2005年06月08日

HGUC ゼータガンダム 制作記(1)

<前置き&頭部>
 さて、いよいよBlogにて制作記をつけて行くことにします。現在製作しているのはHGUCのゼータ。元々「HGUCゼータとHGUCハイザックを使って、『目覚め(第何話だったかは忘れた。ロザミィがティターンズに戻っちゃうあの回です)』のシーンのディオラマを作りたいと思って買っといたキットだったのですがディオラマへのモチベーションが停滞してしまいタンスの肥やしになっていました。で、この度「映画化記念」と「ガンプラ製作のリハビリ(最近ガンプラ離れが激しかったんで)」を兼ねて、押し入れから引っ張り出し、製作を開始したとこういう次第であります。

 まず一枚目の写真は頭部パーツ各種(成型後)。これだけじゃ何の事かさっぱりだと思いますので一応説明をば。

1.jpg


・ヘルメットと顔面を別パーツにして後ハメ可能に。
・ヘルメットの接着は、ダボ穴とピンに通常のセメント系を使用し接合面には瞬着を(乾燥時間の短縮)。
・その他、ヘルメットと顔面はスジをしっかり入れ直したりほお当てを削り込んだり。
・口元をシャープに削り込み。
・アンテナ両端は一度アルテコパテを盛った後パテが無くなるくらいに削ってシャープに。
・アンテナ真ん中のクワガタ状の部分は薄く処理。
・額の赤いパーツの面(エッジ)出し。
・黄色い襟部分も削りこんでシャープに。


 ざっとこんな感じでおます。因みに使用した紙ヤスリは3Mの320番がメインで荒削り用に240番、(とりあえずの)仕上げ用に400番。くみ上げるとこんな↓感じに。

2.jpg

3.jpg

 う〜ん。やっぱりこれだけアップに撮ると肉眼では気づかなかったアラがちまちまと(汗)。右のほほ当てがイマイチゆるいですね。アンテナの先も微妙に変な気がするし。後で修正しとこっと。

(二枚目三枚目の写真は「iPhoto4」にて色調補正をかけてあります)


HG UNIVERSAL CENTURY 1/144 ゼータガンダム MSZ-006
(Amazonへ)


<2021年追記>

 完成しました!
posted by SeireiK at 00:43| Comment(0) | TrackBack(2) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Zガンダムのデザインとmg・プラモなどの問題点
Excerpt: Ζガンダム (ゼータガンダム、Ζ-GUNDAM) 『機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』などに登場。 エゥーゴの攻撃型試作可変モビルスーツ (型式番号: MSZ-006) ..
Weblog: 機動戦士Zガンダム@ゼータガンダムを徹底攻略!!
Tracked: 2006-09-14 07:39

HG UNIVERSAL CENTURY MSZ-006 Zガンダム
Excerpt: ※写真の完成品は塗装しております。HG UNIVERSAL CENTURY 1/144 ゼータガンダム MSZ-006 バンダイ 売り上げランキング : 9230 おすすめ平均 A..
Weblog: ガンプラover30
Tracked: 2007-03-04 09:40