2017年10月07日

トリシティカスタム 長距離ツーリング仕様 サスペンション編

 ま、またしても某さんに先を越された感がありますが、トリ急ぎ(←掛言葉)YSS ハイブリッドDTGのレビューっぽいものを。

 「トリシティの欠点・不満点」で挙げた項目、「お尻が痛い」ですが、ここで断っておかねばならないことがあります。
 私のようにほぼ14時間ぶっ続けとかね、アホみたいにトリシティに乗り続けない限りは、トリシティは乗っててそれほどお尻が痛くなるようなバイクではありません。シートのウレタンもいい感じに柔らかく、そうですね、5時間くらいならお尻も痛まずに乗っていられます。ただ、長距離長時間のツーリングを快適にしたいという私の欲望を満たすために必要なものは何かと考えたら、快適なシートに加えて更に柔らかく衝撃を受け止めてくれるリアサスペンションが必要なのではないかと。

 Web上でよく見られる意見として「トリシティはフロントのサスは良いものなのにリアがイマイチ」で「後輪からの突き上げがひどい」ということ。つまり、シートのクッション自体は優れているけどお尻への下からの突き上げが蓄積されることにより、数時間でお尻が痛くなるのではないか?と考えました。快適ツーリングへの対策としてシート+サス交換の二段構えの作戦を目論んでいたのですが、じゃあどちらを優先するかと言えばやはりサスだろうと。足つきも改善項目にあるにはあるのですが、差し迫った問題でもないなと。
 で、じゃあどんなサスを選ぶかと言えば、当時私が知っているトリシティ専用サスはYSSのものが二種類とオーリンズの8万円くらい(?)する奴の三種類でしたウイルズウィンのローダウンリアショックもありました!)。値段、見た目、Web上での評判等を考慮して私の中では「YSS ハイブリッドDTG」一択だったのですが、しばらくの間どの通販サイトでも欠品になっていたので半ば諦めていました。んが、再販がかかったのか再びトリシティ本舗さんなどで取り扱いが復活しましたので導入した次第。

 ただですねぇ、YSSのサス、個人的にどうしても気に入らないところがありました。このブログを丹念に読み込んでくれている方ならすぐお察しのことだと思われますが(笑)、それについてはまた別記事にて。

 で、えーと導入日は8/27、ヘッドライトをLEDに替えてもらうのと同時にYSPさんで交換してもらいました。
 その後ライトとサスの具合を確かめるために再び本宮山へ行ってきたんですが、ん〜〜〜? あれぇ〜〜〜???
 
 Webで見られた高評価程には、あまり変化を感じられない・・・

 「言われてみれば突き上げがマイルドになったような…?」とそこはかとなく感じる程度で、プリロード調整?と言うんでしたっけ、スプリングの縮み具合を5段階変化させてみるものの効果が今一つはっきりしない。後にYSPさんで話を聞いたところ「後ろが重い車種なら割とわかりやすいんですけどねー(トリシティは前後50%/50%の比重だから…)」とのことでした。その後シート交換をした際には割とサスの効果を感じられるようになりましたが、もうちょっとはっきり効果がわかると思っていただけに少々残念でした。
 結局、サスの違いを体感するには「全くの同条件下」、つまり全く同じ道を同じ速度で走る、しかも走行後出来るだけ早く違うサスで走ってみる、ということをやってみないとダメだなぁと。そんなの、トリシティみたいにサス交換が面倒な車種では同車を二台用意しなければ無理です。というわけでせっかく買ったサスを宝の持ち腐れにしないため、もっとサス交換の効果を体感するため、シートも交換して相乗効果での快適度アップを急ぐ必要が出てきてしまったのでした。

 ちなみにこのサス交換で、足つきも「ほんのちょっぴり」よくなった気がしました。気がしただけかもですが。



 <追記>
 あくまで個人の感想、使用感です。Web上での評判は上々なので、単に私が鈍感なだけかもしれません(汗)。


トリシティ YSS ハイブリッドリアショック 340ミリトリシティ YSS ハイブリッドリアショック 340ミリ

YSS
売り上げランキング : 93344

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by SeireiK at 11:24| Comment(0) | どこまでもトリシティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。