2011年11月21日

秋CANTA '11 深く透明な情熱 ツアー at 浜松&名古屋

 CANTAの今期ツアー、浜松窓枠と名古屋のE.L.Lに参戦致しました。
一応まだツアー中(残り一本ですが)なので、とりあえず軽く雑記のみ。
詳細は後ほど…アップしたいけど面倒でアップしないんだろうなー。なんせ今のコレもツイッターがツイートしすぎで数時間規制食らってるから暇つぶしに書いてるくらいだし(コラ)。

 えーと、浜松は名古屋に比べるとバスドラの音が素晴らしかったですね。音がいい、というか、でかかった(笑)。まぁ雷電さんのバスドラの音はいつも腹に響く凄い音なので、むしろ今回の名古屋の方が「あれ?」という感じだったかも。後半くらいから改善されて来ましたが。
 逆に、ギターの音は名古屋の方がすこぶるよかった気がします。

 あ〜そういえば、今回(名古屋)は雷電さんの演奏を比較的しっかり見れたんですが、雷電さんのセットって小さいタムがたった一つなんですね(今回から?最近ずっとそうでしたっけ?)。タム一つとフロアタムとバスドラだけであれだけのオカズやってるんですねぇ…凄い。

 同じミュージシャンの、長いツアーの最初の方と最後の方に参加、というのはもの凄く久々で、なんというか、ツアー中の変化や進化のようなものがそこはかとなく感じられて楽しかったですね。「好評の物真似シリーズ」なんて浜松ではありませんでしたし(笑)。

 セットリストはかなり変わっていてビックリしました。三曲程入れ替えがあったのですが、それだけでなく演奏順もかなり変わっていて、浜松ではアンコール曲だったものが名古屋では本編だったり、その逆もあり。MCの場所も、浜松では金木犀の前に曲についてちょっと裏話があったのですが名古屋ではしっとりコーナーの三曲はぶっつづけでMC無し、とか細かいところで変化がありました。

 あと、参加された皆様お気づきになられましたでしょうか。今回のツアーはワウを使用した曲が一つも無かったんですよね。これが今ツアーの一つの特徴ではないかと(私が参加した会場だけだったかもですが)。


 以下、昨日の名古屋について。

 最後にピックやらバチやらを投げてくれるのは恒例ですが、そーいうものにめっきり縁がない私…。ただ今回は目の前にバチが飛んできて、斜め右前と左前に居た女性二人ががっしり掴んでお互い離さないという修羅場を見ました(笑)。「じゃんけんしましょう」とすぐに一人が提案してましたが、飛んで来る他のものの軌道を目で追っている間も二人の手はバチを握りしめたままだったのが面白かったです。

 でもって、スネア(タム?)のヘッドにサインを書いた「円盤」。あれが丁度私の正面真上に飛んできまして、見事にジャンピングキャーッチ!したのですが、私の後ろにいた人の方がしっかりキャッチしまして、しかもそれを引く手が明らかに私より数段力強かったので勢いに負けてつい手を離してしまいました。あぁ弱気なワタシ…(苦笑)。

 MCは、とにかくマッキーがかなり壊れてました(笑)。開場前の楽屋配信でもかなり壊れてたらしいですが(笑)。
 なんか、ルークさんのギターの弦が切れちゃったっぽいトラブルがあったんですよね(確認出来ませんでしたが、曲の後で「くそっ」と言って、「ダメだ、切り替えよう、切り替えが必要だ…俺には(会場笑)」というMCがあったので、多分弦じゃないかと)。で、ギターを取り替えてからしっとり系の曲のコーナーに入ったんですが、その後の長MCの最中に切れた弦を張り替えていたのではないかと推測(後でそのギターまた出て来たんで)。なので、雷電さんとマッキーのMCがかなり長くて、しかもマッキーはかなりわけのわからない話&すぐ大声を出す、という壊れっぷり(笑)。いやー楽しかったです。

 アンコールの最後の最後には、次の日が雷電さんの誕生日ということでケーキが。
 会場全員でハッピーバースデー(CANTAの曲じゃなく一般の奴ね)を歌い、雷電さんがローソクの火を吹き消すと、一口食べる間もなくルークさんがギターをかき鳴らして雷電さんをせかし、無理矢理またドラムセットに戻し(笑)、どかどかとまた叩き始めた時に恒例の風船が…浜松の時には顔の絵が描いてあった風船には「お 誕 生 日 お め で と う」の文字が書かれていました(笑)。



 とりあえず軽くと言いつつ結構書いてしまった…。4月の10周年には名古屋でもやるとのこと。楽しみです。

 一緒に参加してくれたcore2foodさん、どうもありがとうございました&お疲れさまでした!
posted by SeireiK at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック