2009年12月30日

年末は特価1000円で

 去年の年末はゴーグ三昧だったわけですが、今年は…





 森博嗣三昧だっ!
mori1.jpg


 mori2.jpg
 この厚さの新書判が一冊100円ってありえなさすぎ。


 二ヶ月くらい前に古本屋で見かけて買おうか迷った挙げ句スルーしたんですが、流石にもう無いだろうと思ったらまだ売れ残っていたんで迷わずゲット。作家名と「すべてがFになる」「数奇にして模型」という本のタイトル以外何も知らず、でも前からずっと気になっていて読みたい読みたいと思っていた森氏の小説が一気にわが手に。それにしても重かった(苦笑)。…こうしてまた部屋が狭くなっていく。まぁいいや、全部読んだらカルさんに1500円で売りつけようっと(←嘘ですよー!)。

 ただ、一冊読んでみて「この作家は自分には合わんわ…」だったらどうしよう、残り9冊と900円が無駄ではないかっ!とちょっと心配したんですが、「すべてがFになる」は名作の誉れ高い(らしい)作品だし、大丈夫でしょ、うん、たぶん…とおそるおそる読んでみたら、とりあえず大丈夫そうです。死体が出て来る所まで現在読みましたが、今の所は相当に面白いです。ワクワク。
posted by SeireiK at 00:19| Comment(2) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。
いい買い物しましたね。
実は「封印再度」までしか読んでないのでつづきを読みたいですね。
今年もよろしくー。
Posted by karukin at 2010年01月03日 11:16
カルさんども〜。今年もよろぴこ〜。
カルさんなら読んでそうだと思ったんですが、「封印再度」までっすかぁ。「Who inside」の駄洒落タイトルがカッコイイので気になってるんですけど、あれと7作目は買った中に入ってないんですよ。わざわざ単独で買ってまでシリーズ通して読むべきかちょっと迷ってます…。

Posted by SeireiK at 2010年01月04日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック