2006年03月27日

マイロボット再塗装計画

 週刊マイロボットの公式サイトが更新され、掲示板二種が利用可能になりました。上級者用のマスターズ掲示板というのがマニアックでそそられますね。「塗装・実験の報告など個性あふれるカスタマイズ情報を交換するためのハイレベルユーザー向け掲示板」とのことなのでまぁ将来的に投稿できたらいいなぁと思いますが、なんせ少なくとも30号までは揃えた段階でいっぺんに塗り直しをしないとパーツごとの仕上がりがバラバラになりそうな気がするのであまり早く事を起こせません。でも誰かに先を越されるとしゃくなので(苦笑)、計画だけ練っておく事にします。

 色塗り直すかどうかは結構悩んだんですが、やはり人と全く同じロボットでは「マイロボット」の名がすたるということで、とりあえず塗り直す方向で。丁度模型屋でGSIクレオスの「ペイントリムーバー」って奴を発見したんですよ。今流行りの柑橘系(リモネンだっけ?)のブツなので、強力なシンナーと違ってプラをあまり痛めないんじゃないかなと勝手に想像。上手く塗装が剥がせそうなら塗装剥がしはこれをメインに使う予定。問題は(多分30号以降になるだろうとは思うけど)CMOSカメラ。メカに影響を与えずにあれの再塗装できるだろうか。レンズはマスキングで多分行けると思うけど。

 色は、まぁ無難なところでホワイトパールかなぁ。やはりキカイダーカラーにするのはあまりにも抵抗が…(苦笑)。丁度今FSSのモーターヘッドを製作中なので(なんのこっちゃわけわからんって人はFSSの一巻をご覧下さいませ。お手数ですが)、これでパール塗装の腕をある程度鍛えられそう。でも基本的に1/100スケールのロボット模型と違って(マイロボットは)パーツ単体がでかいからなぁ。パールホワイトの缶スプレーでぶしゅーっとやっちゃうかも。

<4月12日追記>
 やはり再塗装にチャレンジされる方がいましたー。しかももうやっておられます。嬉しくなってしまったのでトラックバックさせて頂きました(でも先を越されたのはやはり悔しい)。

Yahoo!ブログ だるまいになるまい

ファイブスター物語 (1)ファイブスター物語 (1)
永野 護

角川書店 1998-09
売り上げランキング : 20,640

関連商品
ファイブスター物語 第2巻 2005EDITION ファイブスター物語 (3) ファイブスター物語 (4) ファイブスター物語 (5) ファイブスター物語 (6)
おすすめ平均 star
starバカップル誕生の瞬間
star壮大な神話の始まり
starカッコ良く、そして奥深い作品
star2冊持ってます(苦笑)
star大河ロボット漫画の序章


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 どうでもいいけど「ファイブスター」で検索したら優香やら乙葉やら堀越のりのDVD発見。

ファイブスター 優香/Breath
ファイブスター 優香/Breath
優香

関連商品
優香 to 優香 Yuka 優香 be 荒修行 和香日和
Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 で、でもどうしてタイトルが全く関係なさげな水野裕子の↓コレまでひっかかるんだろう…?

水野裕子 escape
水野裕子
水野裕子 escape

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by SeireiK at 04:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 週刊マイロボット制作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、トラバ頂き有難う御座います!
私的にはマイロボットの製作って模型感覚なんですが、
意外というかやはりというか《組む》より《プログラム》する
という方面の方々が多いみたいで、私としては少々寂しい
感してました。
同志(あつかましいですが)がいらして嬉しいです!
今日、塗装した一部を公開していますので、宜しければ
遊びに来られて下さい。
Posted by む〜た at 2006年04月12日 12:24
どうもコメントありがとうございます。
モデラー(ってかガンプラー)兼アイドロイダーな人ってもっといそうなのになかなかいませんよね(笑)。ガンダム野郎は皆ロボザックタイプのロボットに行ってしまうんでしょうか。
私は比重的に「ロボットそのものに対する興味:模型としての興味」は6:4くらいですかねぇ…でもプログラムはMacやWinMeには今んとこ対応してくれてないのでどうせ出来ないし(涙)、せっかく組立キットならやっぱ塗装も!みたいな(笑)。

猿丸君の色、いいですねぇ〜。マイクまで行っちゃいましたか(驚)。青とか赤みたいなバリバリのソリッド色だとロボットの色としてはちょっときついかなぁ〜と思っていたんですが、実際に塗られたものを見ると全然そんなことありませんね。Very Good!
Posted by SeireiK at 2006年04月12日 23:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック