2009年03月25日

WBC・決勝(韓国戦その5)

 ホントに勝っちゃいました…まさかの二連覇です。「できるわけないだろー」なんて言ってごめんなさい。今だになんだか信じられません。四年後の選手と監督はまた一段とプレッシャーだろうな〜。
 「負けたら速攻で消そう」と思いつつ一応タイマー録画しておいたんですが、こりゃDVDに焼いて永久保存版ですね。

 まーそれにしても凄い試合でした。9回でサヨナラを阻止出来たこと、延長が長く続かず10回で終えることが出来たのがよかったですね(もっとも長く続いていれば、選手を替えまくっていた韓国の方が不利だったとも思われますが)。

 そういえば2日くらい前に「青木すげー」ということを書こうと思って忘れておりましたです。私なら文句なく彼にMVPあげますけどねぇ。青木選手じゃなかったら松坂選手かなぁ?とは思いましたが、今日のMVPは内川選手(特にあの奇跡的ファインプレー)に、全体を通してなら青木選手にあげたいですね。もっとも、野手は「目立って突出した大活躍」をした人というのがいなかったというか、まさに全員野球でそこがよかったと言えるのですが、そのためにどうしても(選ぶ側とすると)「野手よりは投手かな、投手となると松坂かな」ということになってしまうのかもしれません。でも私は青木選手を推したかったですね(そういえば今日のあわや3ランという当たりも素晴らしかった〜)。

 私がイチロー選手の恐ろしさをまざまざと見せつけられた思いがしたのは、あの最後のセンター前ヒットではなくて、その直後、スタンドの興奮が覚めやらぬどさくさに紛れてすぐ3塁に盗塁を決めたことです(笑)。なんなんだあの冷静さは、と(笑)。







 なお、(ちょっと失礼な)余談ですが…


 日韓対決(特に今日の試合)で、何故かインパルスの堤下サンが無性ににくらしく思えてきた人は私だけではないはずです…(笑)。
posted by SeireiK at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック