2015年05月10日

メガサイズガンダム & Ver.30th × 2(3)

 胸ダクトの製作・加工。

daikou6.jpg
 基本パチ組みでの受注なのですがせっかくの大型モデルなのでディテールのある部分を少しだけ、塗装や加工をすることにします。
 網目模様の部分にメタルカラー・アイアンの粉を擦り付けて銀塗装(画像向かって右↑)。これだと効果が今ひとつよくわかりませんが…


daikou7.jpg
 ダクトを付けてみると効果がよくわかります。


daikou8.jpg
 しかし肝心のダクト自体が厚くて中が見辛い! 1/144や1/100クラスのキットではうすうす処理が定番のこのダクトもあまり薄くしすぎると大型モデルの場合かえってリアリティが無くなるのでは、と思っていましたが、それでもやはりこの厚さはちょっと無いだろう、ということでやりすぎない程度に薄く削ぎました(向かって右)。


daikou9.jpg
 胴体(青)パーツに付けて効果を確認。



 顔の後ハメ。

daikou10.jpg
 メガサイズガンダムの顔を後ハメ加工する方法はネット上で色々出てきますが、今回は全塗装するわけではないのでそれらはあまり参考にせずに、フェイス部分のみ後からはめ込み出来るように加工しました。


daikou11.jpg
 しかしこの「フェイス部分のみ」というのが曲者で、裏側を丸々削り込むというかなり手間のかかる加工になりました。ヘルメットパーツを切り刻む従来のやり方の方がむしろ楽だった気がします…。




クレオス・Mr.メタルカラー No.216 ブロンズクレオス・Mr.メタルカラー No.216 ブロンズ

ジーエスアイ クレオス
売り上げランキング : 390434

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 代行製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

メガサイズガンダム & Ver.30th × 2(2)

 継ぎ目消しの事前準備、接着乾燥に一週間はかかるため、まずは簡単フィニッシュ仕上げで頼まれているメガサイズから作り始めます。
 

daikou4.jpg

 この足首の関節パーツ、これだけはどうしても後ハメが不可能(に思える)なパーツなので「接着・乾燥・継ぎ目消し・洗浄・部分塗装(銅)・部分塗装(エナメル)・スミ入れ・クリアーコート」の一連の作業を終わらせてしまいます。

 検索して調べてみても、このパーツの後ハメ記事って見つからないけど皆さんやっぱり先に作ってマスキング、なのかなぁ。
 接着して一週間放置した関節パーツ(上の画像で足首に組み込まれているパーツ)を取り出してヤスリで継ぎ目消し&スジボリ(右側のパーツ)。


daikou5.jpg

 ヤスリがけは400番、600番、1000番の順に。これを2パーツ分やるだけで結構な手間。しかも完成後はアンクルガードでほとんど見えなくなるパーツではあるのですが(苦笑)、「神は細部に宿る」ということで手が抜けません。

 この後洗浄したりスミ入れしたりしてるうちに日にちが経って他のパーツの接着が乾いてくることでしょう。簡単フィニッシュ(接着材ムニュ処理による継ぎ目消し)の場合、接着材の乾燥に時間がかかるのがネックですが、一週間待ってる間に他の二体の製作を進めたりやることはたくさんあるので上手くスケジュール調整すればそんなに暇にはならないはず、たぶん、、、。


サンドペーパー 紙やすり (細目セット) タミヤ クラフトツール #010 切る・削る・ メイクアップ材 フィニッシングペーパー プラスチックや金属の下地仕上げに最適です。サンドペーパー 紙やすり (細目セット) タミヤ クラフトツール #010 切る・削る・ メイクアップ材 フィニッシングペーパー プラスチックや金属の下地仕上げに最適です。

タミヤ
売り上げランキング : 82909

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by SeireiK at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 代行製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

メガサイズガンダム & Ver.30th × 2(1)

daikou1.jpg

 一週間前、でっかいお荷物が届きました(真ん中の白い帽子は比較対象物)。中身は…



daikou2.jpg


 Ver.30th仕様のHGガンダム、お台場バージョンと静岡バージョンの限定版、そしてメガサイズガンダム(これも東静岡バージョン)。これら三体の製作を請け負いました。


daikou3.jpg


 そしてようやく三体の仮(パチ)組みが終了(真ん中はMGガンダム3.0)。メガサイズでかい…マジでかい…。ここから何日(何ヶ月)かかるかなぁ。





【お台場限定】 HG 1/144 RX-78-2 ガンダム Ver.G30th GREEN GUNDAM PROJECT《プラモデル》【お台場限定】 HG 1/144 RX-78-2 ガンダム Ver.G30th GREEN GUNDAM PROJECT《プラモデル》

バンダイ
売り上げランキング : 17616

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【東静岡限定】 HG 1/144 RX-78-2 ガンダム Ver.G30th リアルグレード 1/1 ガンダムプロジェクト [おもちゃ&ホビー]【東静岡限定】 HG 1/144 RX-78-2 ガンダム Ver.G30th リアルグレード 1/1 ガンダムプロジェクト [おもちゃ&ホビー]


売り上げランキング : 29814

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


メガサイズモデル 1/48 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)メガサイズモデル 1/48 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)

バンダイ 2010-03-06
売り上げランキング : 643

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ガンプラ付属デカール メガサイズモデル 1/48 ガンダム Ver.GFT付属デカール 《水転写デカール》ガンプラ付属デカール メガサイズモデル 1/48 ガンダム Ver.GFT付属デカール 《水転写デカール》

バンダイ
売り上げランキング : 29483

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 代行製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

帰ってきた PowerShot (3)

 えー、すみません。色々と撮り比べはしたんですが前回ほど画像を用意しておりません。結果のみ言えば、S8200 VS S95、S95の圧勝でした(個人的判断)。

S8200
DSCN0248.JPG

S95
IMG_0004.JPG

 ピクセル等倍で見る限り、「これぞPowerShot!」という感じ。あのG5が帰ってきた(感涙)。S8200のような嫌なノイズ潰し感が全くありません。S8200より一年前に発売された機種なんですけどね。
 S8200が優っているところと言えば、色再現度かなぁ強いて言えば。PowerShotはちょこっと色が濃いめなんですよね。それにしても、両機種ともデジカメが苦手とする青をかなりしっかり出してくれてます。

IMG_0975.JPG
 ネックはマクロですが、5cmとはいえここまで写せればまぁ問題なし。

IMG_0001.JPG

 旧二号、素晴らしい写りです(それにしても埃がひどい…)。


 さて、問題はS8200を売っぱらうかどうかなんだよなぁ。極美品だからそこそこの値がつくとは思うんだけど極美ゆえに手放したくないというジレンマ。早くしないとどんどん値は下がるしなぁ。
posted by SeireiK at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰ってきた PowerShot (2)

 まず、手元に残っているRICOH R10の画像とG5の比較から。

 パッと見ではそれなりにしっかり写っている桜姫ですが…(R10)
riko-sakura1.jpg


 ピクセル等倍でおなかのあたりを見るとこんな感じ。ノイズが大変なことになってます。
riko-sakura2.jpg


 続いてG5。
g5_1.jpg


 おなかのあたりを等倍で。
g5_2.jpg


 続いて顔の比較。
rriko-3.jpg

g5_3.jpg

 やっぱりG5は多少ピンがぼけてますね。

 もういっちょ、比較的よく撮れた別の画像の等倍桜姫(R10)。
riko-4.jpg


 G5との比較(右がG5)。
hikaku1.jpg

 R10は胸や髪の毛のノイズの潰し方がどうしても気になります。絵画風というか油絵風というか…。ただ、こうして比較していて気がついたのですがR10はISO200で撮っているのに対し、G5はISO50なんですよね。
 そりゃーISO50と200ならR10は分が悪いよーと言われるでしょうけども、とりあえず何も設定せずにオートでパシャっと撮った時に「RICOHのR10はこの被写体をこの条件下ではISO200で撮ろうとする」ということ。かたやG5はISO50で撮りますよ、ということでしかもG5はノイズも見られるものの変なノイズリダクションを利かせてはいない。R10の実力にがっかりしたというより、販売年数差五年にもかかわらず、さすがはフラグシップ機であったG5の底力を見せつけられた思いでした。いや、等倍で見なければ、、、かつ、R10だってISOを低く設定して撮っていればここまでの差はなかったかもしれないんですけどもね…。

 R10の名誉のために素晴らしくよく撮れた画像も載せておきましょう。これなんか特にお気に入り。

R1045744.JPG

R1045771.JPG

R1045746.JPG


 しかし「模型が簡単にうまく撮れる」のでなければ私にとっては意味がないのです。よって「マクロ1cmで暗闇に強い」という定評のS8200に買い換えたのでした。R10、手になじむいいカメラだったんですけどね…。

 さて、続いてはいよいよS8200 VS S95です。できるだけ同条件でのオート勝負です。ただし、画像サイズはお互い最大サイズで(S8200をS95に合わせて一千万画素に下げるとかはしない)。



<追記>
 R10購入直後のメモが出てきたので以下にコピペ。

・見た目が良い
・起動が早い
・液晶が良い
・ボタン配置が良い
・ボタンの感覚が良い
・マクロが一発切り替え出来る
・動作音が小さい

posted by SeireiK at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

帰ってきた PowerShot (1)

帰ってきた PowerShot

 私がデジタルカメラを買う理由はほぼ100%模型撮影+Webでの公開のためです。そのためのカメラとして04年に購入したのが、PowerShot A60でした。コイツは画素数こそ200万とちょいと非力ではありながら細かいマニュアル撮影が可能で、しかもフラグシップ機と同じエンジン(DIGIC)を搭載しているという非常にコストパフォーマンスに優れた一台でありました。

 が、A60購入当時高嶺の花だったG5にはずっと憧れがあり、「中古で安くなったら欲しいな欲しいな」と思い続けて早七年(爆)。そして2011年、遂に念願のG5を手にしたのでした。

 元々A60ですらきちんと使いこなせているとは言えなかった上、G5の性能は私には有り余るもの。世間的にはもはや時代遅れの500万画素カメラですがこの憧れのカメラを手にした喜びは当時のMacブログにしっかり綴っています

 んが、しかし死角のなさげだったG5の唯一の欠点がその重さによる手ぶれ。基本的に模型撮影はマクロモードで行いますのでこれがまぁボケるボケる。それでも「ボケるのは自分が未熟なせい(ってか三脚使え、って声が聞こえそうですが机の前に置くスペースが無いのよ)」と、どうにかこうにかピンボケせずに撮れるようになった頃、気づいてしまったのです。。。

 そう、写した画像にホットスポットが存在することに。。。

 ホームページのグフカスタムの足元のアップなんか見てもらえればよくわかります(足の甲のエッジ部参照)。ピクセル等倍で見なければわからないものとはいえ、これは悔しい。
 CANONさんのサポートにメールしたところ、「古い機種なのでお気の毒ですが修理はできません」とのこと(号泣)。G5は持ち運びには不便だし、手ぶれは激しいし、ということで買い替えならぬ買い増しを検討(たとえ骨董になってもG5を手放す気は一切無かった)。

 G5はマクロ5cmということもあったので、次に買うのはマクロに強い機種にしようと考え、CANON以外のカメラも使ってみようかなと白羽の矢を立てたのがRICOHのR10。しかしこれが(私にとっては)酷かった…。
 G5発売から5年も経過した機種、さぞかし色々なあれやこれやがすごいことになっているんだろうと期待したら、確かにある一点を除いては凄くいいカメラでした。操作性がとにかく素晴らしくてある一点を除いては非常に使っていて楽しく快適そのものなカメラでした。ある一点を除いてはかなりお気に入りでした。ある一点を除いては…。
 その一点とはズバリ画質…。ピクセル等倍で見るとノイズ及び油絵のようにのっぺりしたノイズ潰しが酷い。いや、ぱっと見凄くいい絵を撮ってくれるカメラでした。私は200万画素のA60で満足していたオトコでしたから有効画素数目一杯で撮って更にピクセル等倍で確認なんてことをしないで500万画素程度に画質を下げて撮ってやればそれでいいのです。いいのですが、「拡大したら実はこうなっている」というのがどうにも気持ち悪い。結局すぐに売り飛ばしてニコンのCOOLPIX S8200を即買い。

 S8200はどうだったかというと、「画質は結局、ピクセル等倍であればR10と変わらず。画素下げるとマシなのも変わらず。使い勝手まぁまぁ。AFがかなりオバカ。」というのが購入当時に私が書いたメモ書き。やはり一眼レフでなければピクセル等倍は厳しいのだなと気づかされる。

 とはいえ、普通に撮ってリサイズしてWebにアップするという目的を考えればこのカメラでも必要十分であったことは事実。ウイングガンダムゼロの写真なんか(多少白が飛んでるけど)かなり満足していたし、何より中古購入にもかかわらず極美品でお気に入りの一台、ではあったのですが、、、





 買っちゃいましたーーーーーPowerShot S95!(今更)

 CCD最後の名機という触れ込み、画素数を抑えた玄人好みの画質、明るいF2.0のレンズ、あぁ、G5が帰ってきた、という感じです。更に加えて協力な手振れ補正。ネットの評判もかなり高い。S100やS110、G12などの選択肢もあったのですが、値段的なこともあり自分には分不相応だろうということもあり結局S95に落ち着きました。しかも、色々調べていて知ったのですがなんとモデグラ誌で「模型を撮るために最適」として絶賛されていたとのこと。私の目に狂いはなかった!(え?何故最初からS95にしなかったかって?いや、S8200使ってみたかったんですよね…)

 一つだけ不満があるとすればバリアングル液晶ではないところ。将来G12に手を出すかもしれませんが、G15はバリアングルではないのでイマイチそそられない。それほど模型撮影にはバリアングル液晶は便利で、G5はこれがためにもお気に入りでした。でもまぁS95のサイズを考えたら仕方ないよね。
 あとはマクロが5cmってことですか。ま、結局自分は「マクロが強い」だのどうこうだのより単純にCANONの画(え)が好きなだけなんだろうな…(苦笑)。


 さて、早速撮り比べです。長くなったので次の記事に。


RICOH デジタルカメラ R10 ブラック R10BKRICOH デジタルカメラ R10 ブラック R10BK

リコー 2008-09-05
売り上げランキング : 151046

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



Nikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) S8200 ノーブルブラック S8200BKNikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) S8200 ノーブルブラック S8200BK

ニコン 2011-09-17
売り上げランキング : 93967

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



Canon デジタルカメラ Powershot S95 PSS95 1000万画素高感度CCD 光学3.8倍ズーム 広角28mm 3.0型液晶 F2.0Canon デジタルカメラ Powershot S95 PSS95 1000万画素高感度CCD 光学3.8倍ズーム 広角28mm 3.0型液晶 F2.0

キヤノン 2010-08-26
売り上げランキング : 37881

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by SeireiK at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ホビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

MGガンダムver3.0(3)

302.jpg

 やっとクララが立ちました。ここから全パーツバラして表面処理してプチ改修して…ってなんかもう面倒になってきた(爆)。しばらくこのまま飾っておこうかな(そしてまた月日が…)。
posted by SeireiK at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

MGガンダムver3.0(2)

DSCN0225.JPG

 ようやく上半身の仮組終了。珍しくきっちりゲート処理しながらの仮組なので超絶スローペース。今年はここまでかな〜。


MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 (機動戦士ガンダム)MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 (機動戦士ガンダム)

バンダイ 2013-08-10
売り上げランキング : 426

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by SeireiK at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

MGガンダム ver3.0(1)

DSCN0221.JPG

 ばあじょん3.0始めました。しかし何ですかこの細かさ…コアファイター組んだだけでもう心が折れそうです。こりゃ三ヶ月コースだな(私が三ヶ月と言うんだから三年はかかるとみて間違いない)。

 一応実物大ガンダムの写真集を参考にやってますが、はぁ…。RGやHGUCのver30thなんて絶対無理ですわー。



MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 (機動戦士ガンダム)MG 1/100 RX-78-2 ガンダムVer.3.0 (機動戦士ガンダム)

バンダイ 2013-08-10
売り上げランキング : 426

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


MG 1/100 RX-78-2ガンダムVer.3.0用 拡張セットMG 1/100 RX-78-2ガンダムVer.3.0用 拡張セット

バンダイ
売り上げランキング : 13828

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



RG 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)RG 1/144 RX-78-2 ガンダム (機動戦士ガンダム)

バンダイ 2010-07-24
売り上げランキング : 295

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


【お台場限定】 HG 1/144 RX-78-2 ガンダム Ver.G30th GREEN GUNDAM PROJECT《プラモデル》【お台場限定】 HG 1/144 RX-78-2 ガンダム Ver.G30th GREEN GUNDAM PROJECT《プラモデル》

バンダイ
売り上げランキング : 34262

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Real-G~1/1scale GUNDAM Photographs (Vジャンプブックス)Real-G~1/1scale GUNDAM Photographs (Vジャンプブックス)
Vジャンプ編集部

集英社 2009-07-31
売り上げランキング : 541557

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ガンダムソリッド 実物大ガンダム立像 図面集ガンダムソリッド 実物大ガンダム立像 図面集
且想社

銀河出版 2010-07-16
売り上げランキング : 410635

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 図面集まで出ていたとは…。
posted by SeireiK at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型製作記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする