2009年03月19日

WBC・韓国戦その3

 計算通りです…。


 いや、負け惜しみでなくて、この試合勝っちゃうとむしろ苦しいような…と思ったんですよ。どうせまた韓国とやらなきゃいけない(韓国がキューバに勝つことを想定)んで、韓国に二連勝するのはキツいかなと。なら最初に負けておいて、キューバを倒して再び対戦、その後に勝つ方がいいんでないかなと。キューバに勝てる気満々なのはキューバに失礼かも知れませんが、「雪辱に燃えるキューバ」と「雪辱に燃える韓国」では後者の方が怖そうですからね。スタイルとしてもキューバの野球の方が日本には御しやすい相手なのではないかと。

 さて、予言通り福留サンのヒットから点を取ったわけですが、大爆発とは行きませんでしたね…残念。

 そして相変わらずイチローさんが不調ですね…。

 9回の最終打席、岩村選手が仮にあそこでイチロー選手に繋いだとしても、日本はあそこで不調の彼に代打を送ることはしない / できないでしょう。でももしこれが逆の立場であれば、韓国は代打を送ると思うんですね。相手チーム(特に韓国チーム)への研究熱心さとか、短期決戦における選手起用の非情さの点でやっぱり日本はちょっと甘めな気がします。
posted by SeireiK at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック