2009年10月15日

第八回・ONI

その大樽の中で煮込んでいるのは何?
蛇の鱗、猫の髭
吐き気を覚えるほど、心地よい薫り
ONIBI、地獄の呪文(Infernal spell)

処女の髪の毛二掴み
貴様の未来 苦痛と消滅(Your future pain and disappear)
浮かぶブードゥー・ドール(the floating voodoo dolls)をいくつも突き刺す
我が呪い 貴様の魂に向けて

(略)

我が人種のプライドを貴様は踏みつけた
貴様の行手は虐殺してやることにした(Planned your way to genocide)
その深鍋の中で煮えているのは何だ?
貴様が忘れた罪に対する我が恨み

(略)

<メモ>
voodoo dolls 「ブードゥー教の人形」ということで原曲の「木偶人形」に相当すると思われるが、単数ではなく複数というのがコワイ。一応それを踏まえて「いくつも」と補訳した。その前の「floating」は「浮かぶ」としたが、樽や鍋の表面に漂っているということなのか空中にふわふわ浮かんでいるということなのかは不明。

step on 踏みつける、ひどい仕打ちをする


<つぶやき>
 基本的に単語の羅列が多く、それゆえにというか、にもかかわらずというか、かなり訳しづらかったです。ちょっとでも不気味さを増すため「you」は「貴様」としましたが、途中で挿入されるセリフ「お前のことだ」との統一性が取れなくなるのでちょっとやりすぎかもしれません。
posted by SeireiK at 00:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 悪魔NATIVITY 勝手に日本語訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

SeireiKさんの悪魔NATIVITY日本語訳「ONI」
Excerpt: 原曲「鬼」は「恐怖のレストラン」って教典に収められていましてオープニングナンバー
Weblog: いとおかし
Tracked: 2009-11-29 23:03