2010年07月05日

準々決勝(3日の分)

 ドイツ・アルゼンチン戦は好カードの名に恥じぬ面白い試合でした。結果だけ見れば4-0とドイツの圧勝でしたがアルゼンチンの攻めも見応えがありました。ただやはりきっちりとメッシを押さえ込んでしまえばアルゼンチンと言えど恐れることはなかったというところでしょうか。それにしても三点目は素晴らしかったです。目が点になりました。

 そしてパラグアイ・スペイン戦!「お前の外したゴールは俺がスペイン戦で決めてやる」と駒野選手に言った(らしい)バルデス選手の活躍を期待して半分寝ながら見ましたですよ。いやあこれまた素晴らしい試合でした。パラグアイがPKを外せばその直後にスペインのPK、決めたと思ったら蹴り直しで蹴り直したら外す、という漫画のような展開。スペインの決めた一点も、二回ポストに当たってやっと決まるというドラマティックな点で、決めた時間帯も劇的でした。あの時間に決められてしまうと疲れのたまった堅守のパラグアイとしては打つ手無しという感じでしたが、それでも最後に一発魅せてくれました。あれが入っていたら劇的以外の何モノでもなかったのですが、いや〜惜しかった。

 さて、四強が出そろいました。個人的にはドイツ・オランダの決勝を期待していますがどうなりますか(パラグアイが勝ってたら「ウルグアイ対パラグアイ」という決勝も見てみたかった…)。
posted by SeireiK at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック