2010年12月28日

いとしのブリー

 以前から気になって仕方が無かった、本場おフランス製のブリー・チーズをついに買ってみた。因みにサン・ブリッジというところが販売していて、円高にもかかわらず一切れ700円以上もする(一切れといってもかなりデカイのだけど)。



 で、食べてみる…


 ・・・


 ・・・








 あんまり美味くない…。表面の白カビの部分はなんだかちょっと臭みがあるし、中の部分も特に「目ん玉飛び出ちゃう程のおいしさ!」というわけではない。普通にちょっと柔らかめのチーズ。ブリーとほとんど同じチーズがカマンベールだが、総菜パン等で使われているカマンベールの方がもしかするとおいしいかもしれない。総じて、「これなら普通のプロセスチーズでいいなぁ」という感じ。期待しただけに残念。もっとも、これ単体で食べるより料理やお菓子等に使う方がその真価を発揮するのかもしれないが。

 (あ、味覚には個人差がありますので決して鵜呑みにすることのないようにお願いします)

posted by SeireiK at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ごく普通の日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック