2009年07月14日

5日の分

 夏樹静子の『そして誰かいなくなった』をざっと再読。

 …してた気が。以前感想書いたかなと思って調べてみたら、紹介(アフィリエイトのリンク貼り)だけしてました。そうそう、クリスティの『誰も〜』とセットでつい読んでしまうんですよね。

 そこそこでかいクルーザーの上、という密室状態の中で乗客が一人また一人、クリスティのミステリと同様に殺されていく!というストーリーなんですが、最期のどんでん返しが実に御見事です。本家の方を読んでおくともちろん二重に楽しめる上に、本家を読んだ後「よし、真犯人を当ててやるぞ」と思ってこちらを読み進めると・・・確実にヤラレます(笑)。『十角館』とか『かまいたちの夜』とか好きな方はぜひご一読をば。
posted by SeireiK at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック