2009年04月03日

幕間 その3

 実車であれRCであれ、車やヒコーキなどにおける所謂「レストア」には「出来る限りオリジナルのパーツを使うこと」を重視するか、「とにかくきちんと作動すること」を目的とするか、二つの方向性があるんだそうです。私の場合オリジナルパーツには全くコダワリがございません。ただ…
 コダワリが無いんだったらマッドキャップをちょこまかと弄るより、いっそDT-02シャーシのキットを買ってしまった方が(色んな意味で)幸せな気がしなくもない(涙)。


1/10 電動RCカーシリーズ No.374 サンドバイパー 組立てキット1/10 電動RCカーシリーズ No.374 サンドバイパー 組立てキット

タミヤ 2006-07-12
売り上げランキング : 82349

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

(DT02にマッドキャップのボディって付けられるのかな…?)


 ホーネットやグラホやフロッグを今現在弄り倒して現行車に負けないようなマシンにしちゃる!っていう試みには意義があり、はたで見ている立場としてもとっても面白いのですが、マッドキャップやアスチュートは発売年こそ古いものの基本設計自体はもう今のマシンとそれほど大差なくなってきている(みたいな)のですよね。まぁ「今」って言ってもDT-02もちょっと古めになってきてるわけなんですが…。
 マッドキャップってどうも中途半端に高性能なところが面白みに欠けるマシンなのかもしれません。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック