2010年04月24日

ツイッターでゲームブック

 もともと「今頃ソーサリー」さんで紹介されていて知った話だったんですが、ブログネタにするのを忘れていたところ、後輩がツイッターで呟いていたので思い出した次第。「今頃ソーサリー」さんで取り上げらていたのは外国の方のものですが、後輩のつぶやきによると日本人でも作っちゃった方がいるそうです


 流石にそろそろツイッターはじめようかと思案中…。
posted by SeireiK at 11:18| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近急に世間で言われているほど過大に期待しなければ、なかなか面白いツールだと思います。twitter。
ただ、モバイル環境とセットで初めて真価を発揮するものかなあと思います。
世の中にスマートフォンが定着すれば、もっともっとライブ感覚が加速されて楽しいツールになるでしょうね。

私はdocomo縛りだったもんで、ずっと待っててようやく出たソニエリXperiaにしちゃいましたが、SeireiKさんはiphoneの予定はないんでしたっけ?

外に出ても常時オンライン出来るっていうのは、私の場合、生活スタイルそのものに変化が出るほど新鮮で楽しく、本当に便利になってきたという感想です。

とか誘ってみたり(笑)。
Posted by ephemeris at 2010年04月24日 21:34
どうも〜。基本的に冷めている人間なので(苦笑)、過剰な期待はしてません。ただ、ネット上の知り合いでやってるヒトが増えて来てしまって、そういった方達のつぶやきを見ていると、個々のつぶやきに関して自分も反応を返したくなる(これがフォローでしたっけ?)んですよね。いちいち「どこそこの誰それさんがこうつぶやいてたけど」ってブログに書くのが面倒になってきてしまっているのと(笑)、ブログに書く程でもないけど自分もそれちょっと突っ込みたいぞと思うような機会が増えて来ちゃって。やりたくなってきた理由がそもそもそんな感じなので、通常の使い方である「今何をやってるか」をつぶやくようなそんな使い方は今のところ考えてないんですよね(なんだか本末転倒ですが)。

常時オンラインにおける生活スタイルの変化は、スマートフォンだけでなくiPad(をはじめとするタブレットツール)の普及で今後益々加速されそうなので興味はあるんですけどね。でも私は基本的に「外出中は極力何者にも縛られたくない」と思っちゃうので携帯も持ちませんしモバイル機器にもイマイチそそられないんですよねぇ。
とはいえ、外出中に「あぁっ、今ネット出来ればいいのにっ」と思うことも無くはないのでスマートフォンあるとやっぱり便利なんでしょうね。


あ、それはそうとephemerisさんのツイッターIDって「ephemeris」ではないですよね…?(このIDのヒトは非公開な上に現住所イギリスになってるし)
Posted by SeireiK at 2010年04月24日 22:01
ID使用済みだったので、
e_phemeris
としてみました。

偉そうに言ってますが私もまだ始めたばっかりで楽しみ方を見つけ中です。

聞くところによると二つのタイプに分かれるようで。
とにかく気になった人を片っ端からフォローして、そうすると当然全部なんてとても読みきれないので、テレビ番組のように覗いたときだけ見て面白かったら反応するパターンが一つ。
もう一つは、従来のようにある程度知り合いを重視して掛け合いを楽しみながら読んでくパターン。
私はどっちかというと後者が好みなのですが、twitterの自体は前者を想定して組み立てられたシステムなんですよね。

モバイル云々は別として、家で使うだけIDでも登録してみてはいかがでしょうか。
始める人も多い代わりに止める人も沢山要るみたいなので、気軽に始めちゃっても大丈夫と思いますよー。
Posted by ephemeris at 2010年04月26日 07:49
あー、私も間違いなく後者の使い方ですね。でもフォローする人がどんどん増えて行って、しかもそのうちの何人かは毎日凄い数のつぶやきをするとかになると全部見きれなくなって、そのうち前者の使い方になっていくんでしょうね。

一応、IDは登録する方向で動いてます(笑)。専用のアプリをダウンロードしてきたりだとか、つぶやくボタンの設置方法をチェックしておいたりだとかしてます。気軽どころかそうとう厳重に始めることになりそうです(笑)。
Posted by SeireiK at 2010年04月27日 00:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック