2009年12月21日

M1グランプリ2009

 ネタバレを含みますので後から録画したのを見ようとか考えてる方は読むのをお控えください。


 第一ラウンドの笑い飯は素晴らしかったですね。紳介さんの満点にも納得。

 極めて個人的に、マイフェイバリットという観点からすると今年の優勝者はハライチ。その後の方々の漫才を見てる間も(ってか今でも)彼らが頭にちらついて離れません(単にあの口調が独特だからってだけかもしれないが…)。パンクブーブーもハライチもレッドカーペットで見てる分には「凄く面白い」とは感じないんですがあらためて見ると上手いですね。特にハライチの場合、前の笑い飯が高得点をたたき出した後だけに、そこで人によっては凹んでしまって力を発揮出来なかったりもすると思うんですが、彼らはそもそも「皆さんの胸を借りる」くらいな気持ちだった(であろう)ところに、あれでかえって緊張が取れて開き直れたんじゃないかなと。

 パンクブーブーは二回とも安定して同程度のクオリティだったと思います。二回目は「カーペットで見たな」というネタも結構あって、そういう時はお客さんの反応が露骨に「これ知ってる」って感じで明らかに笑いが少なくなる気がしますが(去年他の方々の時に特にそう感じました)、今回の彼らはそれがあまりマイナスにならず練ったネタで勝負できたプラス面の方が大きかったと思います。

 ノンスタイルについては、一度優勝した奴らが出るのは反則だろと個人的に思うので割愛(連覇云々よりやはり他の人に門戸を譲らなきゃいかんでしょ、あんだけいるんだから)。

 惜しむらくは笑い飯ですね…。生放送で放送コードギリギリの「チンポジ」連呼というのは、タブーへのチャレンジ的な面からもやりがいがあったんでしょうけどね…。あれは大失敗だったと思います。何故なら女性は共感出来ないから。意味はわかっても深い共感を得られないんですね、あのネタは。だからある程度想像して笑うしか無いし、あの場であの雰囲気の中で、お客さんの中にネタに共感出来ない人を作ってしまってはダメでしょう(鳥人のネタも「想像して笑うネタ」ですが、あれとは意味合いが全く違いますからね)。男性なら爆笑なんですよね。事前にネタを見せてその感想を参考にするような知人の中に女性がいなかったんでしょうか。下ネタでも、カラッとしてて女性でもどっとウケるようなものならよかったんでしょうけど「チンポジ」ってのは生々しいんですよ(笑)。加えて「想像」というワンクッションが入るため、女性客は「爆笑」ではなく「失笑」するしかなくなって、結果会場の笑いが引いてしまったんじゃないかと思います。

 あとは、やっぱり審査員の傾向でしょうかね。パンクブーブーはかなり「昭和の香り」がするというか、正統派な漫才で、そういう漫才は年齢が高めの審査員の方々には極めてウケがよいんですよねぇ(ウチの親も笑い飯の面白さは全然わからないがパンクブーブーはなんとか分かると言ってたし)。だからと言って若手や一般審査が入るのもどうかと思いますが、そこそこ大御所(中御所?)な方達(ウンナン・とんねるず…ギリでくりぃむ・ナイナイ辺り)が審査員に混ざってもいいんじゃないかとは思います(でもそうすると知り合いに点が甘くなったりとかする傾向が強まっちゃうかなー)。
posted by SeireiK at 01:12| Comment(0) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

m-1グランプリ2009 YouTube
Excerpt: オードリーはM1落ちちゃったんですか? オードリーはM1落ちちゃったんですか? (続きを読む) 今、M1グランプリ2009再放送見てたんですが矢口真理の脇に座ってる女性は誰ですか 今、M1グラ..
Weblog: 50秒ですぐ読めるニュース
Tracked: 2009-12-21 13:18