2009年09月04日

これでもまだ足が長いとおっしゃいますか?(スコープドッグ製作・検証編1)

 バンダイ製スコープドッグ君はみんなの嫌われ者でした。
 何かにつけて「足が長い、足が長い」といじめられました。
 ボトムズの世界では足が短くて泥くさいことがステータスなのです。
 バンダイ製ドッグの中には股関節を手術して足を短くするヒトもたくさんいました(ヒトじゃないけど)。
 でも、ある時スコープドッグ君はふと疑問を感じました。



 「ボクって本当に、足が長いの???」



 さて、なんとなく童話風に始めてみたスコタコ製作記ですが、もちろん深い意味はありません(爆)。

 このバンダイ製スコープドッグには前々から「作る際にはぜひ検証して(試して)みたい」と思っていたいくつかのポイントがありましてですね、その一つがよく言われる「足の長さ」についてでした。パッと見、足が長く見えるためにホビージャパン誌(以下HJ)では股関節軸を上に上げて足の長さを詰めるのが定番工作とされました(07年8〜11月号参照)。しかし、巷で言われる程足が長いというのは確かなのか、はたまた定番とされる股関節調整にどれだけの効果があるのか、天の邪鬼なワタシはちょっと突っ込んで検証してみました。定番工作を編み出したノモケン(野本憲一)さん、というかその後ノモケンさんの作例記事に「右へ倣え」したHJライター諸氏に対して今ここにモノ申す!みたいな(おぉ、なんかエラそうだぞ)。

 タカラ/ウェーブのインジェクションキット、ボークスやコトブキヤのガレージキット、タカラトミーややまとのToy等(の写真)をつらつらと眺めて比較すると、バンダイ製スコープドッグは「足の長さと胴体との比率」という観点においては実はそれほど間違ってはいない気がしました。実際に長いというよりは、足を長く見せる要因というのが別に色々あって、それらが複合的に加味されて実際以上に長く見えているのではないかと。で、早速論より証拠↓。

tako1.jpg
 (ピンぼけ気味なのは御容赦あれ)

 これでもまだ足長く見えますかね?
 ノモケンさん提唱の「足首を内側に曲げられるようにする」加工は施してありますが、足の長さ自体は変えてありません。でも(タカラ/ウェーブのキットと比較しても)違和感ないっしょ?

 俯瞰だけだと反則でしょうから正面とアオリの写真も。

tako2.jpg

tako3.jpg


 ↑↓比較してみてくださいませ。
装甲騎兵ボトムズ プラスチックモデルキット 1/20 スコープドッグ装甲騎兵ボトムズ プラスチックモデルキット 1/20 スコープドッグ

バンダイ 2007-06-24
売り上げランキング : 23355

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 足以外のバランスをあれこれ弄るだけで足の長さが(少なくとも私には)気にならなくなりました。何をどうしたのかは次回更新までのクイズにしちゃいます。因みにこの状態でもちゃんと「腕を伸ばした降着ポーズ」は取れるようになってます(大げさな改造・改修作業は一切していないということ)。
posted by SeireiK at 02:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5万HITおめでとうございます!
継続は力なり、としみじみ感じます。

さてATは、なるほど腕とのバランスですね。
バンダイ版は、トイザラスでメタルスペックを1500円でゲットして一度箱を開けただけで押入れ行きになってます。
そのうち素組みで仕上げたいですね。
それより前にボークスの「終戦そして……」の方を塗らなきゃですけど。
その他にもwaveのSTTCとかいっぱいあるんだよなあ。
いつかは作ります。多分。
Posted by ephemeris at 2009年09月05日 18:22
どうもありがとーございまーす。
甘い設定で勘定すると大体2〜3倍になりますから、10〜15万ヒットとも言えるんですよね。10万だと思うと「お、ちょっとしたもんだなぁ」と感じますね。

やはり、ephemerisさんはタコ好きでしたか(笑)。
それにしてもたくさんお持ちですねー。「とりあえず手にいれておく」というのはボトムズ好きには多い傾向な気もしますけど。
地元のトイザらスでは2000円でノーマルが売ってるのは見た覚えがあるんですが、一年くらい前に全国的にバンダイタコの在庫一掃セールがあったみたいですね。1500円とは羨ましいです。バンダイタコは「基本素組みで、塗装や実機表現を目一杯楽しむ」のには最適ですね。私も素組みに毛が生えた程度のことしかやらないつもりなのでよかったら参考にしてください^^。

>腕とのバランス
うっ、確かにそうなんですが一言で言われてしまうと身もフタもないですね(苦笑)。厳密に言うと「腕とのバランス」が95%で、あとの5%でちょこちょこっと小技を効かせてます(まぁ視覚トリックというか錯覚みたいなものですが…)。
Posted by SeireiK at 2009年09月07日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック