2009年10月10日

次回予告

 いや〜昨日(一昨日の晩)の台風は凄まじかったですね。爪痕だらけ。コンテナやトラックがばんばん横転したというのによくまぁウチのBSアンテナ無事だったなぁ…。


 でもって、エルガイム製作が目下絶賛加熱中なところだった当ブログですが、いとおかしのPOPEEさんより大変有り難いトラックバックを頂いてしまったので、放置が半ば確定していたはずの(爆)翻訳作業の方にちょっと本腰入れることにします。次回の分までは既にやってあるので少なくともあと一曲は確実にアップできます。あまりにもカッコ良く仕上がったのでマスカレードすっ飛ばしてこっち先にアップしようかと思ったくらいです。

 次回

 『BRAND NEW SONG』

 をお楽しみにっ!
posted by SeireiK at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

2日の分

 My sound が年内(11月末日だったかな?)で終了するそうです…。
 おおっぴらに(合法的に)既成曲を公開出来る場所だったのに残念です。終了までにあと一曲くらい何かアップしましょうかねぇ…。
posted by SeireiK at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

遅ればせながら注文

悪魔 NATIVITY ”SONGS OF THE SWORD”(初回限定盤)(DVD付)悪魔 NATIVITY ”SONGS OF THE SWORD”(初回限定盤)(DVD付)
聖飢魔II

エイベックス・エンタテインメント 2009-09-16
売り上げランキング : 68

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 いや、9月の中旬に出るというのは頭にあったんですが発売日ちゃんと覚えてなくて。日本での発売前でも、iTunes Storeで日本語以外の国を設定してやると試聴出来るというのは大概の人は知ってる(知らなくてもiTunesとiPodある程度使ってる人ならすぐ思いつく#)わけでして、それで既に聞いちゃってたんで「新録音の音がものごっつい気になる」という程でも無かったんでゲスよ(←誰だオマエ)。で、「あ〜、もう出てた」「お、なんか店で買うよりAmazon安くね?」「ん〜、代引きで確実に受け取れる(留守にしてない)日にちはっと…」とかなんとか考えてたらちょっと遅くなってしまいました。無理に急いで買わなくてもいいという気でいたんですけど、やはり「限定版」の言葉に弱いというか、逃すとコワイのでとりあえず。

 実際、「09年に新録音の聖飢魔IIが聞ける」ことよりも「iTunes Storeのラインナップに聖飢魔IIの曲が加わる」ことの感慨の方がデカかったりするワタクシなのですが、どうやらiTunes Storeの方で買えるのは通常版のみの模様。元々私は「円盤で買うのは限定の方にして、バージョン違い+新曲はiTSで買えばいいや」と思っていたんですが、よくよく考えるとそれだと新曲の歌詞がわからない可能性が…(うたまっぷとかから歌詞を探せるアプリは持ってますけど、聖飢魔IIの曲ってあんまり登録されてないし、歌詞機能が充実したらしい最新iTunesはウチのMac(に入ってるOS)では使えないし…)。

 とは言うものの、「買うのは限定、限定に入ってない(及びバージョン違いの)曲は個別にiTSで」っていう考えをする人は私以外にも多いだろうとふんでいたんですが、Amazonではむしろ通常版の方が在庫切れになってますね。「どっちかっていうと映像より新曲をちゃんとしたカタチ(円盤)で持っていたい(アニメなんてイラネ)」と考える人が多いのか…まぁ単に通常版の初回プレス数が限定版より少ないだけかもしれませんが、ちょっと意外。


 既に試聴(#2)した時点で書きたいこと(感想)は9割方頭の中にあるんですが、やっぱりちゃんと聞いてから書くことにします。
 (どうせ長くなるので気が向いたら書く、と予告だけして結局未定→そして放置へ、といういつものパターンになりそうですが…う〜ん、気がついたんですがウチのブログってそーいう意味ではやってること永野護の仕事っぷりと一緒やなぁ(爆)(←あの天才と一緒にするってのも相当乱暴な話ですが))


# そういうワタシは iPod 一個も持ってなかったりする。
#2 ↑Amazonからエイベックスの試聴ページに飛ぶと、最長45秒試聴できます(iTSは30秒)。
posted by SeireiK at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

16日の分

 レス・ポール氏死去。合掌。
posted by SeireiK at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

4日の分

 待ちきれずに試聴してしまいました…9月発布予定の聖飢魔IIの新譜。コレも長くなるのでまた後で。
posted by SeireiK at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

『死の舞踏』の符割

 以前ちらっと書きましたが、詳しく解説。

 まぁ後期の聖飢魔IIに詳しい方、ミサに足繁く通った方々には「ああアレね」って曲(フレーズ)なんですが、ご存じない方はコチラを↓。



 (このリフだけならただのリズム譜(符)だから著作権侵害には当たらないかと。確認してないけどKeyも多分違うし)

 パッと聞いただけでは凄く複雑そうに聞こえるこのリフ。もうね、大好きなんですよ、こういう休符を巧みに利用した、「実は簡単なんだけどやたら難しそうに聞こえるフレーズ」って(爆)。いや、ポリリズムでも変拍子でもなくただ4/4を刻んでいるだけなので実際かなり簡単なんですねコレ(スリップビート…に近いのかなぁ)。一度符割りを頭と体で覚えてしまえば何の苦もなく弾けるリフです。ただコレ、聖飢魔IIが解散するまではミサでしか聞けなかったインスト曲のリフでして、しかもこのリフに上乗せのメロがかぶってくるのでライブ会場で初見(ってか初聴)でパッと聞いてすぐ符割りを理解してその場で覚えるってのは至難の業だった、という…。因みに現在では、『メフィストフェレスの陰謀』のライブCDやDVDに「死の舞踏」として収められていますのでその気になればコピーは出来ますが、当時はその場で理解しようにも符割りを数えているだけで頭が混乱してきて、数えている間に曲が終わってしまう、という感じでした(会場だとエコーかかってるのでますますよくわからんし)。

 で、その符割りですが、↑の音源を作った時のGarageBandの画面を見れば一目瞭然↓。

butou.jpg

 もの凄く単純にいえば「3・4・6・6・3・3」で一巡するわけですがそれぞれの間に入る休符の数(長さ)が違ってくるので、ここはやはり音楽の授業っぽく四つに区切って「タタタン・タタタタ」とやるほうがよいでしょう(笑)。
 この最初の「タタタン・タタタタ」、つまり3+4の七がある意味キモですね。締めが3+3で最初と変化をつけてあるので、3+3から前に戻って3+4になる時にちょっと頭が混乱するんですね。で、混乱してる間に6・6と続いていってしまうので余計混乱する、と。

 「タタタん」「タタタタ」「んタタタ」「タタタん」
 「んタタタ」「タタタん」「タタタん」「タタタん」

 更に分かりやすいように「ん(休符)」はひらがなで表記(笑)。「6」の部分は要するに8拍の最初と最後が休符になっている「んタタタ」「タタタん」ですが、それが二回続くので6と6の間は休符が二つ入ります。ギターで弾く場合オルタネイトでちゃんと空ピッキング出来ないとリズムを乱しますので、オルタネイトが苦手な人にはやや難しいフレーズと言えるでしょう(ま、聖飢魔IIコピーしてるような人であればファイヤーアフターファイヤーのイントロフレーズとかやってるでしょうから、あれが弾けるなら楽勝です)。

 こういったフレーズは先にも述べたとおりパッと聞いた時にやたら難しそうに聞こえますが、マスターするのは割と楽なのでバンドでやると「バンドメンバーだけがそのカギを知っているちょっとしたマル秘フレーズ」っぽくなります(笑)。こーいうフレーズは一人で弾くより大人数でピタっと合わせてこそカッコ良く聞こえますからね。「なんか凄い難しそうだけどあいつら全員あれを理解して間違えずに弾いてるのかー、すげぇー」的な(笑)。コピバンではなくオリジナルバンドの場合そのまんまパクるのはアレですが、あれこれと休符を弄って自分たちなりのリズムパターンを作って、自分たちなりのコードやメロディーを被せれば非常にライブ映えするオリジナル曲になるのではと思います。
(アニメ/漫画の「けいおん!」でバンドに目覚めたそこのキミ、さぁチャレンジだっ!(笑))
続きを読む
posted by SeireiK at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

メシ抜きっすか

 昨日の話題を追記。
 まとめてくださってる方がいらっしゃったので詳しくはそちらをば。

 BUT, AGAIN 【特別編】AKUMA NATIVITY "SONGS OF THE SWORD"(7月27日追記)


 なんで公式サイトトップページのアニメ絵にACEらしき個体が存在しないのかと思ったら今回長官は不参加なのね…。しかもいつの間にかアメーバでブログやってるし。

 あ〜、しかし非常にACEらしいコメントですね(上記アメーバブログより)。
 このコメントを読む限りでは、おそらく来年(日本ではともかく)世界のどこかで再集結ミサをやる可能性がありそうですね。いくら「聖飢魔IIは片手間に出来るバンドではない」とはいっても、セルフカバーでスタジオ録音の音源を弾き直す程度のことであれば参加したはずですから、それを拒否したというのは(現時点ではわからないまでも)、海外ミサの「可能性」があるがゆえにのことだと思います。決まってから「いや、おれ行かない」ってことになるより初動段階で身を引いておいたんでしょう。

 個人的にはACE長官が、パテ清水(笑)がいない聖飢魔IIなんて聖飢魔IIとは言い難いのですが(パテ清水って書いて分かる人何人いるんだろう…まぁ分かる人だけうなずいてください)…。発布CDの曲目リストを見て「なんでここに「DEMON'S NIGHT」が入るのよ???(嬉しくも不可思議な悲鳴)」と思ったり、「サクラ散ってサクラ咲いて」とか入ってないのねぇ…と思ったんですが、ACE不参加、で全て納得。
 でもなー。ジェイル+ルークのツインギターでの聖飢魔IIってことになると、(曲リストを見ても明らかな通り)コテコテの、というか「ごくありきたりなヘビーメタル系ロックバンド」になってしまいますねぇ。あのお二方の組み合わせはあれはあれとして素晴らしいんですけど、う〜ん。
 例えて言うなら、トンカツ定食におけるカツと、カレーライスにおけるカレールウがお二方なんですね。カレーとカツが組合わさったカツカレーは大変美味なる食べ物ではあるんですが、トンカツ定食もカレーライスも「ご飯」抜きにはありえないわけで、今回の聖飢魔IIは言うなれば「カツカレーのご飯抜き」状態、という感じです、個人的には。

 とは言うものの新録音とアニメはやはり楽しみです。特にアニメは「世紀末戦士でえもん」が何のアナウンスも無くボツりましたから、10年経ってようやくかぁという感じです。静野孔文さんは「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」で演出協力もされている、アニメ界で有名な方らしいのでそっち方面からのアプローチも期待出来ますね。



 願わくば、ミサは海外だけで、国内での再集結はあえて「無し」がいいです。海外でのミサの模様をDVD化してくれればいいかなと。ACE不参加での聖飢魔IIが「聖飢魔II」として再集結して国内でミサをやることへの抵抗感だとか、今まで興味無かったくせに今更見たがる日本人に対して「あれだけのバンドが散々現役で活動してる時に見に行かなかったお前らが悪いんじゃい、ばーか」的な優越感とか(爆)、そういった複雑な思いが色々とありますんで…。この前の20周年を「最後のお祭り」にしたいといいますか。

 あ、あとそうだ。今回はエーベックスからの発布ということで、これでやっと

 聖飢魔IIの曲がiTSで(一曲から)購入出来ますよっ! 皆さん!

 聖飢魔IIみたいなバンドって「ちょっと興味はあるのでつまみ食いしてみたい」と思う人が多そうな気がするんですよ。一曲だけ欲しいって人とか。まぁそーなると、そーいう時にオススメしやすそうなACE作曲の名曲の数々がここに入らないのが更に悲しくなってくるんですけどね…。


AKUMA NATIVITY“SONGS OF THE SWORD”(初回限定盤)(DVD付)AKUMA NATIVITY“SONGS OF THE SWORD”(初回限定盤)(DVD付)
聖飢魔II

エイベックス・エンタテインメント 2009-09-16
売り上げランキング : 95

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



AKUMA NATIVITY“SONGS OF THE SWORD”AKUMA NATIVITY“SONGS OF THE SWORD”
聖飢魔II

エイベックス・エンタテインメント 2009-09-16
売り上げランキング : 429

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うぎゃ〜2(嬉しい方)

 今、前の記事を書く際に「BSでやってた閣下のコンサートって何県だっけ」ってことを確認しようと検索しててですね、Google経由で閣下のブログ見たんですよ。そしたら…

 聖飢魔II、地球征服10年目にして音源でのみ復活(新教典発布)!!! しかも国によってはもう既にiTSで発布済み!!!

 とのことです。


 これで世界中で売れまくってくれたら日本のマスコミ・音楽界もいかに聖飢魔IIがハイクオリティなバンドだったか思い知ろうというものですよ、くふふ。




 それはそうと閣下、iTMSはiTunesミュージックストアのことだと思うんですが、言葉の使い方を口うるさく言う貴方がこんなミスをなさってはいけませんですよ。今はiTS、ミュージックは取れてますよ…。
posted by SeireiK at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

snappiさんとこで拾ったネタその2(13日の分)

 (某R氏、見てるか〜い)


 「さらば髪の毛


 という記事タイトルを見て、脳裏に瞬時に浮かんだある曲のタイトル…。


 しかし、まさか本当にその曲のことが書かれているとは思いませんでした(笑)。しかも映像まで(!)。
 私が「昴」という曲のメロディと大体の歌詞(だって本当の歌詞じゃないもん)を覚えたのは、実はこれが最初でした…。原曲を知る前にこっちを聞いたんですね。えぇ、おかんが運転する車の中で。しかしまさか映像化までされていたとは。貴重なものを見せて頂きました(笑)。



 それにしても「雨やどり」ってバリエーション豊富な曲だよなぁ。

 ・雨やどり
 ・もう一つの雨やどり
 ・雨どりや
 ・雨昴

 まだ何かあったっけ…?
posted by SeireiK at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

2日の分

 久しぶりにじっくり聖飢魔IIを聴いてます。気になっていたリズム譜がやっと理解(耳コピ)できたのでGaragebandで打ち込んでみたり。

 …してた気が。
posted by SeireiK at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

そこが、さだまさし(みそ汁付き)

 (1日更新分)

 え〜、出るんだろうとは思ってましたが、おかんがシングル買ってきました。

私は犬になりたい¥490私は犬になりたい¥490
さだまさし さだまさし

ユーキャン 2009-04-29
売り上げランキング : 795

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 ちゃんと5分程度の歌になってるとこが凄い。
 ちゃんとさだっぽい歌になってるとこが凄い。
 ちゃんと「何故犬になりたいのか」それらしい理由があるのが凄い。

 そして何より…

 ちゃんとみそ汁がついてるのがエラい(笑)。

 こーいう遊びがあると、やっぱり音楽はデータ配信じゃなくてCD(というかメディア&パッケージ)で欲しくなるなと思いますね。


 因みに、「シングル盤」ということで「CM盤」とは違うということなのか、CMそのまんまの(「次に生まれるなら私は犬になりたい」という)歌詞が使われている箇所が実はなかったりします。ま、微妙に違うだけですが。
posted by SeireiK at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

買いましたっ!

 予告通り、「お台場の女/トモとスザンヌ」を買いました。発売日にCD店で買うなんて何年ぶりじゃろか…(CANTAですら発売日買いはしてなかったもんなぁ)

 ただですね…

odaiba1.jpg


 前々から思ってたんですが、両A面ってのはあからさまに嘘というか、角が立たないための方便ですよね…。↓

odaiba2.jpg

 帯の付け方その他、扱いがB面です。ちっ(怒った顔) 2バージョン作ってくれよ…まぁそれは無理だろうけど。仕方ないので…


odaiba3.jpg

 外袋を入れ替えて、気分だけでもA面にしました。中村アナ万歳。


 それはそうと同梱のDVD映像(もち「お台場の女」の方ですが)、やたら面白過ぎます。ってかどんな場所で歌わせんねん。気になる人はぜひ買いませう。
 
出会えてよかった/お台場の女(DVD付)出会えてよかった/お台場の女(DVD付)
トモとスザンヌ 部長と部下 カシアス島田

ポニーキャニオン 2009-05-20
売り上げランキング : 36

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




(まぁ、そのうち誰かがYoutubuにアップすると思いますが…)
posted by SeireiK at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

絶対買います(13日の分)

 お台場の女っ!

出会えてよかった/お台場の女(DVD付)出会えてよかった/お台場の女(DVD付)
トモとスザンヌ 部長と部下 カシアス島田

ポニーキャニオン 2009-05-20
売り上げランキング : 67

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

悲喜こもごも、と言いますが…

 ちょっと使い方間違ってる?かもしれませんがそこはそれ。まずは

 大橋隆志さんお誕生日おめでとうございます〜〜。




 同日に、忌野清志郎さんの告別式…。ご冥福をお祈り致します。
 告別式の映像見て思ったんですが、出棺の際一緒に映ってた(というか棺の上に乗せていた)あのギター、あれも燃やしてしまうのでしょうか…あれ、ギブソンのダブですよね…。
 「勿体ない」という言い方をしてしまうとあのギターが単に「いい音がする名器)だから」とか「金額的に高価だから」という意味が強くなってしまって語弊がなきにしもあらずなんですが、ギターやバイオリンのように木で出来ている楽器でかつ名器のものって、時代を越えて名演奏者に受け継がれていくところが素晴らしいと思うのですよ。清志郎さんは亡くなっても楽器は死なず次世代に受け継がれていく、というのが。今現存するストラディバリウスなんてみんなそうやって残ってきたもんでしょうし、だからこそ億の価値があるわけで。そう考えると凄く勿体ない気がします。清志郎さんの遺言だったりしたのなら仕方ありませんが、個人的にはあのギターは息子さんに受け継いでもらいたかったですね…。



 訃報と言えば、書き忘れておりましたがD&Dの創始者の一人であるデイビッド・アーンソン氏が先月亡くなられました。先月辺りからまたAD&Dがマイブームになってきたのも虫の知らせでしょうか。
 5月5日は母方の祖母の命日でもあります。
posted by SeireiK at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2日の分

 前の日にアップした曲、朝起きたらちょっと修正バージョン?のメロディが浮かんでた。また気が向いたら調整します…。
posted by SeireiK at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

夢で聞いた曲

 晩飯食べてすぐ寝ちゃったんですが、2時間くらい寝たら目が覚めちゃったんですね、さっき。で、夢の中で聞いた曲を起きてからも覚えていたんですよ、薄ぼんやりと(サビ?の部分だけですが)。夢の中で「超名曲」を聞いたり作ったりすることはマレにあるんですが、そういうのって起きるとキレイさっぱり忘れてるもんですよね?(少なくとも私はそうです) あと、せっかく覚えていても思い出してみるとたいしたメロディじゃなかったり。今日の奴は覚えているわりにそこそこいい感じのメロディだったのでこのまま忘れ去るには惜しいと思い、寝ぼけた頭でなんとか忘れないうちにと慌ててGarageBand使って、「だいたいこんな感じだったような…」と今まで打ち込んでました。所要時間1時間〜1時間半くらいですかね(←因みに出来上がったのは21秒の曲)。

 公開するかどうかは…不明(だってサビの一部だけなんだもん)。気が向いたらまたMy Soundの方にでもあげておきますが、あそこいちいち審査に時間かかるんだよなぁ。


<追記>
 書くだけ書いて公開しないのもアレなんでやっぱりアップだけしときます。多分2日くらいで消しちゃうのと思うので欲しいという珍しい方は右クリックでどうぞ。

 dream.mp3(503k)

 メロだけだと淋しいので適当にベースとドラムを入れてありますが、ドラムパターンは分かる人には分かる既成曲の元ネタがありますし、ベースは単音を延々刻んでるだけの超いい加減なモンです(←だってコード確認するのめんどくさかったんだもん。変なメロだし)。もうちょっとちゃんと作り込めばこれだけでもRPGのボス戦とかに使えそうではありますが…。

 何にせよ、ドラムとベースさえ鳴らしとけばなんとなく曲っぽく仕上がってしまうところがGarageBandの素晴らしいところであります。
posted by SeireiK at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

Bastard X'mas

 青春編と完結編。






 クリスマスに聴きたい曲ベスト1と言えばやはりこれでしょう。名曲です。
posted by SeireiK at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

なんと奇遇な

 香奈チャンのブログを見に行ったら、上の方に小さく「清春とデーモン小暮閣下!」なる文字が。いやー面白いっすね清春氏。
 上部に表示される芸能人ブログはランダムみたいで、偶然にも私が見た瞬間にこれが表示されたんですね。ラッキーでしたわーい(嬉しい顔)
posted by SeireiK at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

オリジナルは意外と野太い

 久々に早く(寝るつもりはなかったのに)寝てしまい、そして目が覚めてしまった…。

 で、起きたら何故か頭の中にとある演歌がエンドレスで流れていて、しかもAメロが思い出せない…。BメロもサビもわかっているのにAメロを思い出そうとすると『津軽海峡冬景色』を思い出してしまう。すっきりしないのでググって調べたら『氷雨』でした。あ〜、「飲ませてください」だったかぁ。


posted by SeireiK at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

追悼:樋口宗孝氏

 青林檎の方で相互リンクさせて頂いている、retro さんの Inside Out にて知りました。闘病生活に入られていたということさえ知らなかったのでビックリしました。

 今日の1曲 #46 - 追悼 樋口宗孝 -  12/01 (Mon)


 ラウドネスという名前に聞き覚えがある方なら言わずもがなですが、彼が日本音楽史上どういう方であったか、ラウドネスの生い立ちや変遷等、全て↑にてretroさんが簡潔にまとめてくださっていますのでぜひご一読(及びご視聴)を。


 私は、ラウドネスは(MASAKIと泰司が加入した時の)『LOUDNESS』一枚しか持っておらず(しかもその一枚をあまり好きになれなかったので)、正直特別に思い入れのあるバンドというわけではないのですが、それでも彼のドラミングは好きでした。ワンバスワンペダル派のドラマーって好きなんですよ。学生時代私の周り(というか先輩達)にはラウドネスで育ったラウドネス大好き人間もかなりおりました。私ですら今かなり動揺しているくらいですので直撃世代の方々のショックたるや相当だろうと思います…。心よりご冥福をお祈り致します。

LoudnessLoudness
Loudness

Wounded Bird 2005-08-02
売り上げランキング : 2411

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 01:16| Comment(0) | TrackBack(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする