2010年03月24日

とりあえずちょっと遊んでみた(フラゴリアの話)

 昨日の続き

 だいたいこういうゲームは最初にチュートリアル的なものがあるだろうととりあえず始めてみた。予想通り、いきなり右も左もわからない世界におっぽりだされるということはなく、女神様をはじめ町の人(NPC)が懇切丁寧に色々と教えてくれる。ただ、そのチュートリアル期間が予想していたより長い。結局まだ全然自分以外の人と会話できるようなシーンまで行ってない。要するにまだ「一人用RPGをやってるだけ」状態。どうも、レベル9になって戦士系と魔法使い系の職業選択が出来るようになるまでは一人旅っぽい。

 あと、想像していたとおりちょっと日本語訳がおかしいところがある(笑)。その点も含めて、見た目や操作感覚は非常にバルダーズゲートシリーズ(というかプレーンスケープ・トーメント)っぽい。私はトーメントしかやってないので想像になるけど、多分バルダーズゲートにかなりそっくりなんじゃないだろうか。

 というところで、早くも飽きモード。飽きたというよりちょっとやる気が削がれてしまった。最初のチュートリアルの村から次の村へ行った後、何故か自然にペット(狼)が出来ていた。

100324-0001.jpg

 ペット自体は設定にあるのだけれど、明らかにこれはバグっぽい。いきなりレベルが11で、そこら辺にいる牛やら熊やらゾンビやらをばしばし殺しまくってくれる。考えようによってはもの凄くラッキーなバグに遭遇したわけなのだけれど、生まれる楽しみや育てる楽しみが…。


 それはそうと、このゲームの「フラゴリア」という名前がいつまでたっても覚えられない…(笑)。
posted by SeireiK at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック