2017年08月08日

普通自動二輪小型限定AT免許 卒業検定

(リアルタイムで更新しなかったのでもはやうろ覚えで書いてます:汗)

 当初の予定より一週間多く、結局計三週間かかりましたがなんとかみきわめもストレートに通過し、いよいよ卒検にこぎつけました。「信号の無い三叉路」での左右確認、ウインカーを出すタイミング、そして一本橋、と不安材料目白押しでの卒検でした。

 9時集合なんですが、普通の授業は9:30スタートなんですね。スクールバスは9:30に間に合うようにしか運行されてないんですね。当然教習所側もそれを知っているはずなのですが、「9時に間に合わないと試験受けられません」みたいな注意書きが、、、で、案の定バスが家の前に到着してもなかなか出てこない不届きな輩がいたりするわけで、9時に間に合いそうになくてイライラしました。事前に「9時に間に合わなくても大丈夫なんですかー」って聞いておかなかったらかなり心臓に負担が来てたことでしょう(怒)。
 
 9時ちょっと過ぎに到着。全くなんの問題も無しでした(笑)。そして卒検を受ける人がうじゃうじゃ。もちろん普通免許(車)の卒検を受ける人なんですが、「こんなにいるの、、、試験中車が邪魔で大変なことになりそう、、、」とまたも心配の種が。
 二輪の検定を受ける人は私を含めて三名でした。もちろんお二方とも普通(中型)。小型ATは私一人。

 順番は、小型からかと思いきや私が最後でした。お二方とも実にそつなく試験を終え、まず受かったであろう感じでした。で、私はというと、心配だった一本橋も無事に渡りきり、急制動もクリアし、とにかく頭をフリフリして安全確認してるぞアピールを徹底し、まぁなんとか大丈夫だろうと思ってバイクを降りる時に気付きました。

 ああああああああ乗る時ミラー触るの忘れてたああああああああああ!!!!!


 これで一気に心配になりました。また、結果が出るまでが遅い遅い。他の二人と談笑しながら「なんでこんなに時間かかるのかねー」と心配しきり。「まぁ、一本橋とかの一発アウトの課題さえ出来てれば減点だけで30点も減らされてることはないでしょ」と言われたりしたのですが、あなたたち二人はそりゃー出来てたからいいですヨゥ。私はミラー触ってない上に安全確認も結構危うかったんですヨゥ。ホント、五分五分の確率くらいじゃないかと思いました。

 で、まぁ一応合格できまして、無事卒業となったわけです。約3週間。長いようであっという間。もうここに通わないんだと思うとちょっと寂しいような。ただ、まだ油断はできません。免許センターでの視力検査と学科試験が行く手を阻みます。(次回へ続く!)

posted by SeireiK at 08:03| Comment(0) | どこまでもトリシティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]