2008年12月22日

M-1 2008 雑感

 別にお笑いが嫌いなわけではないのに、三度のメシより好きという程好きなわけでもないため毎年気がつくといつの間にか終わっているM-1(今までで見たことがあったのはチュートリアルが優勝した時にほんのちょっとだけ)。で、毎年「優勝したのは誰それ」ってのを後から知って、後からコンビの名前を覚えているので(去年のサンドウィッチマンは完全にそう)今年こそは一度ちゃんと見てみたいと思ってました。

 結構自分の評価&好みと審査員の評価とで違うのが善くも悪くも面白かったですね(私は二組目より一組目の方が断然面白いと思った)。で、その審査に関してはhorigoodさんがちょっとした意義を唱えていますが、私は「その芸人さんたちを初めて見るような人達が審査する」のは大いにアリだと思ってます。あれは年に一度の「大会」であって、名前もK1をなぞらえたものでしょうし、格闘技に比するのはともかくとしてもスポーツの大会と同様に考えるのであれば、例えばオリンピック等ではどんなにそれまでの成績がよくてもその時その場で力を出せなかったら終わりですし、この年末の時期に自分たちのコンディションをピークに持っていけるかどうかとか、生放送のあの瞬間に発揮することが出来た力量そのもの「だけ」が評価の対象であるべき大会かなと(だからこそ実力だけでなく運やら様々な要因が無ければ得られないものとして、優勝が一つの特殊なステータスになり得るのでは、と)。

 で、私自身は「第一ステージと決勝の二回分を合わせて考えた結果」としては今回ナイツが一番よかったかなと思いましたが、決勝のネタ「だけ」で言えば、三組の中ではやはりNON-STYLEが頭一つ抜けていたように思いました。「圧勝」はちょっと言い過ぎかなと思いますが、PM8:40(くらい?)以後にネタを披露した三組の中で、あの時間以前のことは全部白紙にしてあの20分だけで評価を下すなら、確かにNON-STYLEはあの瞬間では一番光ってました。

 でもやっぱりナイツが私はよかったですね…。↑こういう判断基準じゃなくて前のネタも含めた上で考えてもいいのなら、安定感は彼らの方が上だった気がします。
posted by SeireiK at 21:56| Comment(4) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

ほおらやっぱり

 先週書いたとおり、あれはヤッターよこづなでしたねっ!!!

 因みに、クリスマスプレゼントだったといふブツはこいつ(まんだらけインフォメーションより)。思い出って美化されるもんだよな…。

 それにしてもほんのちょっとの出番でした…。勝利のポーズでワン・アンコウとのそろい踏みかと思いきやヨコヅナ出てこないし(号泣)。前作のデザインがほとんどリニューアルされていなかった(ように見えた)のは個人的には嬉しかったんですが、ここでほんのチラ見せで出す(しかもデザイン変更無し)というのは、今後の展開でヨコヅナはもう出てこない可能性が高い…??? ゾウも危ないかもなぁ。


 それはそうと、アイちゃんのご先祖様っぽい人(あおいさんでしたっけ?)、あの人とガンちゃんのご先祖様が結ばれてしまったら、あの人もガンちゃんのご先祖ってことになるわけですよね…。まぁ江戸時代から時代が下ればある程度血が薄まって遠い親戚状態になるのかもしれませんが家系図にはしっかり残りますわな。一番すっきりするのは彼女がガンちゃんのご先祖と結ばれない、というパターン。これならお互いのご先祖はご先祖だった、でいいわけです。もう一つの解決(というかすっきりするの)は、彼女は実はアイちゃんのご先祖でもなんでもなかった、というパターン。これなら彼女はガンちゃんのご先祖と結ばれても構わない。ガンちゃんに関しては「ガンちゃんのご先祖様」はほぼ間違いなくご先祖であると物語上語られているのに対し、結局アイちゃんの方は「なんとなくご先祖っぽいんだけど違うかなぁ〜?」というニュアンスに留まっていました。アイちゃんの方もご先祖認定してしまうと上記のように話がイマイチややこしくなってしまうのであえて名言を避けたのかもしれません。やるなスタッフ。
posted by SeireiK at 00:06| Comment(0) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

書き忘れる事自体が

 既に一つのネタになってる気がしなくもないですが、またしても昨日のネタです。ヤッターマンの放送が7:30からになったのは個人的に有り難く、久々に見ることが出来ました(最近テレビデオの調子が悪くてタイマー録画出来なくなっちゃいまして、ヤッタ―アンコウ登場回及び先週の特番は見逃してしまいました…)。で、昨日の回のことはともかく来週ですよ来週! 予告動画でちらっと映ってるのはあれはヤッターヨコヅナですよねっ!!! ヤッタ―ヨコヅナと言えば(以前にも書いたと思いますが)4歳くらいの時のクリスマスプレゼントでした。起きたら枕元に置いてある摩訶不思議。でもヤッタ―ヨコヅナってヤッターメカの中ではたしか最後の最後くらいに登場したメカなので、アンコウが出たばかりの今のアニメでは次に登場するメカであるはずがありません。いや、何も昔と同じ順番に出てこなくてはいけない決まりは無いんですけど、その辺はちゃんと順番を守りそうな気がするんですよ今作のスタッフさんたちは。オハナシとしては来週はタイムスリップネタらしいのでちょっとしたゲスト出演だと思うんですけど、いやー気になります。

 あ、因みに私ヨコヅナが動いている映像自体見たことないんですよ。ヤッターマンは再放送で見てたクチなので、再放送時にやってくれなかった回は見られなかったわけで。だからちょっと興奮ぎみなのです。
 そういえば再放送ではヤッターワンが壊れる前までの回が全国的にはよく流れていたらしいんですが、うちの地方ではヤッタ―キングになってからの回ばかり毎年のように放映されてましたので、ヤッターワンの活躍(昔の映像)もほとんど見たことなかったりします(つまりブル・ドジラ・パンダ・コパンダな回ばっかり見てたってことですな)。
posted by SeireiK at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月30日

うそうそ

 しゃばけシリーズ第二弾。前回の放送は「原作読んでからじゃないとなぁ」と思ってるうちに気がついたら放送終わってたという無様な見逃し方をしまして、今回は不服ながら原作未読状態での視聴となりました。いや、古本屋でももう見かけるようになってる作品なんだしとっとと読まない(買わない)私が悪いんですけど。あ〜この前見つけた時買っとけばよかった。

 でもって、作品はかなりよかったです。ホントは先に映像作品を見てしまうと、後で原作読む時に(自分の妄想を形作る前に)TVの映像が脳裏に浮かんでしまうのがイヤなんですが、それは既に書いたようにもう仕方ないこと。純粋に映像作品として楽しむことにしましたら、なかなかよかったです(なんだかさっきから同じことばっか書いてんなぁ)。妖怪が出て来る映像作品、という括りでいうと『妖怪大戦争』なんかよりこちらの方が好みでしたね。水木さん的な妖怪像よりもうちょっとライトな感じがするのがいいのかも。家鳴はチョ〜らぶりぃでした。

 あとは、何故だかやたら妖怪関係の作品に多く出ている宮迫氏、彼の屏風のぞきが良かったですねぇ。白塗りするとあそこまで浮世絵顔になるとはビックリ。

 そして真矢ねぇさんは相変わらず素晴らしい

 姫神チャン役の子は…ごめんなさいどうしても泉ピン子サンのミニチュア版に見えて仕方ありませんでした…。

 そんでもって、前回にも出てたのかは知りませんが早乙女太一サンの美しさには度肝を抜かれました。途中まで女性の方かと思ってましたですよ。いやー美人。あの、目の下側の輪郭がちょっと山型になってるところがもうたまらなく艶っ!って感じ。ちゃんと男の役もあって二役ってのもナイスだよなぁ。これまで歌舞伎の女形の人を見て「奇麗」とか「美しい」っていう感想を抱いたことはなかったんですけどね、単純に「白塗りしてる人」っていうだけで。彼にははじめて「奇麗だな」と思わされました。

 早乙女太一 OFFICIAL WEBSITE(音出ます)



うそうそ (新潮文庫 は 37-5) (新潮文庫)うそうそ (新潮文庫 は 37-5) (新潮文庫)
畠中 恵

新潮社 2008-11-27
売り上げランキング : 22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]妖怪大戦争 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]
神木隆之介, 宮迫博之, 高橋真唯, 岡村隆史, 三池崇史

角川エンタテインメント 2006-02-03
売り上げランキング : 24228

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

絹素肌…

 なんのCMなんだか忘れましたが、あるでしょほら、「ちゃ〜んときめきめ、さっとうるおう♪」とかいうやつ、女優さんがスペシウム光線みたいなポーズするヤツ。あれ、音だけ聞いて画面見て無いときど〜〜〜〜しても









 ギブス肌って聞こえるんですよね…。初めて見た(聞いた)時は「なんじゃそれ???」ってビックリしました。
posted by SeireiK at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

恐竜キング

 最近めっきり"にわか"恐竜マニアと化してしまっているワタクシ…。「古代王者 恐竜キング」なんていうアニメがやってたってのを知り公式サイトをちょっと見てみたら…




 やばい! 面白いじゃないですかココっ!



 残念ながら放送自体は今年の夏に終わってしまったみたいですが、このサイトは楽しいですなぁ。「恐竜博物館」で聞ける"泣き声"ってのは非常にうさんくさいですが(苦笑)、これだけ数多くの恐竜が50音順に並べられていてささっと閲覧できるデータベースというのは何気に大人向けのしっかりした恐竜サイトに引けを取らないどころかむしろ優っていると言ってもいいくらいよく出来てます。世界地図があるから地理の勉強にもなるし(笑)。

 で、何がやばいって「Webゲーム」。いや、ゲームとして特筆すべき程の面白いものは無いっちゃあ無いんですけどね、ついつい全部やってしまいました。一番つまらなそうな「ぬり絵」が何気によく出来ていて、「アニメーション」機能は結構びっくりしました。お絵描きBBS等のCGIにあるようなアニメーション機能って、自分が描いた絵の足跡(そくせき)というか軌跡?がアニメとして表示されるものなんですけど、ああいうのを想像して何気なくクリックしてみたら・・・(以下ネタバレにつき自粛。因みにビックリしたい方は「あそびかた」も見てはいけません)。
 
 まぁ、「アニメーション」って言えば普通こういうのを想像するのでしょうけどね(笑)、お絵描きBBSとかでなくて。
posted by SeireiK at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

SHINOBI(金曜ロードショー)

SHINOBISHINOBI
山田風太郎 平田研也

松竹ホームビデオ 2007-01-27
売り上げランキング : 14289

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 元々気になっていた作品でしたが、いやーすっげーよかったです。横山光輝センセーの『伊賀の影丸』で育った私にはこういうシリアスな忍者ものがドツボなんですよ。SHINOBIは言うまでもなく山田風太郎センセーの小説が原作なんですが、影丸のリアルな実写版を見ているような感じでした。「刀傷(かたなきず)では死なない(死ねない)」という椎名桔平氏の役どころはまさに影丸での「邪鬼」と同じキャラクターですし、それ以外にも忍者同士の対決(アクション)シーンは、影丸で培われた私の中の個人的な「忍者像」とバッチリかぶりまくり。影丸だとか、忍者が出て来る小説を読んでる時に私が脳内で妄想している映像の解像度をそのまま上げるとああいう感じの映像になるんですよ。「忍びってやっぱりこうだよな、うん」と、かなり満足できる作品でした。

 そりゃー細かい所は色々と文句もありましたけどね。血の演出がちょっと控えめかな…とか。体を刺されたらやっぱり口から一筋くらい血が垂れて欲しいなぁとか。ラスト間際での家康と仲間由紀恵嬢との対面シーンで仲間嬢の目から…ってところで、どうしてまたキレーに両目の端からアレがナニするのよっ、とか…。あと、やぐらが倒れるシーンが「あずみ」のシーンと妙にそっくりでした(オダギリジョー氏が両方に出てることもあってかなりデジャブ度高かったです)。

 沢尻エリカ嬢も初々しくて可愛かったですねー。妖艶な黒谷サンも素敵でした。
 ラストはちょっと予想出来ませんでしたね。歴史的に家光が三代将軍になっているのはわかっているので伊賀と甲賀のどちらが勝つかは最初からわかってしまうのですが、ああいう風に締めるとは。

 それはそうと、オダギリジョー氏(の役どころの忍者)の技って、あれは「動いているものが超スローモーションに見える」ということなんでしょうか…??? それらしい解説がなされなかった以上、あのスローモーション映像が単なる演出上の効果に過ぎないとは思えなかったんですが、違うかなぁ…。


原作愛蔵版 伊賀の影丸 第1巻 若葉城の秘密 (1) (KCデラックス)原作愛蔵版 伊賀の影丸 第1巻 若葉城の秘密 (1) (KCデラックス)
横山 光輝

講談社 2008-04-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



甲賀忍法帖 (角川文庫)甲賀忍法帖 (角川文庫)
山田 風太郎

角川書店 2002-12
売り上げランキング : 19369

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

かぶった(30日の分)

 どうしてこの日に限ってチャンピオンズに山卓氏が出るかなぁ。仕方ないのでチャンピオンズを録画してアンビリーバボーをリアルタイムで見ました。まぁ予想通り邪馬台国については全くといっていい程触れられてませんでしたね…。復刻される本を読め、もしくは映画見ろってことか。因みに本(まぼろしの邪馬台国)の方は以前古本屋で500円で買ったものがあります(帯付き&アンケートハガキ付きだっ!)。で、余談ですが買ってからしばらくしてその本屋潰れました…。老夫婦がひっそりとやってた本屋で、置いてある本とか(ブックオフとかに比べると)ばっちかったもんなぁ…。そういえば二見のホームズもそこに一冊あったんですがゲットしそこねた…。

 閑話休題。チャンピオンズの方は、いかんせん実作業時間が少な過ぎたせいで山卓さんの作品かなり雑でしたね。もともと「超絶に上手い」というヒトではないと思うんですが、いくらなんでもあの方の実力はあんなもんではないですよ。というかあのスピードであれだけのクオリティの、スカルピーによるフィギュア13体、という意味ではかなり超絶ですが、せめてあと3日くらいあげたかったですね。しかももうお一方の作品がデカイだけに前座的な扱いになってしまいました。残念。
 そのもうお一方は廃材利用のチャンピオンということで、何気に廃材とか結構好きな私としては、製作中に氏が話される廃材(コケとか汚れ)の魅力みたいなもんには著しく共感できたんですが作品自体には何かちょっと煮え切らない物足りなさがあった気がします。あれだけのものを廃材から作ったというのは素晴らしいんですけど、強烈にアイキャッチになる部分とか、更なるギミックとかあればよかったかなぁと。辛口すぎですかね…。ともあれあの学校(尻労と書いて"しつかり"でしたっけ? 奇面組にでも出てきそうな名前…)の在校生及び卒業生には生涯忘れ得ない素晴らしい贈り物になったと思います。


 なお、チャンピオンズがちょっと早く終わったのでアンビリーバボーのエンディングテーマは録画できました(笑)。


まぼろしの邪馬台国 (1967年)まぼろしの邪馬台国 (1967年)
宮崎 康平

講談社 1967
売り上げランキング : 6225

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



情景王―山田卓司作品集情景王―山田卓司作品集
山田 卓司

ホビージャパン 2000-04
売り上げランキング : 42020

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


OLD DAYS BUT GOOD DAYS 山田卓司作品集 昭和ノスタルジーの世界OLD DAYS BUT GOOD DAYS 山田卓司作品集 昭和ノスタルジーの世界
山田 卓司

ホビージャパン 2008-08-30
売り上げランキング : 26849

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


TVチャンピオン  テクニカル・スーパースターズプロモデラー王選手権 DVD-BOX(3枚組)TVチャンピオン テクニカル・スーパースターズプロモデラー王選手権 DVD-BOX(3枚組)
田中義剛, 松本明子, 山田卓司, 金子辰也

東宝 2008-07-25
売り上げランキング : 32093

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 DVDやっぱり出てました。



きらきらきらきら
CANTA MCU ルーク篁

VAP,INC(VAP)(D) 2008-09-26
売り上げランキング : 12577

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 他のアルバムと並べると、同じアーティストのアルバムとはとても思えないこのジャケット(笑)。しかもベスト…。
posted by SeireiK at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

業務連絡を兼ねた個人的メモ

 明日、アンビリーバボーで「まぼろしの邪馬台国」が取り上げられるみたいです(メインは多分宮崎康平氏と奥さんとの感動秘話か何かだと思われますが)。丁度CANTAのオルタナがタイアップ期間中だしこれは忘れんと録画しとかねば。
posted by SeireiK at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

チャンピオンズ(16日の分)

 TVチャンピオン終了について前回書きましたが、残念がっていたら似たような番組が…(笑)。これまでのTVチャンピオンの資産(笑)を使って人助けをしようという主旨ですが、初回三時間はちょっと無茶だったかと。ただでさえ毎週やるにはキツい(すぐネタ切れしそうな)企画だけに今後が心配です。

 内容はめちゃめちゃよかったです。あのガラパゴスの子供達はずっと日本人に対していいイメージを持ってくれることでしょう。そう思って感動。

 三つめの「富士宮やきそばに対抗する地元B級グルメを作る」という企画、最後にチャンピオンの方(名前忘れた。東京のラーメン屋のヒト)が、「○○さん(これまた名前忘れた。地元のレストランのヒト)が嫌な顔一つせず協力してくれたから」と地元の方を立てていたのに非常に感心しました。あれだけの味(料理)を創作し対決に勝ったのは、まぁ客観的にTVから得られる情報からのみ判断すれば、どう見ても全てチャンピオン一人の手柄といっていいくらいでした。でも手柄顔はしない。やはりチャンピオンになるような人は人格も違うなと思いました。
posted by SeireiK at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

12日の分

 アニメお宝映像とかなんとかっちゅうアニメ特番面白かったです。懐かしアニメ番組はどれも似たり寄ったりで最近あまり好きではなくて(フランダースの犬の最終回なんてああいうので何度も見せられたせいで全然泣けなくなってしまった)、もうちょっと変わった切り口の奴をやって欲しいと常々思っていたので楽しかったです。いきなりの鮎原(あれ、鮎川だっけ?)こずえの40代映像でヤラれました。「これはちょっと来てるぞ」と。
 妖怪人間ベムの続編が企画されていたのは知りませんでしたが、あの最終回で泣いたクチだけに無事に生きててくれたことに感激もひとしお。もちろん作品としては「人間を愛してやまない彼らが人間の手によって…」ってところに感動(悲劇)があるのですけど、それでも嬉しかったですね。

 さて、いつかトリビアの泉にでも送ろうかと思って忘れてるとっておきのアニメネタをワタクシ持ってまして、それが紹介されたらちょっとがっかりだなーと思ってたんですけど幸いそれは今回の中にはありませんでした。賞金10万かぁ…(トリビアでなくて)こっちに送ってみようかな(笑)。
posted by SeireiK at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

TVチャンピオン終了(18日の分)

 そういえば終わっちゃいましたねー。またしても晩飯後に寝てしまったので、新聞で「(終)」の字を見たってだけで番組自体は見ませんでしたが、なんだかちょっと感慨深いですなぁ。視聴率が伸び悩んでいたのか1時間半の枠が一時間になり、ネタも尽きてきてただろうから仕方なかったんでしょうけど。洋楽王選手権とかあれば面白かったのに。

 早くプロモデラー王選手権が第一回からまとめてDVD化されることを願います(されるだろうとは思う、うん)。越智サンのガンプラ初挑戦(確かマラサイだった)とか、第一回は今にして思うとかなり面白かったですな。
posted by SeireiK at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

しもうた

 今日SASUKEがあったのね…。
posted by SeireiK at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

うう〜ん

 アメリカ戦に負けた余韻を払い飛ばすべくチャンネルを回してたらなんか心霊系の番組(?)やってたのでそのまま見てました。近年稀に見るあまりの怖く無さにビックリというかむしろ笑ってみてましたが…。
 (あと、基本的に家人だの友人だのがらみの話の場合怖がるのは失礼な気がするのだが)

 気になったのが高橋恵子さんのお岩様の話。そもそもお岩様って貞女の鏡で、有名な怪談話の方は江戸時代に作られた歌舞伎なんかの演目の台本ですよね。なので、映画なんかを作る時には(お岩様を祀っている)神社にお参りしないと祟られるっていうアレは、「もともと普通の(っていうか貞女の)女性であるあたしをつかまえて勝手に化けもの扱いしやがって」っていうお岩様の怒りなんじゃないかと思ってるんですよ私は。だから、あの(世間で言うところのいわゆる)お岩様はそのまんま実在の人物である、という前提の元に話していた高橋さんの主張は本質的には共感できるもののちょっとズレてるんじゃないかなぁと。

 …番組見てなかった人にはよくわからん話だと思いますが悪しからず。
posted by SeireiK at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

20日の分

 あ、書いてなかった…。
 それにしても暑かったですね…。

 そういえば「鉄腕ダッシュ」でソーラーカーがこの辺通りました(先週と今週のON AIR上で)。豊橋の有名なもんなんて手筒花火くらいしか知らなかったんですが色々あるんですね。
posted by SeireiK at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

9日の分

 レッドカーペット見た後で寝てしまった…。それにしても中村アナは可愛いっすね(しかし一体全体どうして彼女はノースリーブ率が高いのか。いや大好物なんで一向に構わないんですが、9割9分ノースリーブ着ている気がする今日この頃)。
posted by SeireiK at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

絶対彼氏・最終回

 今更ですが一応最終回の感想をば。そういえば普通は「第○話」って言うのに最終回だけは何故か最終話とは言いませんねぇ。私が、ってだけじゃなくて一般的にそうなような(絶対彼氏における表示も「最終回」となってました、たしか)。

 以下ちょっとネタバレ。











 いやーそれにしても感動の最終回でしたね。まさかあんなドシリアスなラストになるとは。わかっていたら見てなかったかも(苦笑)というくらい、最初の方では予想もしてなかった展開と結末。やっぱロボットものはいいですねぇ。せつねぇなぁ、なけるなぁもうやだ〜(悲しい顔)


 以下更なるネタバレです。

 続きを読む
posted by SeireiK at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

絶対彼氏・10話

 いやー佳境になってまいりましたですね。基本的には予想通りの展開というか、そう簡単にパリ行きとはならないだろうと思いましたが、波切さん(ナミキリってこれで漢字あってるんだろうか?)がギリギリ間に合ったかと思わせておいて…というラストの展開にちょっと引き込まれましたですハイ。
posted by SeireiK at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

Qさま

 バレーだのサッカーだのここんとこあれこれとあったおかげでQさまをじっくり見るのもなんだか久しぶりでしたが、更に想定外のデーモン閣下出演。しかし調子いいのは最初だけでしたね…(いや、閣下の調子は悪くならなかったんですが他の出演者が…)。
posted by SeireiK at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

絶対彼氏(多分)九話

 バイト仲間がほぼ全員、日曜日にみんな揃って遊びに行く事など(シフト上)不可能だろうと相変わらず細かい突っ込みをしつつ見てたんですが、よく考えてみればあの店って(バーなんだから)昼は閉めてるっぽいな…じゃあいいのか。でもあの後誰かが店に行った様子も無いし…まぁそんなこといえば既に雇いすぎてたり全員使ってたりする日があるのもどうなのよって話になっちゃうけど、何にせよ店のシーンが多いせいで真矢ねぇさんの出番が多かったのが個人的に嬉しかったりして。

 さて、登場人物が次々淘汰され(苦笑)、いよいよ最終回に向けてストーリーも佳境に入って参りました。来週はまだ終わりじゃなさそうなので再来週あたりがラストでしょうか。
posted by SeireiK at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする