2008年06月29日

ローゼンメイデン

 今更ですが新装版一巻を買ってみました。実はワタシこの漫画については「麻生閣下が空港で読んでいた(と言われている)」ってことくらいしか知らなくてですね、つい最近(1〜2ヶ月くらい前)まで「ゴスロリファッションな女の子がわんさか出て来るコテコテな少女漫画」っていう勝手な認識(ホントに勝手だな)しか無かったんですよ。それがつい最近になってやっと「お人形さんたち(しかも自分で考え行動する)がわんさか出て来るお話」だと知りましてですね、お、こりゃ面白そうだぞと。それで興味を惹かれるという時点でなんだか人間としてヤバイ気も致しますが(汗)。

 で、ウィキペディアなんぞで調べたりして「現在ヤンジャン(だっけ)で月一連載中」とか、新装版が集英社から出てるだとか知りまして、買ってみたわけなんですが…


 レジに持って行く直前まで値段見間違えていたことに気がついてませんでした…。ふらふら


 後ろちらっと見たら定価450円くらいに見えたんで「おぉ意外と安いじゃん」と思ってホクホクだったんですよ(オバカ)。まぁ数百円の違いくらいケチケチしなさんなってとこですが、最近コミック一冊を700円以上も出して買う事に妙な抵抗感が出来てしまったのと、「安いと思ってたらそうじゃなかった」というがっかり感でプチ凹み。

 内容は……うん、確かにまぁ面白いですよ。ただウィキペディアで概略掴んでしまっていたせいで新鮮みが無くてそれほどのめり込めなかったのがちょっと残念(単に自分のせいなんですが)。個人的には、幻冬社版の方が安いと知っていれば(かつ本屋に置いてあったら)そっちを買っておけばよかったな、という感じですね。私には「二巻以降ずっと定価で買ってまで読みたい!」と思える程では無かったんで(ファンの人ごめんなさい)、古本屋に出回るのを静かに待ちますです。

 そういえば『凉宮ハルヒの憂鬱』も古本屋でちょっと立ち読みしてみたんですが、「面白そうだな」とは思いつつ「今すぐ手に取ってレジにダッシュ!」という程にはイマイチ興味をそそられなかったのでスルー。まだまだ真のオタクへの道は険しいですな(いや、無理になろうとしなくてもいいから…)。



Rozen Maiden 1 新装版 (1) (ヤングジャンプコミックス)Rozen Maiden 1 新装版 (1) (ヤングジャンプコミックス)
PEACH-PIT

集英社 2008-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

13日の分

 久しぶりにゲームやゲームブックのことなんぞを書くつもりでいたのだけれど…







 ちょっと横になって数年前にダイソーで買った「まいっちんぐマチコ先生」を読んでたらそのまま寝てしまいました…。



まいっちんぐマチコ先生ブラックボックスまいっちんぐマチコ先生ブラックボックス
えびはら 武司

青林堂 2006-07-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まいっちんぐマチコ先生 DVD-BOXまいっちんぐマチコ先生 DVD-BOX
吉田理保子 野沢雅子 つかせのりこ

バンダイビジュアル 2004-11-26
売り上げランキング : 20862

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by SeireiK at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

欲しい人募集

 以前「誰かファミマガ要りませんかぁ」って言っても全く音沙汰無しでしたので今回もアレな予感バリバリですが、一応。

 どなたか古い「月刊コンプティーク」要りませんか? クロちゃんのRPG千一夜(でしたっけ?)とか載ってたりしたあの頃の。リボンやら西田ひかるやらが表紙だったあの頃の(笑)。古いアイドルもしくは古いコンピュータゲームに興味ある方にはそこそこお宝です。因みに「ふ○○○ろ」はもちろん開いてます(笑)。残念ながら伝説の欄外ゲームブック「銀○○はXXXよ」が載ってた号はありませんが、それ以外の号が20冊くらいはあります。送料のみ頂ければ差し上げますので欲しい方連絡下さい。

 ここを定期的に見て頂いている方の中では、まぁEさんかJさんか某R氏か某En氏くらいしか興味が無いだろうと思いますが…(しかも興味はあっても要らなさそう)。
posted by SeireiK at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

ひたすら

 青空文庫で夢野久作の作品読んだり。ビバ!青空文庫。基本的にはやっぱり本は手に持って読みたいのでドグラ・マグラが(古本で)売ってたら買っちゃうと思いますが、入手しづらかったりなかなか読めない文献とかってのは(夢野久作に限らず)色々とありますから、著作権切れ作品がネットで読めるってのはホント有り難いですよ。
posted by SeireiK at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

ドグラ・マグラ読了(!)

 やりました!!! 青空文庫にてドグラ・マグラ完読!



 以下ネタバレっていうか内容に触れるので、未読の方でこの作品についての一切の予備知識を持ちたくない方は読まない方がよいかと。続きを読む
posted by SeireiK at 22:31| Comment(4) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11日の分

 ドグラ・マグラをひたすら読み進めてました。
posted by SeireiK at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

具体例(2日の分)

 一昨日の記事を書いた後「アホ毛とは」の検索結果をもう一度調べていたら「らき☆すた」という漫画の紹介記事に突き当たりまして…


 コミック紹介(らき☆すた)


 これは面白そうですね…。とりあえず一巻は買いだなぁ。

 
 なんだか図らずも一昨日書いた「オタク度」についてよくわかる話になってしまいました。アニメ・ゲーム系に強いオタクの方々(アキバ系って言えばいいんですかね)から言わせると多分「ぷっ、まだらき☆すた知らない奴いたのかよ」ってなもんなんでしょうけど、こういう知識にはとんと疎いんですワタシ(「ローゼンメイデン」と「なんとかハルヒの憂鬱」も名前だけはかろうじて知ってる程度)。でもそもそもそんなのに全く興味無い人からすれば「面白そうだからこれは買いだな」という時点で既にオタな人確定でしょうね。



らき☆すた (1) (単行本コミックス)らき☆すた (1) (単行本コミックス)
美水 かがみ

角川書店 2005-01-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by SeireiK at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

『あやかしの鼓』読了

 先日「あやかしの鼓」を読みました。

あやかしの鼓―夢野久作怪奇幻想傑作選 (角川ホラー文庫)あやかしの鼓―夢野久作怪奇幻想傑作選 (角川ホラー文庫)
夢野 久作

角川書店 1998-04
売り上げランキング : 293939

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




 えぇ、青空文庫で。

 面白かったのでつい勢いで、無謀にも青空文庫で『ドグラ・マグラ』に挑戦してます。流石に縦書きビューワーを使わないとツライですが、意外と読めるもんですね。


ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)
夢野 久作

角川書店 1976-10
売り上げランキング : 7364

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

欲しい本覚え書き

 忘れないうちに気になった江戸学本を。

図解江戸の暮らし事典 決定版―江戸時代の生活をイラストで解説 (歴史群像シリーズ)図解江戸の暮らし事典 決定版―江戸時代の生活をイラストで解説 (歴史群像シリーズ)

学習研究社 2007-07
売り上げランキング : 52577

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 本屋で正月に見つけて即買いしかけたんですが帯が破れてましてちっ(怒った顔)、そういうとこにこだわる私としてはちょっとなぁ、アマゾンででも買えばいいやと思って他のコーナーにいったら「大人の科学(テルミン)」を見つけちゃったんですね。
 …で、結局まだこの本買ってませんが(苦笑)、立ち読みした限りかなりいい感じでした。大学受験する大半の人(私立理系に的を絞ってたりしない限り)は古文の勉強をそこそこやりますから、そこで平安時代の風俗・習慣ってのはある程度知識として身に付くんですね。ずっと覚えてるかはともかく(苦笑)、御簾だの几帳だの長押だの通い婚だの朧げな世界観の把握・理解があるわけです。ところが江戸時代ってのは風俗・習慣をちょっと突っ込んで勉強する機会が無いんじゃないかな…ってよく考えたら日本史でやるのかな?(私は世界史しかやってないもんで、えぇ)
 まぁ、とにかく一般論ではなく個人的な話をしますとですね、江戸時代って小学生の時に「学研と科学」みたいなのの付録で「むかしのひとのくらし」とかなんかそういう類いのものを読んだっきりで理解に乏しいんですよ。半七捕物帳やなめくじ長屋シリーズでは作中で、例えば番屋ってのはああでこうで、とか岡っ引きってのはそもそもどういうもので、とか説明が入りますけどイマイチイメージが沸きにくいわけです。そんな私にまさにビンゴな、CGやらそれこそ「学研と科学」の付録にあったような挿絵やらがふんだんにあってこの本は実にいい感じ。江戸学としては多分かなり初心者向けな本なんだろうと思いますが、こーいうのが今の私にはツボ。

 続いて数日後に発見したのがこちら。

大江戸見聞録 (江戸文化歴史検定公式テキスト (初級編))大江戸見聞録 (江戸文化歴史検定公式テキスト (初級編))
江戸文化歴史検定協会

小学館 2006-06-23
売り上げランキング : 6929

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 これもかなりぐっと来た本なんですが…ただ、文字通りこれはまさに「江戸学」つまり「江戸(=今の東京)」に関する知識が身に付く本なんですね。私は江戸についてじゃなくて、江戸時代全般の風俗を知りたいのでこれは微妙にベクトルが違うかなぁと。ま、江戸時代について知るってことは江戸について知るってこととかなりかぶるんだろうと思いますんでいずれはこれも買ってじっくり読んでみたいですね。

 思えば元聖飢魔IIのACE清水長官が、都築道夫氏の小説がきっかけで江戸学にハマってしまったのはもう10年くらい前になるんでしょうか? その頃の私には何がそんなに面白いのかさっぱりわかりませんでしたが、私もやっと江戸(時代)の魅力がわかるトシになりましたですよ。


 あと、ついでにこれもメモ。

僕たちの好きな京極夏彦―全作品の「仕掛け」&「登場人物」を徹底解剖僕たちの好きな京極夏彦―全作品の「仕掛け」&「登場人物」を徹底解剖

宝島社 2003-08
売り上げランキング : 286783

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



僕たちの好きな京極夏彦 全小説徹底解析編(別冊宝島) (別冊宝島 1485 カルチャー&スポーツ)僕たちの好きな京極夏彦 全小説徹底解析編(別冊宝島) (別冊宝島 1485 カルチャー&スポーツ)

宝島社 2007-10-20
売り上げランキング : 25105

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 この本探してた時に「江戸の暮らし事典」を見つけて、でもってその後テルミンを、って順序だったんですな、思い返してみれば。
posted by SeireiK at 00:52| Comment(0) | TrackBack(2) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

しゃばけ見逃した…(24日の分)

 うっかり寝てしまい見逃しました…。

 実はまだ読んだ事ない「しゃばけ」シリーズ。そういうもんが出てるということは知っていて読もう読もうと思っていたんですがまさかTVドラマ化されるほど人気だとは知りませんでした。

 ちょっと立ち読みしたら(買えよ!)第二作目だか三作目の(文庫の)解説でどなたかが『なめくじ長屋』シリーズ(都築道夫)について言及されておられました。たまにこのブログでも取り上げてますが、ああいう(多分)マイナーな本が世間の目にもっとさらされるようになるとファンとしては嬉しいですね(ファンと言いつつこれもまだほとんど読んでなかったりして)。

しゃばけ (新潮文庫)しゃばけ (新潮文庫)
畠中 恵

新潮社 2004-03
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さかしま砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎさかしま砂絵―なめくじ長屋捕物さわぎ
都筑 道夫

光文社 1997-09
売り上げランキング : 1099198

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 02:10| Comment(5) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

『魔術師の帝国』リニューアル!!!

 私が愛して止まない、「一番好きな小説」だと豪語するリフトウォー・サーガがなんとリニューアル再販(と言えばいいのかな)されておりましたっ! 本屋の新刊コーナーの辺りをふらっと通り過ぎた瞬間ちらっと…「ん? い、いま背表紙に魔術師の帝国って文字が見えたような…」と引き返してよく見てみたらホントに『魔術師の帝国』だったんでそりゃもうビックリ。因みにリフトウォー・サーガの1に当たる「魔術師の帝国」はこれまで上下二冊だったんですが今回から三分冊になり、それぞれに新タイトルがついたようです。一巻が「魔術師の帝国」で二巻(名前忘れた)も横に並んでました。表紙も今風の絵(少女マンガチック)になり可愛くなってました。知る人ぞ知る「ふんどしパグ」の表紙から数えるとこれで三度目のリニューアルですね。中身は活字が大きくなった分三分冊になり、まぁよくあるパターンで、これまでのものを持ってる人からすると多少ぼったくり価格な感も否めませんが(苦笑)、あの名作が、本屋で新刊で手に入るというのは本当に嬉しいものです。私自身が買うかどうかはちょっと検討中ですが(汗)、やはりこの時代に新刊本として出版されたというのは意義深いと思うんですよ。それだけ多くの人の目に触れる機会が出来たわけですから。映画化されたりなんかするとちょっと複雑ではありますが、そこそこ売れて話題になるといいなー。

魔術師の帝国 (ハヤカワ文庫 FT フ 2-12 リフトウォー・サーガ 第 1部1) (ハヤカワ文庫 FT フ 2-12 リフトウォー・サーガ 第 1部1)魔術師の帝国 (ハヤカワ文庫 FT フ 2-12 リフトウォー・サーガ 第 1部1) (ハヤカワ文庫 FT フ 2-12 リフトウォー・サーガ 第 1部1)
レイモンド E.フィースト 岩原 明子

早川書房 2007-09-07
売り上げランキング : 42734

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


異世界の虜囚 (ハヤカワ文庫 FT フ 2-13 リフトウォー・サーガ 第 1部2)異世界の虜囚 (ハヤカワ文庫 FT フ 2-13 リフトウォー・サーガ 第 1部2)
レイモンド E.フィースト 岩原 明子

早川書房 2007-10
売り上げランキング : 6238

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by SeireiK at 01:38| Comment(2) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

『殺人鬼』読了

殺人鬼 (新潮文庫)殺人鬼 (新潮文庫)
綾辻 行人

新潮社 1996-01
売り上げランキング : 135051

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 これは面白かったです。一気に読み(読め)ました。これから読んでみようかなという人へいくつか注意点を兼ねた感想をば(でもあとがき読んだら実はかなり昔(ってか10年以上前!)に出版された本だったんで読んでる人はとっくに読んでそう…)。

 まず、スプラッター系がダメな人は絶対ダメです。京極夏彦の『魍魎の匣』程度のスプラッターぶりでもツライという方には絶対耐えられません。数年前に読んで今は記憶もおぼろげなんですが、『殺戮にいたる病』(我孫子武丸)もここまでドロドロではなかったかと思います。最初はこれ、要するにお決まり・お約束の(ともするとチープな)スプラッターホラー小説に綾辻行人節なトリックをミックスした話なんだなと思っていたんですが、いやはや、ちょっと綾辻氏を舐めてました。ホラー部分もむちゃくちゃしっかりしてます。恐怖を感じるかと言われると疑問ですが活字から顔を背けたくなる描写が多々。

 つまり言い換えますと、「お決まり・お約束の(しかも相当グロい)スプラッターホラー小説に綾辻行人節なトリックをミックスした話」であります。『殺戮〜』のように、「とにかくグロい描写を我慢して我慢して読み進んで行くと最後にあっと驚く展望が待っている」ということを期待して読んで行くわけですが、やっぱりそこら辺は綾辻氏、今まで読者が構築していた世界を最後にキッチリとひっくり返してくれます。

 今回悔しかったのは、そのトリックがわかりそうでやっぱりわからなかったこと。「一見ただのホラーとみせかけて何か仕掛けてあるんだろう」ってことはホラー部分がしっかりしていればしているほど、多分映像化できないような小説ならではの叙述トリックなんだろうなということは想像できるわけでして、この手のトリックは普段から綾辻さんの作品を読んでいる方(ってかそういう人は既にこの作品も読んでるに違いないんだけど)なら騙されないように意識して読むでしょうから見破れやすいはずなんですね。私は綾辻さんの作品はこれまでに三作(館シリーズの1〜3)しか読んでいませんが、それと上記の『殺戮〜」ですね、これである程度叙述トリックに対する免疫ができたというか、この四冊の中で最後に読んだ『水車館の殺人』では(あらかじめ気をつけて読むようにしたので)トリックを見破れるようにはなっていました。

 で、何が悔しいって今回「うわー完全にだまされたー」じゃなくて、そうやってトリックを予想しながら読んでいて「あぁ〜〜〜あとちょっとで気づいたのに〜」とか「いや、そうそう、そのあからさまなヒントには気づいたんだよ、おかしいと思ったんだよ」っていう、見破れてしかるべきだった、あとちょっとまで行っていたのにやっぱりわからなかった、っていうそれが非常に「してやられた」感じです。完敗なら清々しいんですけど、「どうしてそこまでわかっていながらオマエ(自分)はトリックが見破れんのだ」っていう情けなさ。ちょっとショック。『殺人鬼II』も合わせて購入したので次はがんばります(笑)。

 最後にこれから読む人にちょっとだけヒント。冒頭にも堂々と書かれていますから問題は(ネタバレでは)無いでしょう。「生き残るのは二人」です。それとこれも言っちゃっていいですかね。この作品は一応映像化しようと思えばできますね。一応ですが。…いや、トリック以前にグロ部分のせいで映像化は無理か?(苦笑)

殺人鬼〈2〉―逆襲篇 (新潮文庫)殺人鬼〈2〉―逆襲篇 (新潮文庫)
綾辻 行人

新潮社 1997-01
売り上げランキング : 140368

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


殺戮にいたる病 (講談社文庫)殺戮にいたる病 (講談社文庫)
我孫子 武丸

講談社 1996-11
売り上げランキング : 12897

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)
京極 夏彦

講談社 1999-09
売り上げランキング : 8354

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

最近読んだ本

蒲団・重右衛門の最後 (新潮文庫)蒲団・重右衛門の最後 (新潮文庫)
田山 花袋

新潮社 1952-03
売り上げランキング : 125991

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


こゝろ (角川文庫)こゝろ (角川文庫)
夏目 漱石

角川書店 2004-05
売り上げランキング : 73655

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


湖畔の人湖畔の人
源氏 鶏太

新潮社 1981-01
売り上げランキング : 1027017

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 『蒲団』は初読。今読めばどうってことない「悶々とするおっさんの苦悩」の表現なんでしょうけど発表当時は相当画期的というか赤裸々でぶっ飛んだ作品だったことでしょう。個人的に色々と昔を思い出させられることがあって(苦笑)何気にかなり面白く読めました(いや、蒲団フェチだとか実際蒲団にくるまって寝たとかそーいうことじゃないっすよ! 心理描写の表現とかでね)。『重右衛門の最後』はイマイチでした。因みに「じゅうえもん」って読むんですねコレ。ずっと「しげえもん」だと思ってました。

 『こころ』は相当久しぶり。内容はかなり忘れていたので面白かったです。しかも漱石作品の中でも群を抜いて読みやすいので一気に読んでしまいました。

 『湖畔の人』は本棚にあった母親(所有)の本。上記の作品に比べるとコレはほんとに単純な、男女の「好いた惚れた別れたくっついた」的な軽い内容なんですが読みやすくて面白かったです。三角四角、最後には五角関係?という感じになるんですがだからといって全然ドロドロしてなくて。ただ、なんか人物がやたら急に心変わりするようなところがあって(特に緒方)ちょっと腑に落ちない感じがありましたが、基本的に出て来る人(主要キャラ)がみんな「いい人」に書かれていて気分良く読めます(主要キャラでない性格の悪い人たちは作者によって完全に「こいつらは性格の悪い嫌な奴ら」という書かれ方をされているので非常にわかりやすくすっきり)。エンディングがまたいい感じでありました。ちょっとだけ予想外というか、「このまま終わりかと思ったら…」みたいな。
posted by SeireiK at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

おとなになる旅

おとなになる旅おとなになる旅
澤地 久枝

新潮社 1985-07
売り上げランキング : 926748

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 なぜか家の本棚にあったので読んでみたシリーズ。最初は姉の本かと思っていたんですがタイトルにうっすら覚えがあり、にもかかわらず自分の意思では絶対買わないような系統の本なので長い間謎の一冊でしたが、多分これ中学生の時の読書感想文用推薦図書か何かだったんじゃなかろうかと読んでて気がつきました。で、買ってざっと読んで感想書いておしまい、で、その後ずっと忘れてた、と(いや、本当にそうだったのかどうかは不明ですが)。

 そういえば昨日「点と線」について書いたんですが今日CM見てびっくり。映画?だかドラマ?だかやるんですね。全然知りませんでした。全くの偶然ですハイ。
posted by SeireiK at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

『点と線』読了(再読)

 松本清張の「点と線」、超久しぶりに再読。因みにじっくりではなくストーリーがわかる程度にざっと流し読み。十数年ぶりくらいかなぁ。実は「エース清水が子供の頃松本清張をガンガン読んでた」というだけの理由で真似して買った文庫本なのであります。


点と線点と線
松本 清張

新潮社 1971-05
売り上げランキング : 9943

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 こういう電車ものというか鉄道ダイヤを利用したトリックものってのは私はあまり好きじゃないので普段全く読まないんですが、やはり一世を風靡した作品だけあって今読んでもそれなりに面白いです(普段読まないからこそ面白いと感じるだけで読み慣れてる人には多分かなり古めかしいんだろうなぁとは思いますが)。
posted by SeireiK at 00:35| Comment(0) | TrackBack(1) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

グルグル

 ちょっと部屋掃除してたら「魔法陣グルグル」があったので、しばし読みふけってしまいました。懐かしい。精霊のギップルやモゲルがカワイイのですよねコレ。


魔法陣グルグル (1)魔法陣グルグル (1)
衛藤 ヒロユキ

エニックス 1993-08
売り上げランキング : 182859

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

『旧怪談(ふるいかいだん)』レビュー

 豊橋駅ビル(カルミア)の本屋(豊川堂)にて。なんと「邪魅の雫 大磯・平塚地域限定特装版」を発見。これ平塚地方でしか売ってないんじゃないの? なぜ豊橋に???と一瞬ビビり、かつ「プレミア付くかもしれないから買っとくか…」という邪念が沸きましたが(苦笑)、私は通常版の装丁の方が好きですし、結局そこは素通り。

 そしたら、入り口辺りの新刊コーナーに「旧怪談」と「前巷説百物語」が並んでおりまして、「へーこんなの出たんだ」と、つい「旧怪談」を衝動買いしてしまいました。この三作品の中では最も京極臭が薄いことは(前置きをちょっと立ち読みして)わかっていましたが(笑)、あえてこれを。

 この本に「京極夏彦」を(過剰に)期待してはいけません。これは基本的に『耳袋』であり、耳袋の全訳集であると考えた方がいいです。岩波文庫とか講談社学術文庫とか、あの類いの本の全訳を「京極夏彦が書いている」というイメージですね。逆に言えば「耳袋」に関心がある人(かつ京極好き)にとっては結構お買い得。原文が併記されています。私の場合、この「原文併記」が無ければ買ってませんでした。(追記:全訳と書きましたが「耳袋」全話が載っているわけではありません)
 また京極氏執筆部分は比較的活字サイズが大きく、わりとスカスカな印象を受けるのでそう行った意味でも「京極度」の薄い本と言えます。速読が出来ず、ごく一般人並(というか以下)の読書ペースしか持ち合わせていない私でも一日で読破出来た数少ない氏の本です(苦笑)。とはいえ、予想していたよりは意外にボリュームがありました。それと、文章や単語(注釈)がかなり平易に書かれています。小学校高学年であれば充分読めます。これも氏の作品にしては珍しい方かと(笑)。

 内容ですが、「耳袋」(ちょっと軽めの怪談や不思議な話)に興味があって氏の文体が好きな方なら満足できます。そうでないとちょっとツライです(爆)。構成は各話ごとに、「京極氏のつけたタイトル→本文→原文タイトル→原文」となっています。因みに私はあえてこの構成にケチをつけ、「原文→京極氏の訳(本文)→京極氏のつけたタイトル」という順序で読みました。原文のタイトルは原文を読んだ後だったり、京極氏の文を読んだ後だったりまちまちでしたが、要は「先に原文を読む」「タイトルを見てしまうと内容を想像してしまうので初読の楽しみを損ねないように手で隠しながら読む」ということです。原文は、センター試験レベルの古文を読める(ざっと読んで大意がわかる)人ならそれほど苦もなく読めますし、細かい意味や大意がわからなくても後で京極氏の書いた部分を読めばわからなかった部分もわかるわけなので、個人的にはこの順序で読むことをオススメします(というか私はこの順序で読んでよかったと思います)。えらそうに言ってますが、原文を読んで意味や内容が掴めなかった話が私にも相当あります(てへ)。
 原文を先に読むと、「この話あんまり怖くないよなぁ」「これ怪談じゃないよなぁ」という話に対して京極氏がどういう視点から題材を料理していくのかがわかったり、「あぁ、ここに着眼するとこれは怖い話になるのか」と気づかされたりします。そして最後にタイトルを読むことで、「う〜ん、こういうタイトルをつけたか、なるほど」と更に楽しめます。

 そういえば、「うぉ、これは怖い(原文は怖くないけど京極のこの料理の仕方は怖い)」と唸った話が一つあってそれをブログに書くつもりでいたんですが…どれだったか忘れました(爆)。

 最後に細かいことをもう一つ。原文では「〜の誰べえ」と名前が書かれているところを京極氏は全ての話においてばっさり「Aさん」「Uさん」などと表記しています。話によっては普通に名字を使って「誰それさん」とした方がすっきりしたのではないかと思われるところもあったので、そこはちょっとひっかかりました。多分統一性の方を重んじられたのだと思いますが。

(あと、欲を言えば「一冊読み終えた満足感」が薄いんですよね。徐々に盛り上がって行くとか最後の話が特別長くて満腹感があるとかそういうのがないので)
 


旧怪談旧怪談
京極 夏彦

メディアファクトリー 2007-07-03
売り上げランキング : 589

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



前巷説百物語前巷説百物語
京極 夏彦

角川書店 2007-04
売り上げランキング : 30537

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



邪魅の雫 大磯・平塚地域限定特装版邪魅の雫 大磯・平塚地域限定特装版
京極 夏彦

講談社 2006-09-27
売り上げランキング : 34807

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あら、Amazonでも買えるのねこれ…。じゃあプレミア度は薄いですね。
posted by SeireiK at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

ちびまるこちゃん

 が、四コマ漫画として今月から中日新聞で連載されるようになりました。わーい(嬉しい顔) 毎日まる子が読めるというのは何気にかなり嬉しいです。前連載のほのぼの君がかなりの長寿連載だったらしいので負けじと長く続いて欲しいなぁと思います。


ちびまる子ちゃん (1)ちびまる子ちゃん (1)
さくら ももこ

集英社 1987-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

「国家の品格」

 他人の趣味に関心を示さないO型一家の我が家では基本的に家族の本を読むことは(貧乏性の私以外)滅多に無いんですが、何故かこの本は最近我が家でちょっとブーム。面白かったので一気に読んでしまいました。序文の方にあった、「15世紀頃世界で統一国家を作っていたのは日本だけ」という部分には(江戸時代以前は群雄割拠じゃんということで)やや疑問がありましたが、それ以外の大部分では私の持論ともかなりかぶるところがあり、うむうむやはりそうだよなと深く頷きながら(心の中で喝采しながら)読みました。やっぱ英語よりまず国語(&読書)っすよ。「家庭の方針として課外授業(英会話等)をやるのはいいが、初等教育の一環として小学校のカリキュラムに英語(やPC)を入れるなんてことは絶対してはいけない」という意見には大賛成です(ただし私はそこまできっぱり言い切れません…せいぜい「しない方がいいっぽいみたい」的な程度ですが)。特にパソコンなんて学校で習っても、成人する頃にはOSだのシステムだの環境だのガラッと変わってそうですしねぇ…(もちろん家庭で「慣れ親しむ」のはおおいにアリだと思いますが…ってか小学生の時欲しかったもんなぁ、PC-6001マークII)。

 その他、私は経済にはとんと疎いんですが、カルヴィン(カルヴァン)主義からジョン・アダムス→ロック→独立宣言へと至る過程なんかが簡潔に説明されていて「なるほど、名前だけは知ってるマックス・ヴェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』にはそういうことが書いてあるのね〜」と感心しきり。

 それと、著者はとにかく「論理」とか「理詰め」、「合理的」であることの危うさ、不完全さを強調しているんですが、そういう著者の文章自体非常に論理的で小気味いい(笑)ために妙に説得力があってつい納得してしまうんですね。その辺のパラドックス加減が面白いと言えば面白いです。「論理は出発点が重要」というのは言われてみれば当たり前のことなんですが目から鱗でした。

 講演内容を文章化しているということもあり、非常に読みやすくてユーモアもあり、面白いです。日本をベタ褒めしている割に思想的に変な偏りも感じられず(少なくとも私には感じられませんでした)、「何故日本的なものの見方とか価値観が素晴らしいのか、今必要なのか」をそれこそちゃんと(強引なとこもあるけど)理詰めで丁寧に解説してくれているので好感が持てます。100%賛同するのもどうかと思いますが、ある程度冷静に(面白がって笑いながら)読めればかなり面白い、オススメの本です。

(Amazonのレビューに内容と全く関係ない従軍慰安婦のこととか書かれてますがそんな本じゃありませんので(笑)。ただし一点(星一つ)をつけている人の感想の中にはもっともなところもあります)

国家の品格国家の品格
藤原 正彦

新潮社 2005-11
売り上げランキング : 621

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ライオンと魔女」

(25日の分。内容としてはそれ以前だけどまぁいいや)

 G-Toolsが直ったみたいなので改めて。ふと思い立ってざっと読み返してしまいました。ストーリーとしては意外と単純なので結構覚えてるだろうと思っていたらやはりそこそこ忘れてました。それはそうとやっぱオモロイですね。願わくば小学生の時に読んでおきたかったなぁと思います。映画見てないんですが、本読んだら見たくなっちゃいました。

 しかし、ごろごろ八郎太ってのは凄い訳だな…

ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1)ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1)
C.S.ルイス 瀬田 貞二 C.S. Lewis

岩波書店 2000-06
売り上げランキング : 7246

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ナルニア国物語 VOL.1 第1章 ライオンと魔女ナルニア国物語 VOL.1 第1章 ライオンと魔女
リチャード・デンプシー C.S.ルイス マリリン・フォックス

ジェネオン エンタテインメント 2005-12-02
売り上げランキング : 43600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 4Disk エクステンデッド・エディション コレクターズ・ギフトセットナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 4Disk エクステンデッド・エディション コレクターズ・ギフトセット
ジョージー・ヘンリー C・S・ルイス アンドリュー・アダムソン

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-12-06
売り上げランキング : 27259

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




posted by SeireiK at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする