2009年07月02日

29日の分

 例の実物大お台場ガンダムって、よくよく見るとスタイルやディテールがかなり面白いですね。前にどっかの企業が作ったプラチナガンダムとかは一目で「あぁカトキ版ベースだ」とか(わかるひとには)わかるんですが、お台場ガンダムは徹底的に「これまでに出たデザインや商品を模倣しないように」という意図で作られたように感じます。MGでもPGでもHGUCでもMG2.0でもない(つまりプラモデルのスタイルをベースにしていない)、可動戦士でもハイコンプロでもMIAでもない(玩具系ベースでもない)、そしてカトキ版でも近藤版でもないプロポーション。…なんですが、初めて新聞でその姿をパッと見た時、あの懐かしきMG1.0のプロポーションが(特にモモの辺りに)そこはかとなく感じられて、1.0好きのワタシとしては個人的にちょっと嬉しくなりました。


 …わからない人には全く意味不明な記事ですみません(笑)。   





 なお、若旦那の独り言wpさんのところに壁紙サイズ画像や詳細画像があります。

 ガンダム大地に立つ
posted by SeireiK at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック