2009年03月09日

WBC・韓国戦(7日の分)

 いやー、勝っちゃいましたね。しかもコールド。なんだか出来過ぎな感じで後が怖いくらいです。イチロー選手はやっぱり心配要りませんでした。ただ、第一打席がダメだったら試合はわかんなかったかもしれません。他の選手がイチローの不振を気にしてしまって本来の力を発揮できなかったんじゃないかと思うんですよね中国戦は。あの第一打席で心配が吹き飛んだのに加えて、更に気分が向上しちゃったんでしょうね皆さん。もちろん原監督の采配の上手さとか、相手選手の研究の成果もあるはずですが。それより心配なのは岩村選手ですよ…。イチローさんほど騒がれず目立ってませんでしたが、今後は色々言われるかもしれません。

 まーそれにしても(イチローの第二打席は)見事なバントでした。バント自体も激ウマでうなりましたが、仕掛けたタイミングの意表っぷりがもうなんとも。相手バッテリーは思わず一瞬「今目の前で何が起こったんだ???」ってパニくったんじゃないかと。

posted by SeireiK at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック