2009年12月30日

曹操の墓発見(28日の分)

 これが興奮せずにいられよか! 曹操の墓が見つかったそうです!


 「三国志」曹操の陵墓発見 中国河南省、遺骨も出土(中日新聞Web)


 三国時代っつったら日本は卑弥呼ですよ。その時代のもんが21世紀の今頃見つかるという驚きと、まだ見つかってなかったのかよ、という驚きがあります(笑)。正確にいうと、これまで見つかってなかったんならもう永久に見つかりっこないだろう、というものが今頃見つかるありえなさ。
 しかも遺骨までですよ。DNA鑑定とかも出来ちゃいますよ。このニュースが「ホントにホントの事実であるならば」という但し書きは付きますが、それにしても凄い話です。ロマンだな〜。
posted by SeireiK at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | アカデミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすがにこれは驚いたっす。
今まであまり開発されてない地域だったのかな?
これから内陸が徐々に開発されて行くに従って、こういった発見も増えるのかも!
ロマンだね〜♪
Posted by バタアシ at 2009年12月31日 20:59
 日本でも、京都だったか、奈良だったか、数年単位で計画立てて少しずつ調査していくんで、自分の土地でも勝手に庭掘ったりとか建物たてたりしちゃいかんとかって話を小学生の時だか中学生の時だかに聞きました(適当に掘っても何か古いものがわらわら出てきそうな所では、出て来たところで研究が追いつかないからだとかで)。
 中国でもなんかそーいう研究規制みたいなのがのがあるのかもしれないですねぇ、今まで見つかってなかったってのは(それこそどこ掘っても何か出てきそうな国ですし)。
 何にせよ、遺骨ってところがロマンすぎます。よく風化しちゃわなかったもんだと。本人かどうかはまだ謎でしょうけど、ロマンですね〜。
Posted by SeireiK at 2009年12月31日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック