2010年06月01日

サッカー・イングランド戦(31日の分)

 いやー、面白かったです。内容もですが、やっぱりみんなで(ツイッターのタイムライン上で、の意味)ワイワイと見るのは楽しいですね。皆様おつかれさまでした。

 内容も、前半は非常によかったと思います。天候のせいもあったり、後半はイングランドがちょっと本気モードになったりしたせいで後半は今ひとつでしたが、オシム時代を彷彿とさせる動きだったと思います。オシムサッカーというのは「とにかく走る、FWだろうが戻って守る」「ワンタッチツータッチの細かいパスをまわす」「隙あらばリスクを冒して攻める(裏をつく動きをする)」、こんな感じだったと個人的には理解していますが、昨日の試合はそういった意味で私がイメージしているオシムサッカーに極めて近い動きに見えました。まだまだ課題は多く出て来たように思えますし、多大な期待もしていませんが少なくともやっと二年前の割と調子よかった状態にまでは戻った感じです。これなら私が掲げる目標(期待値)である三試合で勝ち点一以上を取るが達成できそうです。予選通過なんて大それたことはいいません。せめて一勝なんて大きな夢も抱きません。出場する以上は一度くらい勝ち点を取ってもらいたい。やっとそれが期待出来る、期待してもいいんじゃないかなくらいに思える試合でした。負けはしましたが満足度は高かったです。
posted by SeireiK at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック