2006年03月31日

凄い人がいるものだ

 先日ちらっと書いた通り、週刊マイロボットの公式ページにお助け掲示板が設置されました。そこをちょっと覗いてみたらもの凄く面白そうな企画を提案している方がいらっしゃったので紹介&(その方のブログへ)トラックバック。

 その面白いアイディアというのは、「マイロボットを二体作ってお互いを向かい合わせたらどういう反応を示すか」「お互いのことをボス(主人・オーナー)に設定したらどういう反応を示すか」というもの。もうね、これこれこれですよ。私が以前書いた、(このロボットなら)「われはロボット」のロボ心理学者スーザン・キャルヴィン気分を味わえるとか、ロボットが何をどういうふうに分析しどういう結果にもとづいてその行動を起こすのかを自分の目で確かめ研究(というか想像)することが出来る、ということはつまりこういうことなんですよ。

 もちろん二体作るなんてことはまず(金銭的その他の理由で)出来る人が限られますからそんな簡単には試せませんが(少なくとも私には絶対無理だべ)、こういういかにも「アイザック・アシモフ的な」面白い発想をする人ってやっぱりいるんだなぁと感心してしまいました。今はまだ誰も完成させられない状態ですが、号数が完成できるところまで到達して世の中にこのロボットの完成体が溢れて来たらこういう面白い試みを色々とやる人がどんどん出てくるんでしょうねぇ。なんだかわくわくしてしまいます。

Yahoo!ブログ ロボロボ!作成日記
posted by SeireiK at 20:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 週刊マイロボット制作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっブログあったんですね!!
トラックありがとうございます。違うブログでもトラックできるんですね!知りませんでした。
これからもよろしくおねがいします。
Posted by ロボロボ at 2006年03月31日 20:49
どうも、コメントありがとうございます。
いやー凄い発想ですよあれは。
こちらこそ今後ともよろしくお願いします^^。
Posted by SeireiK at 2006年04月01日 18:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック