんの最大の弱点は「水に弱い」ことですね。水の入ったもの(水槽や金魚鉢、花瓶等)を撮るのには不向きかもしれません。

 他の三品は全て外装等が布製でありライトの光をやわらげる効果があるのが特徴ですが、楽撮くんの場合両サイドが板状であるがゆえにアルミホイルを貼付けることでレフとして使える(使えそう)なのがポイント(かも)。何より、クリップライトが取り付けられるのが大きな特徴です。

 それ以外に他製品と比較して楽撮くんが劣っている点は、天面がないことでしょうか。まぁ、何度も言うように楽撮くんには梱包時に二重に箱に収められているので、その箱のフタをちょいと上にかぶせてあげれば天面が出来ますし、その天面をくり抜いてトレーシングペーパーでも貼付けておけば天面からの採光は可能です。また、くり抜かずに重しを置けば、フタの端にクリップライトを取り付けて前面上部からライトを当てることも出来そうです(重しを置かないとライトの重みでおそらくフタが落ちる)。


 まぁこんなところでしょうか。購入後の個人的な感想としては大満足、「楽撮くん素晴らしいっ! ブラボー!」です。まだ実際使い倒してないので不満は出て来るかもしれませんが、この値段でここまでやってくれればもう何も言うことはないという感じです。ダンボール製ということで「買わずに自作」という選択肢もあるのですが、これだけのクオリティのものを自分で作る手間を考えたら買った方がはるかに安上がりです。よほど「作る事自体が好き」という人なら別ですが、折り目の位置やサイズ等、目的に応じた形状をしたダンボールや白色のダンボールを調達(あるいは白色に塗装)するのはかなり大変です。
 また、構造が単純なだけに、背景紙を好みのものに取り替えたりクリップライトを取り付けたりといった応用性・発展性も高いように感じます。「お手軽に、そこそこ本格的な写真を撮りたい」という人には最適な一品だと思います。

 これ以上「楽撮くん/楽撮さん」に望むことと言えば…更にミニサイズの「楽撮ちゃん」があるといいかなと思います(笑)。今後出る可能性は薄いですし出たとしても私は多分買いませんが、もう少しミニサイズのブースというのは潜在需要はあるはずなので楽撮くんの売れ行き次第ではもしかして…???(楽撮さんが出たんですからあるいは…)



 なお、余談ですが楽撮くんは05年頃Yahoo!オークションで大量に販売されていたようです。オークションでの出品がなくなった後、現在の通販(受注生産)システムに切り替わったのかもしれません。100円で落札されていた(ただし送料は1000円)のをGoogleのキャッシュで発見したんですが、当時この値段で買えた人はまさに勝ち組ですね(笑)。でも現在の価格(2000円+送料)でも相当なお値打ちだと思いますよ。
posted by SeireiK at 02:37| Comment(7) | TrackBack(0) | ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。初めて書き込みさせていただきます。
この”楽撮くん”を購入されたサイトの申し込みURL等を具体的に教えて頂けますか?
E-OHAKO.comというサイト?までは情報を得てアクセスしたのですが、たくさんの企業が載っていてお目当てにゆきつけませんでした。
お手数をおかけいたしますが、コメントで照会頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。
Posted by 飛行機ファン at 2017年05月02日 15:49
飛行機ファンさん、こんにちは。

残念ながら、楽撮くんを売っていた会社は現在倒産したか何かの理由で、「E-OHAKO.com」を閉鎖してしまったみたいです。たくさんの企業が載っているページは「このドメインは現在売りに出されてます」的なことが上に英語で書いてあり、単なる広告ページです。

世界中のWebページをずっと(勝手に)保存し続けてくれるインターネットアーカイブに残っているページを見ますとこんな感じです。

https://web.archive.org/web/20100416110837/E-OHAKO.com

会社名や連絡先(電話)が載っていますので、どうしてもご入用だったら連絡してみてください。

連絡が取れなかった場合、楽撮くんの構造は段ボールを組み合わせた単純なものなので、似たようなものを作るのも(手間は多少かかりますが)それほど難しくはないと思いますんで、頑張ってください。
Posted by SeireiK at 2017年05月03日 01:47
そうですか、サイトは閉鎖されていましたか。
自分での製作も視野に考えてみます。
ご丁寧なお返事をありがとうございました。
Posted by 飛行機ファン at 2017年05月03日 15:22
SeireiKさん
お手数かとは存じますが、
お手持ちの楽撮くんの寸法(間口、奥行、高さ)を
ざっくりで結構ですので教えて頂けますでしょうか?
(ご紹介頂いたアーカイブにも寸法など商品の詳細までは残っていませんでした。)
Posted by 飛行機ファン at 2017年05月08日 00:18
アーカイブのURLを少し弄ってみたら詳細ページ見れました(^^)。
(見れない画像が少しありますが…)

https://web.archive.org/web/20120224232013/http://www.e-ohako.com:80/rakusatsukun_1.html

https://web.archive.org/web/20110304151249/http://www.e-ohako.com:80/use_rakusatsukun.html (使い方)

https://web.archive.org/web/20120211031635/http://www.e-ohako.com:80/studio.html (購入ページ)


本体寸法:幅620mmx奥行き490mmx高さ450mm
バック紙:545mmx788mm
Posted by SeireiK at 2017年05月08日 02:45
SeireiKさん
重ねての我儘に丁寧に情報提供頂き、感謝いたしております。大変にありがとうございました。
Posted by 飛行機ファン at 2017年05月28日 01:00
いえいえー、丁寧にありがとうございます。
一度記事を投稿した以上アフターケアは責務だと思ってますんでお気になさらず(^-^)。
Posted by SeireiK at 2017年05月29日 03:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112767908
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック