2011年11月21日

秋CANTA '11 深く透明な情熱 ツアー at 浜松&名古屋

 CANTAの今期ツアー、浜松窓枠と名古屋のE.L.Lに参戦致しました。
一応まだツアー中(残り一本ですが)なので、とりあえず軽く雑記のみ。
詳細は後ほど…アップしたいけど面倒でアップしないんだろうなー。なんせ今のコレもツイッターがツイートしすぎで数時間規制食らってるから暇つぶしに書いてるくらいだし(コラ)。

 えーと、浜松は名古屋に比べるとバスドラの音が素晴らしかったですね。音がいい、というか、でかかった(笑)。まぁ雷電さんのバスドラの音はいつも腹に響く凄い音なので、むしろ今回の名古屋の方が「あれ?」という感じだったかも。後半くらいから改善されて来ましたが。
 逆に、ギターの音は名古屋の方がすこぶるよかった気がします。

 あ〜そういえば、今回(名古屋)は雷電さんの演奏を比較的しっかり見れたんですが、雷電さんのセットって小さいタムがたった一つなんですね(今回から?最近ずっとそうでしたっけ?)。タム一つとフロアタムとバスドラだけであれだけのオカズやってるんですねぇ…凄い。

 同じミュージシャンの、長いツアーの最初の方と最後の方に参加、というのはもの凄く久々で、なんというか、ツアー中の変化や進化のようなものがそこはかとなく感じられて楽しかったですね。「好評の物真似シリーズ」なんて浜松ではありませんでしたし(笑)。

 セットリストはかなり変わっていてビックリしました。三曲程入れ替えがあったのですが、それだけでなく演奏順もかなり変わっていて、浜松ではアンコール曲だったものが名古屋では本編だったり、その逆もあり。MCの場所も、浜松では金木犀の前に曲についてちょっと裏話があったのですが名古屋ではしっとりコーナーの三曲はぶっつづけでMC無し、とか細かいところで変化がありました。

 あと、参加された皆様お気づきになられましたでしょうか。今回のツアーはワウを使用した曲が一つも無かったんですよね。これが今ツアーの一つの特徴ではないかと(私が参加した会場だけだったかもですが)。


 以下、昨日の名古屋について。

 最後にピックやらバチやらを投げてくれるのは恒例ですが、そーいうものにめっきり縁がない私…。ただ今回は目の前にバチが飛んできて、斜め右前と左前に居た女性二人ががっしり掴んでお互い離さないという修羅場を見ました(笑)。「じゃんけんしましょう」とすぐに一人が提案してましたが、飛んで来る他のものの軌道を目で追っている間も二人の手はバチを握りしめたままだったのが面白かったです。

 でもって、スネア(タム?)のヘッドにサインを書いた「円盤」。あれが丁度私の正面真上に飛んできまして、見事にジャンピングキャーッチ!したのですが、私の後ろにいた人の方がしっかりキャッチしまして、しかもそれを引く手が明らかに私より数段力強かったので勢いに負けてつい手を離してしまいました。あぁ弱気なワタシ…(苦笑)。

 MCは、とにかくマッキーがかなり壊れてました(笑)。開場前の楽屋配信でもかなり壊れてたらしいですが(笑)。
 なんか、ルークさんのギターの弦が切れちゃったっぽいトラブルがあったんですよね(確認出来ませんでしたが、曲の後で「くそっ」と言って、「ダメだ、切り替えよう、切り替えが必要だ…俺には(会場笑)」というMCがあったので、多分弦じゃないかと)。で、ギターを取り替えてからしっとり系の曲のコーナーに入ったんですが、その後の長MCの最中に切れた弦を張り替えていたのではないかと推測(後でそのギターまた出て来たんで)。なので、雷電さんとマッキーのMCがかなり長くて、しかもマッキーはかなりわけのわからない話&すぐ大声を出す、という壊れっぷり(笑)。いやー楽しかったです。

 アンコールの最後の最後には、次の日が雷電さんの誕生日ということでケーキが。
 会場全員でハッピーバースデー(CANTAの曲じゃなく一般の奴ね)を歌い、雷電さんがローソクの火を吹き消すと、一口食べる間もなくルークさんがギターをかき鳴らして雷電さんをせかし、無理矢理またドラムセットに戻し(笑)、どかどかとまた叩き始めた時に恒例の風船が…浜松の時には顔の絵が描いてあった風船には「お 誕 生 日 お め で と う」の文字が書かれていました(笑)。



 とりあえず軽くと言いつつ結構書いてしまった…。4月の10周年には名古屋でもやるとのこと。楽しみです。

 一緒に参加してくれたcore2foodさん、どうもありがとうございました&お疲れさまでした!
posted by SeireiK at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

3Dミサ行って来た

 聖飢魔IIの3D映像ミサ最終日夜の部(Zepp Nagoya)に行って参りました。
 当日まで行くか行かないかひたすら迷い、前日までは、いや当日の朝起きた段階では八分くらいの心持ちで「行かない」つもりだったのですが、起きてしばらくしたら体調もさほど悪くなかったし、ツイッターのTL(タイムライン)を読んでいたら段々と「やっぱり行こうかなー」という気持ちに。
 もちろん当日急にガラッと気が変わったというわけでもなく迷ってはいたわけで、特に他の会場へ行った方、小唄さん うさとさん 楓さんの意見(曰く「立体的だった」「手がアップになるのがよかった」「音がよかった」)は大いに参考にさせて頂きました。更に、ほとんどの人が「迷っているなら行った方が」「行かない後悔より行って後悔」とおっしゃり(笑)、結局前日のうしおさん、当日の美麗さんの後押しが決め手となりました。この場を借りてお礼をば。ありがとうございました。更に更に、ネットでちょっと調べてみたらどうも市販のDVDの映像とは微妙に違うところもあるらしい、というのも後押し要因でした。

 ミサの前にうっきさんに会って軽くお茶でも、ということになったので予定より一時間早い電車に乗ったはず…だったのですが、快速電車のスピードをかいかぶりすぎていたため名古屋に着いた時点で既に待ち合わせ予定時刻の4時。更に待ち合わせ場所の「ナナちゃん」の場所がわからずなかなか会う事が出来ませんでしたが、8年来(くらい?)のお付き合いのあるうっきさんとどうにかこうにかお会いし、旧交を温めた(と言うのか?)…まではよかったのですが話が弾みすぎてやや予定時刻をオーバーしてしまい、更にあおなみ線のホームについた瞬間列車が出てしまい、5時半開場6時開演なのに結局現場に着いたのは5時50分頃。焦りました。

 ここで声を大にして言いたい!やいゼップ名古屋!「ささしまライブ」駅から全然徒歩1分じゃないぞ!もっとあるだろ!道あってるのかすげー不安だったぞ!!!
 (HP確認したら5分って書いてありました…)

 進行方向に白い顔(メイク信者)が見えて来た時はホントほっとしましたです。

 会場に着けば誰かが「チケット買いませんか〜」って言ってるだろうと思いきやそんな人はだぁれもいなかったのですが(ダフ屋すらいなかった)、当日券余裕でゲット出来ました。しかも一階G列23番の表記に「へ?」と拍子抜け。
 入って見ると、ガラガラという程ではないにせよ空席が結構目立つ。と言っても私の前後の空席はおそらく、腕をあげたり等暴れたい人が後ろの立ち見席の方にあえて行ったせいではないかと推測。
 それと、見ている最中に隣の席に来た女性の方がいたんですが、気がついたらその人がいなくなっていて、この方も後ろの方に行ったんではなかろうかと。普通のミサと違って3D映像を見るだけだから前の方の席ってあまり有り難くないんですよね(首が疲れる)。
 二階席は、チケット売ってたのかそれとも最初から空席にするつもりだったのか不明ですが、完全に空っぽでした。昼夜二回上演でしかも映像ミサなので一回の上演につきそのくらいの客の入りでさほど不思議は無かったのかもしれませんが、日曜日かつ全国行脚の最終日ですし、なんか「聖飢魔IIの人気なんてこんなもん」と言われてるようで寂しかったですね(苦笑)。

 で、肝心の3Dですが…

 まず、紙の3D眼鏡が小さい!というか、柄の部分が短いというのか、かけてみるとまつげやまぶたが思いっきりレンズに当たる…。かなりかけ心地が悪くてみづらかったです。因みに私は裸眼だと右0.1以下左0.6〜7で両目で見ると0.8くらいという不思議な視力(いわゆるガチャ目)なので普段は眼鏡ってかけないんですけど、眼鏡の上に3Dメガネは私には多分無理だったのではなかろうか。

 ミサ開始直後の「3DLive!」みたいな字が飛び出して「おお!」と思ったら、その後はあれれ…あまり飛び出さない…う〜んこんなもん?

 そのうちやや「奥行き」を感じられるように。そうか、飛び出しを意識するより奥に空間があるように意識して見ればいいんだ、と気づいてその後は割と楽しめていたのですが…

 先に書いたように、事前にちょっとネットで感想を読んできたんですが、この映像、全部が全部3Dになっているのではなく12月11日の分とかは普通の映像なんですね。それがわかっていたのでリンゴのMCとか、参謀が黒いシースルーの服着てる時なんかはメガネをズラして裸眼で見て、画面がぼやけた瞬間(3D映像の時)にさっとメガネをかけなおす。そうこうしているうちに段々気づいて来ました。あぁ、これ結局3Dカメラで撮影した部分以外は全部普通の映像なんだな、と。裸眼で見ていると、映像の部分部分でぼやけた映像(3D映像)があり、それ以外は通常の映像。なるほどこりゃ目が疲れるはずだ。
しかし、そうやって見ていたら更に恐ろしい事に気がついてしまいました。

「これ、普通の映像を裸眼で見てる時の方がむしろ奥行き感じね?」

 どうやら今までの「奥行き感じ」は私の勘違いだった模様。

 それを思いっきり実感したのが「害獣達の墓場」のワンシーン。
 なんか、目の前を黒い蝶みたいなのがうわーーーっと飛んでる…なんじゃこれ!

 客の振り上げてる手が飛び出して映ってたんです。
 「うおお、こんなに飛び出して見えるのか。とすると今までは、あまりちゃんと見れてなかったってことかいな?」
 そう、先に書いたとおり私はガチャ目。あのほら、交差法とか言う奴で写真が立体的に見えるとかって奴、以前流行ったでしょ(聖飢魔IIの信者倶楽部の会報にも載ってましたよね、RXっていう文字が飛び出して見えるのが)。あれが私すっごい苦手でして。多分右と左の視力差が激しいから苦手なんじゃないのかなと思っているんですが、きっと私は

 「3Dメガネだけだと立体を感じづらい」

んです、おそらく。「害獣達の墓場」までそれに気づかず。あぁもったいなや。
 ま、これまた先に書いたとおり、普通のメガネの上に3Dメガネをかけるのは(私の顔のサイズでは)ちょっと無理っぽかったんですが、そうしていればもっと立体で見えていたんじゃないかなーと思います。次に行かれる方は参考までに…って、もう次はねぇよ(爆)。
 気づいてからは意識的に3Dに見えるように視点をずらしたりとか工夫しながら見るようにしたのでそこそこ立体っぽく見えるようになりました。そこそこでしたけど。
 っていうか、一生懸命ピントをあわせようとして「お、よし立体っぽく見えて来た…」と思うとすぐカメラが切り替わってしまうので難しかったですね。

 その他について。
 基本的には売っているDVDと変わりないのですが、事前に見ていたにもかかわらずジェイル大橋代官のMCにはちょっとうるっときちゃいましたね。あと、最後に去って行くシーンで階段に向かうジェイルに対する拍手と歓声を聞いて、あぁこれきっと嬉しかっただろうなーと思って更にうるっ。

 音は…確かにライブ通りの音でしたが、う〜む。ライブの時は大抵そうなんですが、ハイが上がりすぎていて耳に痛い音でした。そこまで再現しなくてもいいのに(苦笑)。でっかいスピーカーで音鳴らすとどうしてもそうなるのかなぁ。とはいえ、去年実際のミサに行った時は5列目の席だったのが災いして見事にベースの音しか聞こえなかったので、それよりはよかったです(笑)。

 一部と二部の間のMCはゼノン和尚(こと、いぇ〜いのおじさん)でした。
 ただ、スピーカーのせいか、和尚の声に聞こえず、最初は松崎様が和尚のマネをしているのかと思ってしまいました。その違和感のせいで集中できなくて何を喋っていたのかよく覚えていません(涙)。まぁいつもどおりまるで無意味な事を羅列して「いえぇ〜い」って言ってただけな気がしますが(爆)。

 総括。
 大体予想していた通りでした。
 特に「予想以上に良かった」でもなく、「やっぱり酷かった」でもなく、音はこんなもんだろうな、3Dって大体こんな感じだろうな、という。
 4300円+ドリンク代500円の価値があったかどうかと言われると、個人的には3000円くらいかな〜っていう気もしますが、まぁチャリティーですからね今回は。被災地に回るんだから良しとしましょう。
 DVD持っている人にはイマイチ物足りないかな、他の要素が少なすぎるかな、という辺りも全く予想通りで、だからこそ直前まで行くのを迷っていたわけですが、

 「もし30周年にイベントが何も無かったら、コンサート会場にたむろしているメイク信者の群れを見る事ももう無いし、聖飢魔IIの楽曲を爆音で聞く機会ももう無いのだな」

 と考え、「これが最後になるかも。じゃあやっぱり行っておこう」と。

 ひものさんにお会いすることが出来なくて残念でしたが、フォロワーさんに会う機会は多分まだありますし、うっきさんにも会えたし、メイク信者の群れ(群れって程いなかったけど)を見て、爆音で曲を聴けたので、最終的な「行ってよかった度」は予想していたよりはかなり高いものになりました。

 それはそうと23日のCANTA、どうしようかなぁ…。


 追記。Zeppってドリンクと一緒にストラップまでくれるんですねぇ。ちょいと親切。あと、寄せ書きパネルってのを見逃しちゃいましたです。


魔暦12年12月12日 -Inter Continental Black Mass:TOKYO FINAL- [DVD]魔暦12年12月12日 -Inter Continental Black Mass:TOKYO FINAL- [DVD]

エイベックス・マーケティング 2011-04-13
売り上げランキング : 3259

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






posted by SeireiK at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

大蝋人形祭り、開催!

 遠く離れた皆さんと一緒にスタジオ入ってワイワイやりたい!
 そんな思いをネットで繋げるこの企画
 蝋人形の館'99に合わせて皆でギターを弾き、録音したものをミックスして
 セッション気分を味わいましょう!

 Key及びテンポは「蝋人形の館'99」に合わせて下さい。
 ただし、バージョンやパートは全くの自由。
 「WORST版のエースパートしか弾けない!」という方でも大丈夫。
 ソロが弾けない方はソロだけ弾かなくてもオッケー。
 アドリブで変なフレーズを要所要所に入れたってオッケー。
 ギターでベースパート弾いたってオッケー!
 アコースティックギターで参加してもオッケー!
 一人でエースパートルークパート両方で参加してもオッケー!
 ソロ別録りしたってオッケー!
 ただしソロに関しては今回はジェイルバージョンは無しで(笑)。
 初級者から長年経験者(上級者とは言わない)まで集まって一斉に同じ曲を弾く面白さと、演奏ぐちゃぐちゃになるグダグダさを楽しもう!という企画なので基本的に何でもアリです。ソロがよれてようがバッキング間違えてようが混ざっちゃえばわからねーもんねー、うっははー!というノリが大事!


 …という趣旨のもと、ツイッターのフォロワーさん達と「大蝋人形祭り」と称して大人数(総勢6人8パート+ドラム)で「蝋人形の館」を弾いてみました。

 ソロは一回目が私、二回目がのっちさん、三回目が四人で(笑)。

 出来るだけ大音量(ヘッドフォン推奨)で、カオスな世界をお楽しみください(笑)。



posted by SeireiK at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

不思議な感慨(ICBM・ファイナル)

魔暦12年12月12日 -Inter Continental Black Mass:TOKYO FINAL- [DVD]魔暦12年12月12日 -Inter Continental Black Mass:TOKYO FINAL- [DVD]

エイベックス・マーケティング 2011-04-13
売り上げランキング : 421

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 言わずと知れた、ICBMツアー・ファイナルのDVD。4曲目の「1999 SECRET OBJECT」で「クレイジーロード!」をコーラスするジェイル代官の姿を見てなんだか不思議な感覚に捕われてしまった。

 知ってる人には言うまでもない話だけれど、この曲はジェイルが聖飢魔IIを脱退した直後に出た小教典(シングル)。ジェイルが抜けて、ルーク篁が加入し、そのルークが作った曲がデビュー四曲目のシングル曲となった。言ってみれば、この曲はジェイルが抜けなければ存在しえなかったとも言える曲。その曲をこうしてジェイルがステージ上手でコーラスしている…なんとも不思議な気分。

 もちろんジェイル脱退後に出来た曲全てにこうしたことは言える訳だけれど、そして今までにも「この曲をジェイルが弾くなんて思わなかったよなぁ」という曲はあったし、そうした感慨に浸ることもあったのだけれど、ジェイル脱退直後に出たこの「1999〜」をジェイルが弾いているのを見たらあらためてなんだかとっても不思議な不思議な気分になってしまった。

 世の中、本当に思いもよらないことが起こるものである。
posted by SeireiK at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

いまだに…

 聖飢魔IIのDVD & CDを買うかどうかで悩み中。3月後半と夏に出る奴は買うことを決定してるんだけど、あとの二枚をどうするか。Amazonで試聴すると音いいんだよなぁこれがまた。
posted by SeireiK at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

聖飢魔II楽曲略称大全・その2

 さて、では続きです。


<超上級(タイトルの一部だけを抜き出したり連想から略したり…)>

・ノーヒント版


宴会
中野


美化
九厘
あ〜ん♪
あう、ん♪
好いと♪
あかん…
むおうっ!
テトリス
アクリス
チーム
オワタ




・ヒント有り

九(漢字じゃなくて…)
宴会(訳してます。略としてはちょっと反則かな)
中野(これもかなり反則)
紅(連想ゲーム)
猫(分かる人にはすぐ分かる)
美化
九厘(きゅうりと読まないで)
あ〜ん♪(音符は関係ありません)
あう、ん♪(上に同じ)(阿吽)
好いと♪(上に同じ)
あかん…
むおうっ!
テトリス(真面目に考えないで!ちゃんと略してません)
アクリス(これは簡単)
チーム(正しく発音しましょう)
オワタ(これもちゃんと略してません)


<激難(普通の人にはまずわからない。でもここまで来た人なら勘で…)>

遺産
愚図
ダンス


禁句
二つ
羽生


<爆難(わかるわけがない。消去法で行けばなんとか…?)>

真希(まき)
千沙(ちさ)

上級までの答えはコチラ↓
posted by SeireiK at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

聖飢魔II楽曲略称大全・その1

 事の発端は昨夜のツイッター。FM浦和の聖飢魔II特番を聞いている最中に私が発した「ヘビメタデッド」という言葉に馬鹿ウケしてくれた方がおりまして、それならばと悪ノリして色々な曲の略称を考えてみました。我こそはと思う聖飢魔IIマニアの方、この略称が何の曲だかわかりますか?

 問題は二夜に渡って出題(数が多すぎるので)。今日の問題の解答は明日発表(明日の問題の「続きを読む」に)。初級から徐々に難しくなって行きます(全80問)。ではどうぞ!

<初級(極めてオーソドックスに略したもの。ただし面白みは薄い)>

ヘビメタデッド

メッフ
二十曲
モザイズ
チャンバラ
シクレ

ジャッパー
ファイター


<中級(まだ割と普通に略してるのでわかるはず)>

あくーす
いつ待ち
デパ知多

サイオバ
バニラ
ジャミゴ
5で
通草/木通/山女(あけび)
デイト
背痛め
狂乱
人魚
江戸
示談
手話
給食
黒い津
西武
専念
スティーブ

<上級(略し方の基本はまだ外してないのでよく考えればわかる)>

アクロク
ライト
スキャナ
ペック
文具
揶揄で(やゆで)
ジイシ
ジイニ
ジリー
グログロ
苦汁(ニガリ)
ROM
非ROM
桁場
呼吸
神殿
聖堂
電磁
盆手
風紋
風呂
やめる
擬人
専務
posted by SeireiK at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

歌声公開ちう

 久しぶり(数年ぶり)にカラオケ行きまして、どうせ行くならと歌声を録って来ました。ニコニコ動画で公開中です(要ニコニコ動画アカウント)。我ながらひどい声ですが、私の声を聞いてみたいという奇特な方がおられましたらぜひどうぞ。

 因みに現在お一方から、「まる子のお父さんみたい」というコメントを頂いております。はじめて言われたよそんなこと…。別の人からは「イケメン声」だという嬉しい感想も頂戴したんですけどね…。
posted by SeireiK at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

遂に発見!

 horigoodさんのツイートで知りましたが、「あおげば尊し」の原曲がついに見つかったそうです!


 「あおげば尊し」原曲の楽譜発見 19世紀米国の歌


 いやぁ、見つけた人はホント執念だなー。
posted by SeireiK at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

題名の無い音楽会(29日の分)

 ゲーム音楽特集+ゲストがすぎやま&植松御大ということでワクテカしながら見ました。お二方が絡んだトークはなかったのが残念でした(カットされただけで会場では何かしらの会話があったのかもしれませんが)。
posted by SeireiK at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

THE・自己満足

 ニコニコ動画やYouTubeにコピー音源をアップロードするのは著作権的にOKらしいと知ったので、以前MySoundで公開していた聖飢魔IIの曲を三つニコニコ動画にアップしました。昔からここを読んでくださっている方々からは「もういいよ…アップするならせめて新しい曲にしろよ」という声が聞こえて来そうですが(汗)。ニコニコアカウントをお持ちの方はどしどしコメントよろしくねん♪(出来るだけ甘口でお願いします)

http://www.nicovideo.jp/user/18182374/video
posted by SeireiK at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

ようやくゲット!

悪魔RELATIVITY(DVD付)【初回限定盤】悪魔RELATIVITY(DVD付)【初回限定盤】
聖飢魔II

HPQ 2010-07-28
売り上げランキング : 208

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 やっと届きました。お盆+土日挟んだせいかアマゾンが発送遅かった〜。しかも以前よりちょっとだけ値上がりしやがったっ!

 それはまぁそれとして、現在猛烈な勢いで視聴中。やっぱりDVD付きにしといてよかったです。大画面+クリアな映像で細かいところまで見ると、既にWebで何度も見たPVでも新たな発見がありまくり。
posted by SeireiK at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

ACE不在の聖飢魔IIについて一家言

 本題に入る前に一言。前にも書いた気がするけど、いまだに「いっかごん」と読んでました(汗)。「いっかげん」なんですね。

 「悪魔RELATIVITY」注文しました。まだ聞いてません。聞く前にこういうことを書くのもどうかと思って控えていたんですが聞いてもこれから書くことは変わらないと思うので書こうという気力のあるうちに認(したた)めておくことにします。

 ACE清水長官不在の聖飢魔IIという形態に関してそれをネガティブに捉えたり批判するのは懐が狭い、「新しい聖飢魔II」を認める度量が無い、というのはわかります。エース長官と異なるジェイル代官のバッキングプレイ(伴奏)を私は「それはそれこれはこれ」として充分楽しんでいますし、新曲に関しては「解散したバンドが今更何曲も新しい曲作るなよ…あんなに綺麗に解散したのにケジメが無いぞ」と思いつつもやはりそれはそれとして楽しむ気ではいます。

 ただ、エースが作曲した曲のギターソロに関しては、一切弄って欲しくなかったというのが偽らざる心境です。「STAINLESS NIGHT」のギターソロは代官が弾いているらしいのですが、それがたとえどんなに素晴らしい出来映えの、半端無い仕事っぷりの極上のギターソロであっても、やはりそこはエースのギターソロを完コピして欲しかったと思います。『We ROCK』誌及び『Young Guitar』誌のインタビューも拝読しましたが、代官は長官のパートを完コピすることを「ノスタルジックな(後ろ向きな)行為」と捉えているようで、新生聖飢魔IIと自分の新たなチャレンジを聞いてもらいたいと思っているようです。「エースのソロを完コピすることにどれだけの意味があるのかと思ったし、自分はそういうギタリストでもないから」というようなことを『Young Guitar』誌でおっしゃっておられますが、いやいやいや、そこにはちゃんと意味があるんです!!!

 私はジェイル代官の弾いた「蝋人形の館」のギターソロに関しては大絶賛致しました。それはこの曲がダミアン浜田殿下作曲の曲だからです。デビュー時に既に構成員ではなかったダミアン殿下の曲であれば、エースがエースなりのギターソロを弾いても、その後ジェイルがジェイルなりのソロを弾いてもある意味許されるといっていいでしょう。しかし、エースがきっちりギターソロまで作り込んで譜面に起こした曲に関しては、それを弄るのはどうかと思うのです。ギターソロは単なる間奏の一部と捉えることもできますが、変え得べからざる楽曲の重要な一部という考え方もまたあります。ベートーベーンやモーツアルトの曲を、現代の演奏家が「新しいチャレンジだ」と言って一部を変えて弾いたりするでしょうか?(クライズラーカンパニーの「交響曲第五BURN」のように全般に渡ってアレンジしてしまうのはまた別の話です。アレは素晴らしい) 一般的に考えてそれは作曲者に対する冒涜ですし、現代の演奏家がベートーベンやモーツアルトの曲を譜面通りに演奏したってそれは「ノスタルジックな懐古的行為」ではありません。昔の演奏家、指揮者とは別の魅せ方や表現方法が、たとえ同じ譜面を弾いていてもそこにはあります。仮にジェイル代官やルーク参謀がエース長官のギターソロを完コピしていたとしたら、そこには音色やピッキングニュアンスや音符のレガート具合やらスタッカート具合、全体のグルーヴ等でやはりエースのソロとは違った趣のソロになっていたはずです(実際「蝋人形の館」ではギターソロ導入部は全く同じですがニュアンスは長官とかなり異なっています)。私は全く新しいソロよりもむしろそこをこそ楽しみたかった。それは決して後ろ向きなことではないはずです。

 ハードロックとクラシックを同列に語ることに抵抗がある人もいるかもしれません。私も、エース清水が「典型的なハードロックギタリスト」だったら、彼がアドリブプレイを得意とするようなプレイスタイルのギタリストだったらそれほど文句は言いません。しかし彼は徹底的にギターソロを作り込むタイプです。純粋に譜面だけで見ても非常に面白いコードやスケールアプローチを多様する(というかそこに心血を注ぐ)方です。そういった方の作ったギターソロを「違うプレイヤーが弾くから」と言って全く違うものにしてしまうのはやはり残念だと思うのです。

 更に、ジェイル代官が聖飢魔IIを脱退した時のことを考えてみましょう。代わって加入したルーク参謀は、きちんとジェイル代官のソロを完コピしていました。…まぁ、「秘密の花園」なんかでは割と崩して自分なりのソロを弾いていたりしてましたが、「アダムの林檎」や「FIRE AFTER FIRE」等の超代表曲では基本的に完コピの姿勢を崩しませんでした。そうして大切に楽曲のギターソロを参謀が守ってくれたからこそ、ジェイル代官が昔の曲で今も同じソロを弾いているのを聞いても我々は違和感無く楽しむ事が出来るのです。同様に、エースの曲のソロは「唯一無二の変えざるもの」としてジェイル代官とルーク参謀にしっかり守ってもらいたかった。「この曲はこういう曲です、こういったコード進行で、ソロのメロディはこうです」としっかりパッケージングして、新規信者や海外のリスナーに示してもらいたかった。それが果たして懐古主義でしょうか? 新たなチャレンジの無い行為でしょうか? 自分たちの(ルーク参謀やジェイル代官作曲の)曲は、当時の趣そのままにパッケージングされており、ギターソロもそのままです。しかし私達は(少なくとも私は)そこに新たな息吹を感じ、懐古趣味に陥る事無く楽しむことができています。

 繰り返しますが、ダミアン殿下やデーモン閣下等長官以外の構成員が作曲した曲で、長官がソロを弾いていたものに関してはいくら弄っても構わないというのが私の見解です。しかし、エースが楽曲とソロを両方手がけたものに関しては、弄ってよいのはせいぜいバッキングのみであり、ソロまでは弄ってはならない、そしてソロを完コピするのは決して後ろ向きな行為ではないし、無意味なことでもない、と声を大にして言いたいのです。どんなにジェイル代官の作った新ソロが素晴らしい出来であったとしても、エースのソロを凌ぐようなものであったとしても、この気持ちは変わることはありません。


#ルーク参謀が作曲した「ONI(鬼)」に関しては?
 ルーク参謀作曲の「ONI」のギターソロを今回ジェイル代官が弾いているわけですが、これに関しては私の中では許容範囲です。まず、ルーク参謀御本悪魔の許可が完全に得られているということが一つ。更に、「ONI」のソロは一応「決めソロ」ではあるものの、練り込んで作ったというよりはアドリブプレイ的な側面が強いソロです(この頃参謀はインプロヴィゼーション的アプローチに傾倒していた時期ですし、ミサでもソロを結構崩して弾いていました)。こういったソロなら他の方が別のソロを弾いてもあまり気にならないのですが、エースの場合「ハードロックギターのソロ」というより、どんな楽器に置き換えて演奏しても成り立つ「譜面的ソロ」なのでそこを変えられてしまうとどうしても違和感、抵抗感を覚えてしまいます。
posted by SeireiK at 22:06| Comment(19) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

We ROCK!!!

 本日発売っ!!!


We ROCK (ウィ・ロック) 2010年 09月号 [雑誌]
We ROCK (ウィ・ロック) 2010年 09月号 [雑誌]

サウンド・デザイナー 2010-08-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 実はロッキンfがなくなっていたことを全然知らなかった…(爆)。
posted by SeireiK at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

どっぷり

 ニコ動の聖飢魔II動画・音源に見入ってしまった…。っていうか元ネタほぼ全部持ってるんだけど(爆)、コメント付いてるとやっぱり面白い。
posted by SeireiK at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

ひさびさ!(某なつかCMの声で)

 HEY HEY HEYに超久々に聖飢魔II出演。久しぶりに松っちゃん×閣下や参謀の絡みが楽しめるかと思ったんですが、現在松ちゃん休業中…残念。まぁそのかわりにある意味文字通りの「絡み」が見れましたけど…(苦笑)。アレにアレしちゃうなんて全くもって流石すぎる参謀。


posted by SeireiK at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

28日の分

 悪魔リラティビティ、出ましたね。iTunes Storeでは1999シークレットオブジェクトがよく売れてる模様。特典DVD付きにするべきかいまだに迷う…。

悪魔RELATIVITY(DVD付)【初回限定盤】悪魔RELATIVITY(DVD付)【初回限定盤】
聖飢魔II

HPQ 2010-07-28
売り上げランキング : 41

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by SeireiK at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

もうすぐ

 でもないな、あと数時間でドイツ・スペイン戦ですが、それより何よりJapan Expoの動画がじゃんじゃん上がってる模様。試合までの間全曲堪能出来る勢い。




 因みにセットリストはダラスのものに「ONI」が加わっただけみたい。
posted by SeireiK at 01:58| Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5日の分

 Japan Expoの動画が早くもYoutubeに上げられています。ライブがあった次の日にはその模様が見れる、しかもパリで行われたライブが。もの凄い時代だ。

posted by SeireiK at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

アメリカミサ

 いよいよ明日の朝10時頃(?)、アメリカで聖飢魔IIのミサですね。どっかの誰かがUStream配信してくれないかなぁ…。


<追記>
 正確には聖飢魔IIの出番は12時半過ぎでした。
posted by SeireiK at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする