2010年06月10日

あらためて退化を確認

 オシムジャパン時代の全試合を録画していなかったことを悔やみつつ、Youtubeに転がっていないかと探していたら面白いものを発見。





 オシム就任直後のトリニダード・トバゴ戦でのパスまわしはオシム曰くの「各駅停車」でした。これがガーナ戦には(負けはしましたが)かなり早くなり、ボールが廻る様になりました。その後、アジアカップ前のサウジアラビア戦、アジアカップ後のエジプト戦スイス戦では目覚ましい進化を遂げています。見ていて本当に楽しい。美しい。久しぶりに見ると「こんなに面白い試合やってたんだ!」とオシムサッカーの楽しさにつくづく感動を覚えます。

 …あらためてこういう映像を見ると、つくづくこの前のコートジボワール戦のパスまわしは各駅停車だったなぁ…と(涙)。4年前の一番初めの状態に戻っちゃってます。もう一度この頃(よかった頃)の動きを選手たちが取り戻してくれたらカメルーン戦はまだ望みがあるのですが…。
posted by SeireiK at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック