2006年08月12日

きままにクイーンズパーク(1)

<1888年9月5日 捜査開始>

 オッス、おら悟郎。ご存知ベーカー街探偵団の一員だ…などと普通のゲームブック(及びRPG)リプレイであればここでまず適当にキャラを作ってそれになりきるのが面白いのだけれども、まぁ推理モノでそこまでロールプレイングするのもなんだし、ここは「ベーカー街探偵団の一員の脳内に、2006年のワタクシ SeireiK の思念が入り込む」みたいな、どっか(*)で聞いたよーな設定で進めてみることにする、うん。

 
 さてここはホームズの家の中。目の前にふんぞりかえった偉そうなホームズとかしこまった我らが団長ウィギンズがいて、今朝送られてきた手紙について話している。どうやら、新しい依頼のようだ。

 「これさー、君たちにまかせようと思うんだけどぉ…」

 …え?

 ちょっとまてーーーー!!! それは何かい? アンタ 自分に来た依頼を面倒だからってんであっしら浮浪児集団に丸投げ ですかぃ???

 「はい、やらせてください」

 ちょっとまてだんちょ〜〜〜〜!!! なんでアンタもそんな簡単に引き受けるっ! そんなんでいいのかホームズ、ウィギンズ。依頼人は泣くぞ。大体ホームズ、忙しい忙しいって口では言うけどあんた暇そうやがな。京極堂そっくりだぞ。とかなんとか思っているうちに結局我々が捜査をすることになってしまったみたい…。はいはいっと。やりゃーいいんでしょまったく。どうせウィギンズ(もう呼び捨てだこんちくしょう)、 アンタも前に出て喋るだけで他に仕事一切やってくんない しな。


 さて、と。そんじゃあ早速来た手紙を読んでみますか。とっとと寄越せやウィギンズ。ふむふむ…フランクリン・カーニーって奴が失踪しちゃったのね。こいつは「スポーツ・ガゼット」っちゅー新聞の記者。依頼してきたのはそこの編集長(ヘンリー・レジャード)。御丁寧に色々と手掛かりになりそうなメモやらゴミやら名刺やらまで一緒に送りつけてきやがった。んー、とりあえずこいつに一言詫び入れといた方がいいかもしれんなぁ。なんせ向こうはきっと ホームズ大先生が捜査に乗り出してくださってると思ってる に違いないしな。ここに書いてある以上のことは多分何も知らんだろうけど、直接会って一応話を聞いてみるとするか。
<スポーツ・ガゼットの番地を調べて移動 →>




暗黒城の魔術師―グレイルクエスト〈01〉暗黒城の魔術師―グレイルクエスト〈01〉
ハービー ブレナン J.H. Brennan 真崎 義博

創土社 2004-11
売り上げランキング : 85998

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームブック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック