2007年07月28日

流石に

 黒瞬着がカラカラにひからびとりました。この前予備買っといてよかった…。
posted by SeireiK at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

手首自作中

 写真は一回目の盛り削り時(アジアカップオーストラリア戦直後)に撮影のもの。もう既に3〜4回盛り削りしてますが、プラ棒とか真鍮パイプ使えばもっと精度が出たのにと今更ながら気がつく…。

tekubi.jpg
posted by SeireiK at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

買っちゃいました…

 MGシャアザク2.0を…

1/100 MG MS-06S シャア専用ザク Ver.2.01/100 MG MS-06S シャア専用ザク Ver.2.0

バンダイ 2007-05-27
売り上げランキング : 2496

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 これ以上在庫増やすのもなんだかなーと思ったんですが、余りにも「買っちゃえ買っちゃえ」という心の声がしつこかったのと、MGを買うと非売品のDVDくれるっていうんでつい。正直「ホントにそのDVD欲しいかぁ?」と自問自答もしましたけどね。

 「今買うんなら旬のゲルググだろー!」という声も聞こえてきますが、あれ微妙に高いし(苦笑)、やっぱり気分的に今はゲルよりザクな感じだったんで、なんとなく。あぁ流行の最先端を追えないワタシ。それはそうと、やっぱりDVDは…でした。あれで池田氏(シャアの声)が出演しててどうこうとかっていうのは正直詐欺だと思うぞ、うん。

 …で、仮組みに今までかかりました。四時間ちょっと。最近のガンプラはホント出来がよすぎてやぁねぇ。疲れ果てましたです。

 因みにこんなのも出てました↓。

BB戦士 No.300 劉備ガンダムBB戦士 No.300 劉備ガンダム

バンダイ 2007-06-17
売り上げランキング : 918

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ネタ的にかなり良さげだったんで思わず買ってしまおうかと思いましたが、横にあった張飛と関羽がですね、関羽ガンダムの方が見た目張飛っぽかったんですよ。イメージ的に。それが気になって結局買わず(変な理由…)。それはそうと、箱に「コミックボンボンで連載」とか書いてあったんですがボンボン12月で休刊なんだそうですよ。この漫画もあと数ヶ月ってことですか…。BB戦士はボンボンとの連動でなんぼ、っていう感じだった気がするのでせっかく300体突破したBB戦士が尻すぼみになりかねないのがちょっと心配ですね。


MG 1/100 MS-14S ゲルググMG 1/100 MS-14S ゲルググ

バンダイ 2007-07-22
売り上げランキング : 34

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

零戦制作記1 謎のパーツ

 先日よりタミヤの零戦を作り始めたわけですが、のっけから立ち止まってます。組立説明書の一番最初に出て来る二つのパーツ、説明書の絵が微妙すぎて縦に(角度をつけて)つけるのか横につけるのか斜めにするのかイマイチよくわかりません。因みに↓が一応接着してみたところ。

zero1.JPG

 HJの一戸氏の作例を確認したところ斜めにつけてあったのでまぁそこまではよしとしまして、しかしやっぱり実物の零戦だとどうなっているのか一応確認しようと思ったのが運のつきでありました。このパーツ、上の逆三角形の部分は「A.M.C(オートマチック・ミクスチャ・コントロール)」、日本名は「自動混合比制御装置」っちゅうものであることはわかったんですが、その下の四角い部分がよくわかりません。因みに拡大写真↓。

zero3.jpg

 なんせ小さいパーツな上に写りが悪くて見難いんですが、この四角い箱状のモノには赤丸で示したボタン風のディテールが入っています。しかしですね、先日買った本(下記参照)を見てもその他ネットで零戦のコックピット画像を探しまくって調べてみてもこんなパーツが載ってる写真全くないんですよ。この箱の横にくっついている物体(↓爪楊枝で示した部分)は一応照明灯であることはわかる&照明灯だけならいくつかの写真等でも確認できたんですが、この四角い自爆装置みたいなもんは一体なんなのさ?

zero2.JPG

 彩パパさんにもご足労をおかけして調べてもらったりしたんですが、やっぱりパパさん所有の資料にもこんなパーツ載ってない。ってことでせっかく接着したけど切り離してこのパーツはオミット決定。照明灯のモールドだけ生かすことにします。こんなことで何時間も無駄にするから一向に制作が進まないんだよな。





 何やらSeesaaの機能でアマゾンが使えるようになったので試してみました↑。でもこれを使うと自分のアカウントには対象にならないんだろうからなんだか微妙だなぁ。
posted by SeireiK at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

ノリにのって

 製作がガンガン進みました。



 …違うキットの仮組が(ダメじゃん)。
 でも大満足&満腹。これで「つい寄り道して仮組したくなるキット」はほとんど無くなったので明日からはガンガンシュペルターが進みそうです(ほんまかいな)。
posted by SeireiK at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

ってなわけで

 pin.JPG

 買ってきました。最初に行ったとこに無かったので恐怖のダイソーはしご。ただでさえどっちも遠いのに…。予備に0.9も買い、その他にもごちゃごちゃと。ホント、100円ショップは会計105円で済んだ試しがありません。

 でもって、現在とにかくひたすら足の補強をやっとります(え?まだ終わってなかったの?)。
posted by SeireiK at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

ショック…

 しこしこと、スポンジヤスリでバスター砲を磨いておりまする。疲れるのぉ。

 でもって、バスター砲に真鍮線補強をするために穴をあけていたら、愛用の1mmピンバイス(ダイソー)が折れてしまいました(涙)。取り出すのに一苦労。流石にこれがないと困るというほどよく使う径なので、また買いに行かねば…。うぅ、ダイソー遠いんだよなぁ。

 そういえば、ついに100円エポキシパテまで出たそうですね。恐るべしダイソー。
posted by SeireiK at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

んー

 相変わらず、自立バランスを保ちつつの関節固定作業に苦戦中。明日あたりまた写真でも。
posted by SeireiK at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

こらやばいなぁ

 ひたすら表面処理中という状態が続いておりまする。細かいパーツに取りかかり始めましたがバスター砲と左腕はまだ未処理、来週に塗装開始することすら難しいかも。予定では今月初めには完成してるはずだったんだけどなぁ…?
posted by SeireiK at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

ポーズ決め

 バスター砲をいかにかっこよくかまえさせ、しかもその状態で下半身の固定作業ができるか、という命題に四苦八苦中。様子を見ながら少しずつ軸打ちしてますが、取り返しがつかなくなるのは怖いので元に戻せるように考慮もしつつ、なおかつ元々可動キットだったものをポージング固定。なかなかに大変です…。

syu12.JPG

 それにしても、ミクロマン素体が何気にかなりいい仕事してくれます。
posted by SeireiK at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

ただいまの状況は

 こんな感じ。一見前回より後退している気がしますがそんなことはなく(笑)、今回はきっちり一次表面処理を終えた状態での仮組写真です(前回は湯口やバリがそのままで無理矢理組んだだけ)。

syu10.jpg

 やはりMH(モーターヘッド)は「すっく」と立つとサマになるというか、かっちょいいですね。むしろバカでかい頭や肩をつけない↑この状態の方がキマってる気が…。


syu11.jpg

 頭だけつけるとやはり妙にかっちょわるいな…。

 (C)TOYSPRESS
posted by SeireiK at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

シュペルター製作記(仮組編その1)

 さて、そろそろ製作記を開始しましょうか。製作開始じゃなくて製作記開始ってとこがそもそも全然リアルタイムじゃないっつーか(爆)せっかくのブログなのに。まぁある程度溜め込んでからガッと書くのがスタイルなので…。それにこの方が本来のWeblog的な意味にも近いのかな?とか思ってみたり。

 で、えっと、なんと初ガレキです。厳密に言うとインジェクション(プラスチック)モデルのガレージキットというものも存在しますのでそーいうのはちらっと仮組したこともあったり、コトブキヤのEVA零号機の内部骨格を仮組したりしたこともありますが、無発砲ポリウレタン製品のいわゆる「ガレージキット(レジンキャストモデル)」にちゃんとチャレンジするのはこれが初めてだったりします。お題は9年程前にボークスより発売されたシュペルター・ルン仕様。バスターランチャー付きで(たしか)定価23600円。当時の広告では全国限定300個というシロモノで(と言いながらその後かなり再販やら何やらしてたっぽいんですが)、発売してすぐ(たしか)ボークス吉祥寺店で買いました。私がストックしている模型の中で最も定価が高いのがこいつです(笑)。初ガレキがこんな大作キットで無謀じゃないのか自分。

 それまで固定モデルばかり出していたボークス社が心機一転可動モノに挑戦したM・M(メカニカル・ムーヴィング)モデルの記念すべき第一弾キットでございます。なんせ可動のノウハウがまだ確立してない時代のものということもあり、そもそもレジンキットで可動なんてさせるなよ的な部分ありまくりなキットなんですが(苦笑)、そこはまぁおいおい触れて行きます。かえすがえすも初ガレキがこんな大変なキットで大丈夫なのか自分。

 さぁ、早速製作開始です。本来ガレキは製作前に離型剤落としというかまず洗浄作業をするのですが、初心者のくせにあえて今回ちょっと冒険して先に仮組・成型処理から行うことにしました。理由はまた後ほど。

 インジェクション成型とは違うと言っても細かいパーツはこのように↓プラスチックモデルのようにランナーについてます。これを奇麗に切り出します(まぁ最初の仮組の段階では結構いい加減にやってますが)。

 syu2.jpg


 syu1.jpg

 で、大きいパーツは大抵こんな感じ↑で最初からランナーにはついておらず、湯口やバリ等を処理すればいいだけになってます。ただ…

  syu3.jpg

 写真↑でわかりますか? おもいっきりモールドの上にでかい湯口がついていて結構泣けます。

 で、ある程度パーツを切り出しながらポリキャップを仕込んで行きまず全体像を見るわけですが、ポリに差し込む関節部の軸にはこんな風に余計なでっぱりがついてます(これも写真↓でわかりづらい〜)。

syu4.jpg

 んーっと、軸である円柱を真上(円の方向)から見ると十文字にでっぱりがついてるわけです。Caminoというブラウザのアイコンっぽいというか。で、これをそのまま残した状態だとポリキャップには入らないんですね。これを削って軸をちゃんと円柱状にしてポリキャップにはめ込むわけですが、このでっぱりの削り具合いかんによって関節部の固さを調節するわけでして、きっちり削ると関節がスカスカになってしまうので匙加減が非常にシビアになってくるわけなんです。

 スカスカにならないようにちょっと固めに…と言うのは簡単ですが、中には「いくらなんでもこれじゃ軸そのものが折れるだろっ!」という貧弱な軸のとこもございまして…。

syu5.jpg

 ↑手首です。もう見ただけで「折れるなこれは…」と思いましたが案の定差し込んだだけで折れました。元々真鍮線等で補強するつもりでしたしとりあえず強度を確認する上であえてやってみたので別にいいんですが。っちゅーか関節はある程度(特に下半身は)可動を殺して固定で仕上げようかなとも思ってますし。

syu6.jpg

 ↑苦難を乗り越えてとりあえず下半身が立ったところ。

syu7.jpg

 ↑更に進めてほぼ全身がとりあえず立ったところ…なんですが、見ての通り超不安定です。この状態で膝がぷるぷるしてます(苦笑)。倒れる寸前の一瞬を激写、みたいなもんです。で、とりあえず全体像やら関節の強さ固さ(もろさ)等のチェックは出来たのでパーツの成型処理&本格仮組に入ります。パーツの処理に関しては写真撮って説明するのが面倒ですし(爆)、momoさんの「免許皆伝ブログ」で既に非常に分かりやすく解説されているのでぜひそちらの該当記事をご参照下さい。こーいう作業をちまちまとやっているわけです。

 で、成型作業に入った途端にいきなり酷い目に会いました。足からスタートしていったんですが、見て下さいこの足の裏↓。

syu9.jpg

 と言ってもわかりにくいですよね。実はこれ、本来は↓

 suji.jpg

 このようにモールドが入っていなければならないんです。もう片方のパーツではちゃんと入っているんです↓(見難いですけど)。

 suji2.jpg

 最初は「あれ〜、ここのとこモールド全く無いけど、原型師さん手抜きしたのかな〜? でもどうせ足の裏なんて見えんしなー」と思っていたのですがもう片方のパーツを確認して愕然…単に型を抜く時にモールドが埋まってしまっていただけみたいです。涙の掘り直し作業です。

 というわけで今日はこの辺で。現在は右足と股間、腰等の成型処理が終わっている段階です。先は長いなー。

#完成品の写真以外にはいらないのかもしれないけど一応。写真は全て(C)TOYSPRESS です。
posted by SeireiK at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

ばすたあらんちゃあ(シュペルター製作記序章2)

 の長さに圧倒されてます。アホみたいに長いです。76センチ。身近なものに置き換えると、こたつ机の端から端まであります。ギターのヘッド先端部からフロントピックアップの下くらいまであります。スターウォーズに出て来る光剣よかちょっと短いかな、くらい。つーか完成してもこれ全体像撮影出来なさげ。

syu8.jpg

 ↑根元だけでこのでかさ。
posted by SeireiK at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

シュペルター(ルン仕様バスターランチャー付き)製作開始

 ここ2年くらい「ファイブスター物語」熱がすっかり冷めきってしまい、FSSのガレキやらを処分し(オークションでうっぱらっ)ても多分もう何の後悔も無いんじゃないかというところまで来ていたので、とっとと売ることに決めたんでございますよ。で、その準備をしていてですね、パーツの欠品や破損はないか組立説明書とにらめっこしたり、オークションの説明文等を色々と考えているうちに急にやっぱり作りたくなってきてしまいましてですね、唐突に仮組を開始しちゃいました(あ、因みに今日のことじゃありません。2日くらい前からだったかなぁ?)。

 現在右半身の仮組は終了。あとは左腕と左足と左腰蓑とバスターランチャーとベイル(盾)くらいかな。色々と四苦八苦しとりますんで書くことは山のようにあり途中写真もそれなりに撮ってますが今日はもう面倒なのでこのくらいで。

 ルン仕様のシュペルター登場巻↓

ファイブスター物語 (8)
永野 護
ファイブスター物語 (8)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

グフカス進行具合

 頭はやっと納得いく改修が(ほぼ)終わり。基本的に素組みでさっくりのはずが、やはりちまちま弄っちゃいますです。これであとは、形状的にメドが立ってない部分は手首くらいかな。でも「あとは手を動かす(単純作業)だけ」という部分はまだまだたくさんあるのよねぇ…。
posted by SeireiK at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

うぅむ

 MGグフカスタムの製作もかなり進んで来たのでここらで制作記の方も進めねばと思い、中途半端にリニュして放置しているHPの方を再び弄り始めている。…のだが、HPの方を優先して制作記録をつけてしまうとせっかくのこのBlogがあまり意味をなさなくなるというか看板に偽りアリになってしまう気がしてなんだかなぁという気がしなくもない。毎日こまめにBlogに写真をアップしたりして記録をつけ、溜まったところで編集作業をするつもりだったのに、そもそも「写真を撮る」という行為そのものが「改修作業が終わったパーツがある程度溜まったところでまとめて撮る」というスタイルのために一向にBlogでの制作記が進まないのだなぁ、あはは…。結局二度手間にもなるし、やっぱBlogで制作記つけるのやめよかなぁ。うーん、ま、も少し考えてみましょか。

 それはそうと、ジオノグラフィのグフカスタムがもうすぐ発売なんですね。いや、ホント、マジで全く知りませんでした。ジオノ〜の発売に触発されてグフカスタムが作りたくなったわけではじぇんじぇん無く、もちろんジオノ版のスタイリングやデカールを参考にしたりするつもりもじぇんじぇん無いんですが(爆)、それにしても奇遇だなぁとちょっと驚いた次第。

 そーいえばジオノグラフィって、GFF(ガンダムフィックスフィギュレーション)のジオンモビルスーツ版という位置づけだと私は考えているんですが、GFFに比べると「カトキラインあんま好きじゃない」派の私でもジオノのリファインラインは結構好きだったりします。特にゲルググのボリューム感や頭部形状は私の理想像に結構近いし、彩色もGFFより丁寧で出来がいい気がするので、いつもお店で見かけるたびに「買っちゃおうかな」と思ってしまいます。まぁ結局買わないんですけどね…。

B0009UCB94ZEONOGRAPHY #3008 グフカスタム

バンダイ
売り上げランキング : 40
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



B0009UCB7GGUNDAM FIX FIGURATION #0026 RX-78 Ver.Ka

バンダイ
売り上げランキング : 53

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



B0007NOMO0GUNDAM FIX FIGURATION [ZEONOGRAPHY] #3006a ジョニー・ライデン専用ゲルググ

バンダイ
売り上げランキング : 626

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 02:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

MGグフカスタム制作記(序)

 えー、突如突然グフカスタムです。最近ちょっと欲しいなと思い始めたところへ3割引セールやってたんでついふらふらと。買ったのは先週でして実はもうかなり進んでいるのですが制作記つけるのがめんどっちーので(コラ)隠れてこそこそやってる状態になってました。HGUCゼータ完成直前だと言うのにこんなカトキくさいグフなんぞに手を出してどうするんだオイと思いつつ、気合いが入っているのでもうさくさくっと作っちゃうつもりです。続く

guhuc.jpg




B00030EU3KMG 1/100 GOUFCUSTOM (グフカスタム) MS-07B-3

バンダイ
売り上げランキング : 1,218
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by SeireiK at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

HGUC ゼータガンダム 制作記(1)

<前置き&頭部>

 さて、いよいよBlogにて制作記をつけて行くことにします。現在製作しているのはHGUCのゼータ。元々「HGUCゼータとHGUCハイザックを使って、『目覚め(第何話だったかは忘れた。ロザミィがティターンズに戻っちゃうあの回です)』のシーンのディオラマを作りたいと思って買っといたキットだったのですがディオラマへのモチベーションが停滞してしまいタンスの肥やしになっていました。で、この度「映画化記念」と「ガンプラ製作のリハビリ(最近ガンプラ離れが激しかったんで)」を兼ねて、押し入れから引っ張り出し、製作を開始したとこういう次第であります。

 まず一枚目の写真は頭部パーツ各種(成型後)。これだけじゃ何の事かさっぱりだと思いますので一応説明をば。

1.jpg


・ヘルメットと顔面を別パーツにして後ハメ可能に。
・ヘルメットの接着は、ダボ穴とピンに通常のセメント系を使用し接合面には瞬着を(乾燥時間の短縮)。
・その他、ヘルメットと顔面はスジをしっかり入れ直したりほお当てを削り込んだり。
・口元をシャープに削り込み。
・アンテナ両端は一度アルテコパテを盛った後パテが無くなるくらいに削ってシャープに。
・アンテナ真ん中のクワガタ状の部分は薄く処理。
・額の赤いパーツの面(エッジ)出し。
・黄色い襟部分も削りこんでシャープに。


 ざっとこんな感じでおます。因みに使用した紙ヤスリは3Mの320番がメインで荒削り用に240番、(とりあえずの)仕上げ用に400番。くみ上げるとこんな↓感じに。

2.jpg

3.jpg

 う〜ん。やっぱりこれだけアップに撮ると肉眼では気づかなかったアラがちまちまと(汗)。右のほほ当てがイマイチゆるいですね。アンテナの先も微妙に変な気がするし。後で修正しとこっと。

(二枚目三枚目の写真は「iPhoto4」にて色調補正をかけてあります)


HG UNIVERSAL CENTURY 1/144 ゼータガンダム MSZ-006
(Amazonへ)
posted by SeireiK at 00:43| Comment(0) | TrackBack(2) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする