2013年05月07日

MGザク2.0 制作記その2(上半身1)

 上半身で気になるところは以下。
jyouhansin.jpg


 1: 胸の両サイド及びコクピットハッチの「折れ」の部分が全体から見て上の方に付き過ぎ

 2: 角度がきつすぎ

 3: 縦に長過ぎ(コクピットハッチは正方形に近い比率がいい)

 4: 長過ぎる気がする(けど、今回はノータッチ)

 あと、書き忘れたけど胸中央ブロックが丸っこい。これは嫌いな訳ではないけど改修(後述)。


 1はMG2.0ザクの最も許せない部分。確かに旧キットもこんな感じで折れがあやふやではあるんだけど、ただあやふやなだけじゃなくて折れが始まるのが早過ぎる。もっと下で折れて欲しい。
 で、両サイドの折れに対応する形でコクピットハッチの折れも上の方にある。今回胸部ブロックはコクピットハッチを含めて出来るだけ平らにしたい(旧キットっぽくしたい)という方向性なのだけれども、これを盛り削りでなんとかしようとするとかなりの手間。しかし!

hansin1.jpg
 ハッチのパーツ(A23とA24)を左右入れ替える↑だけでこの問題はほとんど解決してしまうのである!入れ替えたからといってハッチの開閉に特に支障が出る訳ではないので気になる人にはオススメです。下から覗くとT字ブロックとの隙間が少し大きくなってしまいますけどもね。まだもうちょっとしっかり平らにしたいので私はこの後更に削って修正しますが、単に入れ替えるだけでもかなり雰囲気がよくなります。(←消した理由を知りたい方は次の記事へGO!

 で、書き忘れていましたT字ブロック部分。旧キットやMSVのザクはここの真っ平ら感がカッコイイと思うので今回はここをガシガシに削ってしまって出来るだけ平らにします↓。
hansin2.jpg

 私はVer1.0のプロポーションがかなり好きなので、このT字ブロックに丸みがあるのは嫌いではないのですよ実のところ。ただ、2.0を作った後に1.0を作りたいなーと思っているので、どうせなら1.0から遠ざかるように形状修正しようじゃないかと、うん。

 
 で、3ですよ3。両サイド (赤いパーツ)の折れが上の方から始まる関係上コクピットハッチもやたら上下に長い。これはコクピットのシャアがよく見えるようにという配慮もあるんだろうとは思いますが、ちょっと長方形過ぎる。ってことで…

hansin3.jpg
 光硬化パテを盛って修正。と同時に2も解決します。む、もうちょっと小さくしたいな…。

hansin4.jpg
 うん、まぁこのくらいだろ。あとは削って形を整えます。因みに時間短縮のため(及び臭いのため)私は光硬化パテ+瞬間接着剤+SSP-HGの粉でゴリ押ししてますけど、色々な理由で推奨しません(笑)。エポパテとかポリパテ使った方がいいと思います。

 4について。個人的な好みの問題で言うとこの長さがちょっと長過ぎる気がしなくもないのですけども、これは1.0の摺り込みですね。旧キットではしっかりこのくらいの長さはありますので、「旧キットスタイル準拠」という今回の方向性ゆえにここはノータッチで行きます。ノータッチと言っても線を引いた下の部分、折れがキツいので削り込んでなだらかにしたりとか、ちょこちょこ修正はしますけども。

 胸両サイドのパーツの修正は後日。
posted by SeireiK at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック