2010年03月28日

TBSの「SASUKE」を見る度に思うこと

 私みたいにただ見てるだけの人間が言うのもなんだかなと思ってこれまで控えていたんですが、今回あえて視聴者側から見たサスケの攻略法を述べてみようかと。

 毎回出てるような人は大抵家に同じようなセットを組んで練習に励んでたりしますよね。あれってどうなんだろうと常々思って見てます。同じセットを組んでも何の意味もないんですよ。サスケを攻略したいんだったら、本物よりキツい状態のセットを作らなきゃ。「そりたつ壁」だったら、本物のそりたつ壁と全く同じサイズのものを庭に作るのではなくて、10cmなり20cmなり、ちょっと高めのものを作る。それを半年かけて軽々登れるようにしておけば、いざ本番という時にちょっと調子が悪かったりその前の種目で体力を消耗していても簡単にクリアできるわけです。

 今回のアルティメットクリフハンガーなんてのはその典型だと思いますね。どうしてみんなあの状態の(斜めになってたりする)クリフハンガーを自宅に作ってあらかじめ練習しておかなかったんだろう?と。あ、今回3rdステージに進んだ人の中には自宅にセット作ってた人はいなかったかもしれませんが、とにかく、「常に本物のサスケよりキツいセットを作る」、作れない場合は「常に本番よりきつめの練習を想定する」、これさえ徹底しておけば、今回のようにリニューアルされたアルティメットクリフハンガーなんてものを見せられてもすぐ対応ができるわけです。本物より(これまでのものより)もっと長い距離のクリフハンガーだとか、もっと段差をつけたものだとかを作ってあらかじめ練習していたなら少なくともこれまでのクリフハンガーだったら本番で余裕でクリアできたわけです。

 「個人で作ってるセット」ってなんだかあまりにも本物のサスケのセットと全く同じサイズを意識して作ってるような気がして仕方なかったのですよ。本番と同じセットで練習していては本番でクリアはできません。…と、思うんですけど、言うは易く行うは難し、ですかねぇ…。
posted by SeireiK at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック