2011年12月18日

今年読んでまだ感想書いてない本、一挙まとめて

 まとめてアフィリエイトリンク貼るだけですが(笑)。あ、この順番に読んだってことではないです(大体そうですが、まぁ思い出した順)。漏れもおそらく数冊あり。マメにメモらないとダメやねぇ。


マボロシの鳥マボロシの鳥
太田 光

新潮社 2010-10-29
売り上げランキング : 35395

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ルーク篁並に心に闇を持つ男(と思われる)、太田氏の小説。これは読まずにはいられなかった。



試験に出るパズル 千葉千波の事件日記 (講談社文庫)試験に出るパズル 千葉千波の事件日記 (講談社文庫)
高田 崇史

講談社 2004-08-10
売り上げランキング : 235136

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 あ、これ書いてたわ。感想は書いてないけど。「誰がカレーを焦がした」っていう章タイトルに釣られたんだけど、その話はイマイチ。あと、基本文系人間な私にはこういうパズルはダメ(苦笑)。


幽霊人命救助隊 (文春文庫)幽霊人命救助隊 (文春文庫)
高野 和明

文藝春秋 2007-04
売り上げランキング : 2179

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 『13階段」『グレイヴディッガー」に続きまたまた高野氏の作品。「死刑制度」「骨髄ドナー」、そして今度は「自殺」がテーマ。全人類必読三部作、という感じ。


ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)
高野 秀行

集英社 2003-10-17
売り上げランキング : 67795

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


異国トーキョー漂流記 (集英社文庫)異国トーキョー漂流記 (集英社文庫)
高野 秀行

集英社 2005-02-18
売り上げランキング : 21176

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 高田とか高野とか似たような名前の作家ばかり。ブックオフで同じ棚ばっかり見てるのがバレる(笑)。『ワセダ〜』があまりにも面白かったので『異国〜』も読んでみた。



さよならドビュッシー (宝島社文庫)さよならドビュッシー (宝島社文庫)
中山 七里

宝島社 2011-01-12
売り上げランキング : 9900

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 カルキンさんに勧められて。面白かった。古き良き大映ドラマ大好きなので(笑)。



連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)
中山 七里

宝島社 2011-02-04
売り上げランキング : 19949

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ドビュッシーと同じ作者。これは今年三本の指に入るMy Best 。



独白するユニバーサル横メルカトル独白するユニバーサル横メルカトル
平山 夢明

光文社 2006-08-22
売り上げランキング : 261216

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 これもカルキンさんに勧められて。グロすぎるけど、まぁ面白い。



いま、殺りにゆきますいま、殺りにゆきます
平山 夢明

情報センター出版局 2007-09-01
売り上げランキング : 244527

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 同じく平山氏。これはきっつい。実話だし。基本的にこの人のはグロいという怖さだから個人的に好きな怖さではないかな。「意味怖」みたいな方が個人的にはぐっとくる。



聖アウスラ修道院の惨劇 (講談社文庫)聖アウスラ修道院の惨劇 (講談社文庫)
二階堂 黎人

講談社 1996-11
売り上げランキング : 206947

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 『吸血の家』より先に読んだんだけど、こっちは感想書いてなかった。これもかなり面白かった。



名探偵の掟 (講談社文庫)名探偵の掟 (講談社文庫)
東野 圭吾 村上 貴史

講談社 1999-07-15
売り上げランキング : 34214

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)
東野 圭吾

講談社 1995-03-07
売り上げランキング : 39630

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 何気に東野圭吾は人生初。以前ここでネタにした「真夏のミステリーズ」という冊子に載っていて面白そうだったので。



豆腐小僧双六道中おやすみ本朝妖怪盛衰録豆腐小僧双六道中おやすみ本朝妖怪盛衰録
京極 夏彦

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-04-01
売り上げランキング : 97911

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 前作を読まずに読んでしまってちょっぴり後悔。



新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (評論社文庫)新版 指輪物語〈1〉旅の仲間 上1 (評論社文庫)
J.R.R. トールキン J.R.R. Tolkien

評論社 1992-07
売り上げランキング : 55883

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 そして何気にまだ未読だった指輪物語。それにしてもこれ読みにくい…。ホビットの冒険の方が好きだな。



三月は深き紅の淵を (講談社文庫)三月は深き紅の淵を (講談社文庫)
恩田 陸

講談社 2001-07-13
売り上げランキング : 14254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 これも「真夏の〜」で見て面白そうだったので。

「う〜ん、やっぱりこれはミステリーじゃないよな…。ミステリアスな話ではあるけど、推理小説の訳語としてのミステリではない。雰囲気あっていい作品とは思うけどちょっとがっかり。」←ツイッターでのつぶやき



麦の海に沈む果実 (講談社文庫)麦の海に沈む果実 (講談社文庫)
恩田 陸 笠井 潔

講談社 2004-01-16
売り上げランキング : 6078

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ただ、続編的なこちらはかなり楽しめた。これの元ネタになっている『三月〜』の最後の方のエピソードは結構好きだったし。



私たちはこうして「原発大国」を選んだ - 増補版「核」論 (中公新書ラクレ)私たちはこうして「原発大国」を選んだ - 増補版「核」論 (中公新書ラクレ)
武田 徹

中央公論新社 2011-05-10
売り上げランキング : 81548

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「原発スイシン派もハンタイ派も、とりあえずこれを一読してからモノを言え、と言いたくなる良著。」←ツイッターにて



レベル7(セブン) (新潮文庫)レベル7(セブン) (新潮文庫)
宮部 みゆき

新潮社 1993-09
売り上げランキング : 10816

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 宮部みゆきも今年になってはじめて読んだ作家さん。これも面白かった。



どたん場で大逆転―ミステリー傑作選〈35〉 (講談社文庫)どたん場で大逆転―ミステリー傑作選〈35〉 (講談社文庫)
日本推理作家協会

講談社 1999-04
売り上げランキング : 804191

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 色んな作家さんによる短編集。どんでん返し系を期待して買ったら外れだった。



儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)
米澤 穂信

新潮社 2011-06-26
売り上げランキング : 2438

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 で、これ。新潮文庫の冊子で紹介されていて、「ラスト一行で云々」とあったので期待して読んでみたら、素晴らしかった。間違いなく自分の中で今年NO.1の本。ラスト一行の凄さとか怖さとかは期待した程ではなかったけど、世界観とかがメチャクチャ好み。



出雲神々の殺人 (FUTABA・NOVELS)出雲神々の殺人 (FUTABA・NOVELS)
西村 京太郎

双葉社 2004-03
売り上げランキング : 1239830

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 姉の本棚より。タイトルに惹かれて読んでみたけど、やっぱり私にはダメだ西村さんは。意味不明な部分に「、」が多すぎる文体がいちいちイライラ来る。内容もつまらん…。何故圧倒的多数のファンがいるのか理解出来ない(好きな人ごめんなさい)。



あそこの席 (幻冬舎文庫)あそこの席 (幻冬舎文庫)
山田 悠介

幻冬舎 2006-04
売り上げランキング : 35315

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 本屋さんの紹介文に釣られてみた。あと、どっかで聞いた著者だから面白いんだろうと思ったんだけど…。うん、アマゾンの評価どおりですわ。よっぽどの事が無い限り、この人の本はもう読まないな。



怪 vol.0032 (カドカワムック 377)怪 vol.0032 (カドカワムック 377)
水木 しげる

角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-03-29
売り上げランキング : 265438

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 おまけのシールに釣られて(笑)購入。『怪』もはじめてちゃんと読んだな。


スメラギの国 (文春文庫)スメラギの国 (文春文庫)
朱川 湊人

文藝春秋 2010-09-03
売り上げランキング : 193356

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 タイトルに惹かれて。ギターにスメラギと名付けた私ですから、えぇ。決してガンダムに出て来たオネーチャンのことではないのよ。
 で、内容ですが。う〜ん、猫好きは決して読んではいけない、でも猫好きな方にはぜひ読んでもらいたい という話。矛盾してるけどそうとしか言いようが無い。



邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)
鯨 統一郎

東京創元社 1998-05
売り上げランキング : 33268

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 堀口さんに勧められて。ちょっとこれは…という話もあったけど、かなりの話に納得。



十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)
貴志 祐介

角川書店 1996-04
売り上げランキング : 74786

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 現在読書中。ま、年内には間違いなく読み終わるだろうと。この作家さんも有名だけど今年初めて読む。かなり期待。
posted by SeireiK at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック