2017年08月30日

納車 & ドキドキの公道デビュー!(ツーリング記録)

(投稿日時とズレまくりですが、内容は6/27の出来事になります)

 YSPさん(ヤマハのお店ね)が月曜日定休日ということで、26日の免許取得後すぐに納車というわけにはいかず、翌日納車になりました。感動のご対面、店長から細かい説明を受ける(しかし相当前からヤマハのサイトにある取説を熟読していたので大体のことは知っていたりして)、そんでお金を現金でドカンと一括支払い、でもっていよいよ公道デビューでした。

 こ、怖かった・・・

 一度も公道で走ってないのに免許くれるって、二輪の免許制度ありえないっすよね。いやもうマジくっそ怖かったっす。右折があんなに怖いものだなんて教習所では全く知りえなかった。。。
 
 とにもかくにもまずは神社ですよ神社。車お祓い。とりあえずこれやっとけば気分的に安心(苦笑)。

 本殿で「これなる自動二輪の〜」とか祝詞をあげられながら「三輪なんだけどなぁ」と思いつつ、榊奉納を終えて外に出て、その後トリシティの方のお祓いをしたんですが、全て終わった後に神主さん(結構若い)が興味津々で「今日納車だったんですか〜?いや、タイヤが新しいもので」とか「これも二輪に入るんですか〜?」とか聞かれましてですね。いや、先に聞いておくれよそういうことは(汗)。「一応法的には二輪なので(多分大丈夫です)・・・」とか答えておきましたが一抹の不安が・・・

 で、なんとか無事帰ってこれたわけですけどもね、YSPから家まで18キロもあったんすよね。遠いんですよYSP。そんで、帰宅後に「バイク 公道デビュー」とかって検索したらまぁ皆さん同じようなご苦労をされてらっしゃって(笑)。私も一度クラクションを鳴らされたりして(あれはウインカーを消すタイミングが遅すぎたからだったのだろうか?)、ひっじょーに怖い経験を致しましたが、私の恐怖なんて可愛いレベルですね。私も道中一瞬だけ「ホントにこれ、乗り続けられるんだろうか・・・」と、これからのバイク乗り生活が心配になりましたが、実際に「あまりにも公道が怖かったのでせっかく免許取ったけどバイクに乗るのは諦めます」なんて方もいらっしゃったりして、私はまぁそこまでトラウマになるようなことはなくてよかったですハイ。

IMG_1448.jpg
 某神社にて。砂地なのでスタンド立てるのがちょっと怖かった。。。


よくわかる祝詞読本 (角川ソフィア文庫)よくわかる祝詞読本 (角川ソフィア文庫)
瓜生 中

KADOKAWA 2017-08-25
売り上げランキング : 40478

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by SeireiK at 16:41| Comment(0) | どこまでもトリシティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。