2008年03月25日

「冬CANTA '08 "夕闇・三日月・オリオン座" TOUR 」名古屋ライブレポ・その1(Set List編)

 すっかり遅くなりましたがCANTAの「夕闇・三日月・オリオン座」ツアー、名古屋ライブレポートです。

 定刻を多分ちょっと過ぎたくらい(?)に始まりました。一曲目は「Hello!」。前にも書いたとおり今回のライブは私にとっては「のんほも(←三枚目のアルバムの俗称)」発売以来でありまして、四枚目と五枚目の曲を初めて生で聴けるというのが楽しみだったわけなんですね。その「聴きたい曲」の筆頭株主的存在であったHello!がイキナリ一曲目です。雪で凍えて疲れきった体にのっけからテンションが漲(みなぎ)ります。

 二曲目は間髪入れずに「もんすたぁ〜〜〜〜!!!!!」。ルークの叫び声で「Monster」が始まりましたっ。「Monster」も聴きたかった曲の最有力候補でしたので私にとっては初めから当たりまくり飛ばしまくりのセットリストです。

 三曲目は「Good Morning,Wild Times!」。これまたノリのいい曲でございます。で、確かこの辺りで一度MCがあったようななかったような。なおMCについては、どのMCをどの曲の前後で喋ったかという細かいことはほとんど忘れちゃいましたので後ほど「こんなこと喋ってた」とまとめて書きますです。

(…のつもりでしたがセットリストだけでも結構長くなってしまったのでMC編は後日まとめます。また数日後になりますが済みません:汗+平謝)


 で、「108」「DRY & Heavy Blues」と続きます。「DRY & Heavy Blues」の前に確かセッションっぽいインストの前奏がありまして、間奏だか後奏だかもやたら長かったです。


 そしてここからバラード・熱唱系。まずは新曲でした。新曲の説明は…

ルーク(以下L):「この曲は横浜のライブでやろうと思ってたんだけど、レコーディングも演奏はもう出来上がってるんだけど…歌詞が書けなくて横浜で出来なかったのね(苦笑)。やっと昨日の夜出来ました(笑)。」

 (歌詞の説明…)

 「いつもいつもあれこれ考えながら言葉を当てはめて書くんだけど…あのほら、車に乗ってる時に、電車の踏切のちかちかする点滅と、待ってる間の車のウィンカーの点滅とタイミングがたまたまぴったり合う時とかあるでしょ。男女の仲も付き合ってる時にはお互い合わせよう合わせようとするんだけど、でも相手に合わせようと思って合ってる時っていうのは実はほんのちょっとずれてるんだよね。ウィンカーとかは合わせようとしないでお互いが自分のペースでカチカチしてて、それがたまたまピッタリ重なる時があるわけで。…だからそんな風に、男女の恋愛も無理に合わせようとしないで、お互いマイペースで行けばいいんじゃないかなって…(会場から「えぇ〜」の声)。………大人の恋愛です(笑)」

(「大人の曲です」だったかも知れません)

  

  「なんせ昨日出来上がったばっかりで、まだタイトルもついてないんだけど…まぁゆっくり考える暇が無くて(タイトルは)「メトロノーム」とかになってるかもしれないけど(笑)」

 「そんでカンペっていうかここ(足下のモニター付近を指す)に画面があってパソコンでカラオケみたいに歌詞が出るようにしてあるの(笑)。で、オレこれ見ながら歌うから…君たちの方見て歌わないけど(笑)。…いや、でも心は君たちの方に向けて歌ってるから! なんせ昨日出来たばっかりだから…いいわけが多いね(笑)。ロッカーがいいわけはいかん、男らしくない(笑)」


 という新曲だったんですが…肝心の歌詞は(PAの影響やら何やらで)ほとんど聞き取れませんでした(涙)。ルークさぁん&PAさぁん、新曲の場合はもうちょっとギターの音とマイクエコー下げましょうよぅ。
(そういえばアンコール時だったか、「もうちょっと、もっとかけて」とやたらエコーのかかり具合を気にしてましたねルークさん)

 続けて「Everyday」と「Rainbow」。「Everyday」は個人的にもう腐る程聴いてる曲ですが、私の中では聖飢魔IIでいうところの「エルドラド」に匹敵する地位の曲、つまりこれが聴けないとCANTAのライブに来た気がしない、というくらいの曲なのでやってくれて一安心。飽きる程聞いてるとはいえやっぱり生で聴けるのは嬉しいですね。それから「Rainbow」は特に凄く好きというわけでもなかったんですがライブで聞くとやっぱいいですね。ライブ後(数日にわたり)一番頭から離れなくなったのはこの曲です(笑)。

 バラード路線タイムが終わって再びMC。たしかこの時に具合の悪くなっちゃった人がいて、後ろの方に休憩しに行きました。その人が退場すると同時に「Adieu!」が始まったんじゃなかったかなと。この辺ちょっと曖昧なんですが、「あぁ、あの人アデューが聴けないんだぁ、可愛そうに…」と思った記憶があるので多分合ってると思います。

 「Adieu!」もかなり好き&聴きたかった曲だったのですが、いかんせんもうこの頃にはワタシの足の方が限界に来ておりまして、「足や腰でノラず、ちょっと体を揺らすくらいにしてなるべく歌詞に聞き入るようにする」というお休みモードに入ってたんです(苦笑)。ハードロック系の、しかも自分が曲をよく知ってるバンドのライブだとまぁ普通は歌詞なんてもう頭に入ってるからあんまり聴いてなくて「ノッたり腕を上げたりして楽しむ」ことが目的だったりしますよね。でもまぁCANTAの場合はメッセージ性が強いというか歌詞ちゃんと聴いてなんぼのところもありますから、無理せずに体を休めながら歌詞に聞き入るという楽しみ方も許されるんではないかと。

 …と思っていたところへ「Tonight3」ですよ!!! イントロが始まった瞬間、とっさに何の曲だかタイトルが浮かばなかったにも関わらずそれでもパブロフの犬のようにはしゃぐ私(笑)。さっきまでの「体力温存しよう」はどこへやら。私にとって「どんなに疲れててもこの曲やられると理性が飛ぶ」という、聖飢魔IIで言うところの「地獄の皇太子」に当たる曲はCANTAの場合「Tonight3」なんだなとわかりました(笑)。「のんほも」ツアーの時にも聞いた曲(一曲目)だったんですが、その時私はまだ「のんほも」自体を手にいれてなくて(恥+謝)要するに初聴だったんで、「あぁノリのいい曲だなぁ」と思っただけでいまいちノリきれなかったんですね。今回はノリどころがわかっているので(笑)非常に楽しめました。…ってかもうくたくたです。

 その後「Shine」。しかし「Shine」が終わった時に(たしか)ギターの弦が切れてしまいちょっと流れが止まってしまいました。

L:「あぁ〜、次が最後の曲なのにぃ〜」

 とぼやきつつギターを変えて本編のラストは「1400km/h」でした。「Shine」はほぼ間違いなく演ってくれるだろうなと思ってはいましたがお目当ての曲が期待通り聞けて嬉しかったですね。

 セットリスト的にちょっと面白いなと思ったのが、本編の最初が「四枚目の一曲目と五枚目の二曲目」で、本編の最後が「四枚目の二曲目と五枚目の一曲目」だったこと。見事なシンメトリーになってました。まぁ、こうやって何かしらの「記憶のフック」をその場で作っておくと後からでもセットリストを思い出せるわけですよ、てへ。

 アンコール明けの一発目は「春の嵐」だったんですが…MASAKIさんの「タオルの振り方指導」の後で曲のコールをしようとしたルークさん、「アルバム『流星と春の嵐』の中から『春の嵐』」と言うところが勢い余って

L:「アルバム『流星と、はぅらしっ!!!」(会場爆笑)

L:「…すげー早口な人みたい(笑)。はらしっ!(笑)」

「春の嵐」の後は「Happy Birthday To You!」で締め。「Everyday」同様やはりこの曲も聞けないとCANTAのライブに来た気がしません(笑)。

アンコール2は「悲しき絆創膏」と「ア・ソング フォー ジ アダルト」。「悲しき絆創膏」をライブで聞くのは初めてだったんですがそうめちゃくちゃ好きな曲ではないので(好きな人ごめんなさい)ちょっとがっかり^^;。というかどうせならアンコールじゃなくてもっと早めに聞きたかったみたいな。でもやっぱライブ映えしますねこの曲は。
「ア・ソング・フォー〜」も、どうやらCANTAのライブは必ずこれで終わるみたいなのですが個人的にイマイチ好きになりきれない曲なのでそろそろこのお約束を無くして欲しい気がしなくもなかったり…(好きな人ホントごめんなさいです)。

「ア・ソング・フォー〜」の後奏では…あ、これはMC編に回します(苦笑)。とりあえず今回はこんなところで。ではまた。


因みに↓が今回(新曲除く)で、

setlist2.jpg


↓こちらが以前行った「のんほも」ツアー時のリスト(ただし正しいかどうか確証はありません)

setlist1.jpg


前回も今回も、個人的にはほぼその時点でのベストと言える選曲でありますね。特に今回はかなりおいしいラインナップでした。iTunesで上のようにプレイリスト作って聴いたり、MP3プレイヤー(iPodじゃないところがミソ&涙)でこの順番にして聴きまくってますがほんといい選曲・流れです。これを基にそろそろとっととベスト盤出しましょうよVAPさん(笑)。

<追記>
 重要な事を書き忘れてました…。MCの内容については「大体こんなようなことをこんなような口調で喋っていたような気がする」というもの凄く曖昧な記憶に頼りまくって書いております。くれぐれも「一字一句正確にこのように喋っていた」などと思わずにそれとなくニュアンスだけ感じ取ってくださいませ。


流星と春の嵐(初回限定盤)(DVD付)流星と春の嵐(初回限定盤)(DVD付)
CANTA ANCHANG 野村義男

バップ 2007-05-23
売り上げランキング : 28806

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あ、まだDVD付き在庫あるんすね…。


百歌颯鳴百歌颯鳴
CANTA ルーク篁

バップ 2006-03-24
売り上げランキング : 59409

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



NON-HOMOGENIZEDNON-HOMOGENIZED
CANTA ルーク篁

バップ 2005-03-23
売り上げランキング : 64538

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↑成分無調整。略してのんほも
posted by SeireiK at 01:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ライヴレポ、お疲れ様でした。
よくこんなに覚えてらっしゃいますね!
唸ってしまいます。
自分はすぐ忘れる人なので。
MC編もお待ちしてます。
Posted by しゃおろん at 2008年03月27日 01:55
ありがとうございます^^。
まぁ「出来るだけ覚えてブログに書かねば」みたいなこともあるのですが、基本的に「せっかく行ったライブの内容を忘れてしまうのはチケット代が勿体ない」という貧乏根性のせいで頑張って覚えようとしています(苦笑)。
人間は一日でその日の出来事の7割を忘れるらしいんですが、その日のうちに復習すると3割くらいにまでは(忘れる量を)減らせるらしいので、帰りの電車の中でセットリストを反復したり家についたら即行でメモを取ったりして無理矢理記憶を定着させています(笑)。
Posted by SeireiK at 2008年03月28日 01:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック