2017年10月07日

トリシティカスタム 長距離ツーリング仕様 シート編

 トリシティの居住性についての評判は今ひとつです。足元が狭いだの、シートが前方に向かって下り気味のため走っていると段々体が前に行ってしまう(ズボンがずれる)だの、あとは女性受けを狙っているにしてはシート高があり足つきがあまり良くないだの。で、個人的な感想としては実は私はあまり居住性が悪いとは感じなかったのですよね。
 
 足元の狭さ→そもそもトリシティ以外のスクーターに乗ったことがほぼ無いので他と比べようが無い→まぁこんなもんじゃね?

 走っていると体が→まぁこれは確かに。でも信号待ちの間に座り直すとかすればええしな

 足つき→短足なので確かに足つきはもっと良くなって欲しいが、普段乗ってる自転車のサドルはもっと高くしてあるのでこの程度ならオッケー

 こんな感じ。ただ、前に書いたように10時間以上運転するとなると、純正シートではお尻が痛くなる。これを改善するためにシートを交換したいと。でもって、どうせシート変えるなら足つきもよくしたい。


 現在私が確認できた限りでは、トリシティ用として売られているシートは7種類。

 dB’s 20mmローダウンゲルシート 32151円 
 ワイズギア  ローダウンシート  27000円 
 ウイルズウィン ローダウンシート 18000円(税抜)
 浅倉商事 SE82J タックロールローダウンシート ブラックパイピング 18000円
 YAMAHA TRICITY専用ウェストサポート付きカスタムシート ブラック 純正ベース加工品 15800円
 TDR製 カスタムシート 高級ケブラー素材採用トリシティ125(SE82J/E3P4E) 14800円(税込) 
 衝撃吸収 DrGEL スリム&ローシート14040 円(税込)

 
 さて、トリシティのシートを交換している方は大勢いらっしゃいますが、その交換理由となると大半が足つきの向上を求めてです。私の場合はとにかく「お尻の快適さ」を求めてであって足つきは二の次なんですが、じゃあどのシートだと快適度がアップするのか、調べても今ひとつはっきりしない。
 最も高額な dB’s のシートは快適さと足つきの両方がいかにも向上しそうな感じだけど、この値段出してまでやりたいカスタムか、ということと、この値段出す以上失敗したくない(情報が少なすぎる)ということで保留。
 ワイズギアを始め、ローダウンシートと銘打っているものはもっとお尻が痛くなることもあるみたい(まぁそりゃそうだろうアンコ抜き、つまりウレタンを削るんだから)。
 DrGELは快適性がアップしそうではあるが、現在ではもう売ってないっぽいのと、レビューが皆無。

 で、レビューが一番多くて尚且つウェストサポートが良さげな「TRICITY専用ウェストサポート付きカスタムシート」が第一候補だったんですが、正直クッション性能についてはあまり期待できませんでした。
 と、そんな折、通販サイト等で取り扱いがもう無くなっていたDrGELがヤフオクでまだ入手出来ることを知り、慌てて購入、導入に踏み切ることになりました。
 以下、貴重にして希少なDrGELシートのレビュー、刮目してご覧あれぃ!(←大げさ)

IMG_1826.jpg
 外観の比較はこんな感じです。なかなかデザインもカッコいい。
 あと、見ての通り膝の当たるところの角度が純正よりすぼまってます。これが「スリム」という名の由縁か?

 シート交換は、Webでの情報を参考にDIYでやりました。いくらなんでもこれは自分で出来そうだったので(笑)。

 「こんなのEリング外せばいいだけだろ、、、ふっ、タミヤのピンセットペンチの出番だぜ!」
 「なかなか外れないな・・・」
 「うぎゃー!お、落としたー!!!」

 ↓この中に落とした、、、うぅ見つからねぇ、、、と思ったら
IMG_1827.jpg

 こんなところに挟まってやがったぁ!!!
IMG_1828.jpg

 とかなんとかやりつつ交換終了。

 ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 注意!


 このEリングは一度使用したら新品交換しなければならないとサービスマニュアルに記載されているとのことです。シートの交換を考えている方はご注意ください。


 ワンポイントのタグ↓が、想定外にも「青色コーデ」に加担してくれてます(笑)。これお気に入り。
IMG_1829.jpg



 で、肝心の乗り心地に関してですが、、、


 まず、さすがに足つきに関してはしっかり体感できるほどよくなりました。ただあまりにも短足なためこれでも両足ベタ付きはできませんでした(涙)。で、最大の関心事、お尻の痛さについてですが、、、

 うーむ、純正よりお尻痛くなるの早くね?

 純正は5時間くらいで痛くなるところ、こちらのシートは3時間くらいで痛くなってきました。ただしこれは交換後初めて数時間以上乗った時の話です。で、確かに痛くなるのは早かったんですが、痛みの質が違いました。耐えられる痛みというか耐えやすい痛みなんですね。純正シートは一度痛みが生じると後はずっと痛い。DrGELはあまり気にならない痛みでした。あのほら、学校の教室にある椅子って木で出来ていて座ってるとお尻が痛くはなるんだけど気にならない程度でしょ、そんな感じ。これは多分、純正シートがウレタンのクッションで衝撃を吸収するのに対して、こちらはゲルシートが自分のお尻にフィットした形状になり、柔らかくはないんだけど衝撃が分散されてるみたいな。あと、サスの効き具合に関しては、シートのクッション成分が少なくなっている分、より感じやすくなりました。
 でもって、その後一泊二日の長距離ツーリングに出かけましてですね、述べ20時間走ったらお尻はともかく太もも裏が擦れて相当痛くなりました(笑)。まぁこれだけ乗ればどんなシートでもそれなりにお尻近辺が痛くなるのは避けられないんでしょう。。。
 
 と、ここまでは9月半ばまでのお話。その後9月後半に再び10時間以上のツーリングに出かけましたが、乗っている最中頻繁に座り方、座り位置を変えていたら10時間後もお尻が痛くなってませんでした(!)。まぁその点は万々歳なのですが、最近乗り始めから1時間くらい、乗ってると右足がしびれるようになってきました(汗)。乗り方が悪いのかなぁ?あぐらを長くかいてると足がしびれるみたいなそんな感じで。純正シートではそんなことなかったのと、「純正シートでも頻繁に乗り方、座り位置を変えればお尻痛くならないかも」ということで現在、シートを純正に戻してみようか検討中です。足つきはまぁ我慢できるところですし。

 さて、これ以上の快適さを求めるとなると、dB’s のローダウンゲルシートを試すか、「トリシティ125っていうバイク(?)で徒然と」さんのように純正シートを改造、ゲルザブ等でカスタムするか、ということになってきます。10/7現在、現状のDrGELでも7割方満足はしているので悩ましいところです。

 <追記>
 また10時間程度の長距離ツーリングに出かけましたが、さすがに長時間座っているとやはり太もも裏が痛いです。おそらくジーンズの「しわ」がシートと太ももにサンドイッチされて腿が圧迫されることによるのではないかと思われますが・・・(しわが無くても単純にジーンズに腿が圧迫されることによるのかもですが)、この辺は履いているものの素材・品質にもよるのでなんとも言えません。
 膝が車体に当たるくらい思いっきり前の方に座ったら腿裏の痛みは治まりましたが、今度はお尻が痛くなりました。その辺りにはゲルが入っていないので当たり前ですが…(涙)。
 
トリシティ125(TRICITY125)SE82J ローダウンシート パイピングカラー ホワイト ウイルズウィン(WirusWin)トリシティ125(TRICITY125)SE82J ローダウンシート パイピングカラー ホワイト ウイルズウィン(WirusWin)

WirusWin(ウイルズウィン)
売り上げランキング : 485046

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


TWR製 YAMAHA TRICITY125(トリシティ) 専用ウェストサポート付きカスタムシート (ブラック x ホワイトステッチ) 純正ベース加工品TWR製 YAMAHA TRICITY125(トリシティ) 専用ウェストサポート付きカスタムシート (ブラック x ホワイトステッチ) 純正ベース加工品

TWR
売り上げランキング : 17756

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


タミヤ ピンセットペンチ #74034タミヤ ピンセットペンチ #74034

タミヤ
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by SeireiK at 19:27| Comment(0) | どこまでもトリシティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。