2007年10月17日

HG ガンダムエクシア製作記(2)

 肩は接続方法を思い切って変えちゃいます。可動範囲は狭まる(怒り肩や撫で肩にするといった独立可動はできなくなる)代わりにこれで接着処理→継ぎ目消しや塗装後の組み込みが楽になりますので。

ekata.jpg

↑空間をプラ版で埋めて、接続用の穴をあけてキット胴体側の軸に通します(予定)。写真は上しか塞いでませんが当然下側の空間も埋めます。

 因みに↑の前に、補強を兼ねてプラ版を胴体側の面にも貼りましたが↓これは余計だったかも…。

ekata2.jpg

 例のゴムパーツの後ハメは、この写真↓でわかりますか…? ゴムを塞いでいる部分を片方だけ削り落としました。塗装後に削り落とした破片を接着してゴムパーツを固定するつもりですが、それだけだと不安なので多分針で刺すという補強もすると思います(一応、既に穴を空けてます)。

ekata3.jpg


 前腕は、気にしなければほとんど見えないので気にならない部分ですが一応裏側の肉抜き穴を埋めることにしました。ディテールっぽくもありますがやはりこれは肉抜き穴だろうということで。写真は黒瞬着で無理矢理埋めてますがもう片側はポリパテで埋めることにします(どうせ他の部分で使わざるを得ないので)。

ezen.jpg

posted by SeireiK at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック